【PSP】クロノスタシア

Posted in ゲームレビュー by - 5月 19, 2014
【PSP】クロノスタシア

●公式サイト

本作は、想いによって時間を止めることができる砂時計をもつ少女が、終末を迎える世界に立ち向かう乙女ゲームです!
開発はオトメイトさんです。

物語は、時間が貨幣とおなじ価値を持つ世界が舞台。
そこには時間を預けてお金を貸す「BANK」という組織が存在していました。
で、あるとき、何者かにより時間銀行が破産し、なんと世界があと99日で世界が消滅するという予告が!
叔父さんからもらった砂時計を手に、真実の愛によって世界を救おうとする少女の運命は──みたいな感じのストーリーです。



■ファンタジックな世界で描かれる、様々な愛のかたちが楽しめる名作!

攻略キャラクターは5人で、うち2人は攻略制限あり。
初回プレイは2~3時間。
プロローグが終了すると世界の寿命があと99日という宣告がされますが、毎日をプレイしていくわけではなく、キャラクターによっては80日ぐらいからぶっ飛んだりもするのでこれぐらいかのかも。
2人目以降はプロローグがスキップできるのでもうちょっと短くなるかとおもいます。

というと、さっくりしたボリュームではありますが、お話も恋愛描写もしっかりしていました!
キャラクターの過去やストーリーがしっかりと作られており、さらに複数ルートを攻略していく中で様々な情報がつながっていくミステリーのような要素もあり読み応えがありました。
また、随所で起こる気持ちのぶつかり合いに、おもわず感動してしまう場面もしばしば。
それぞれのルートにテーマがあるので、世界の終末を迎えるという大筋はおなじですが、異なる展開や新たな真実が明らかになるので、まったく飽きることはありませんでした。

恋愛要素については、甘さは全体的に控えめ。
わりと序盤からお互い好きっぽい感じですが、その後の展開(障害)によってさらに愛が深まっていくので、置いてけぼり感もなし!
お互いを想い合う心が描かれているのが、とてもほのぼのしました。


キャラクターといえば、主人公がとってもかわいかったのが印象的でした!!
特定のキャラクターのルートでは別のお洋服を着ていたりするのですが、もう本当に美少女。
むしろ彼女を攻略したい勢いですw
あ、乙女ゲームの主人公としてはオーソドックスなタイプ(常に前向きで一生懸命がんばる子)なので感情移入もしやすくていいかなとおもいます。


また、背景が幻想的でとても美しいです!
特に光の表現がすばらしくて、日中の日差し、夕陽、夜の街の灯……どれもうっとりしてしまいました☆

音楽もいいですね!
アトリエシリーズのようなほのぼのしたメロディー、ポイントで流れるコーラスのボーカル曲など、ファンタジックな作品の雰囲気を盛り上げてくれるものが多かったです。
ただ、ループの際に音の切れ目があるのは、ちょっと残念。


それからシステムに関しては、おおよそいつものオトメイトさんな感じでした。
注意したいのは、クライヴの最後のスチルは、ティオのGOOD END後でないと見られない点!
(私はそれに気がつかなくて、だいぶあわあわしておりましたw)

あ、スキップは若干遅いのですが、「ト書きスキップ(セリフ意外の文章を飛ばすモード)」を使用すれば早く進めるように。
(「愛キャッチ」もオフにすればさらにさくさく進みます!)
なので、基本的には快適に周回プレイできるかなーとおもいます。


というわけで、幻想的な世界観とミステリー要素もある恋愛が楽しめる本作!
作品全体の雰囲気が統一されているので、ファンタジーがお好きな方にはオススメです。
また、前評判がイマイチで敬遠された方は、ぜひぜひ!Uターンしてプレイしてほしい1本かなとおもいますw

クロノスタシア (通常版)クロノスタシア (通常版)
Sony PSP

アイディアファクトリー
売り上げランキング : 412

Amazonで詳しく見る

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net