【Vita】薄桜鬼SSL sweet school life

Posted in ゲームレビュー by - 5月 20, 2014
【Vita】薄桜鬼SSL sweet school life

●公式サイト

本作は、オトメイトさん開発の人気和風乙女ゲーム「薄桜鬼シリーズ」の最新作兼パロディ的な作品です!w
幕末の新選組を題材にした本編シリーズから、キャラクターはそのままに、ラブコメ学園モノになりました。
男子ばかりの学校に初めての女子の新入生として入学してきた主人公が、ドタバタしたり恋したりしながらさっくり1年間を送るという物語です。



■絵はキレイだが個別ルートがなく、とにかくボリューム不足!

ストーリーは、プロローグ+5章+エピローグ。
キャラクターごとにルート分岐がなく、各章にあるイベントが攻略キャラクターに変わるだけなので、初回プレイは2時間前後でしたが2周目以降は1時間もかからずにクリアできるかとおもいますw
(つまり、ほとんどおなじお話ということです。)

攻略キャラクターはメイン6名+サブ4名と、大団円ルートがありました。
各キャラクターのルートはHAPPY ENDのみ。


で、まずイマイチだったのが、キャラクターごとのエピソードの少なさ!
先述とおり、本作では明確な個別ルートがありません。
章ごとに「試験・プール・文化祭・クリスマス会・バレンタイン」という共通ルートイベントがあり、途中にキャラクター個別のエピソードが楽しめる作りなので、基本的に金太郎飴です!
(たとえば「プール」の場合、プールに行くまでや遊んでいる最中はすべておなじストーリーで、ミニゲーム後の恋愛イベンのみ変化する──という感じ。)
そのため、ときメモシリーズの固定イベントだけを取り出したみたいなあっさり感がありましたw


次に、気になる甘さですが、ちょこっとイチャイチャするかなー程度で、葛藤や精神的成長や気持ちが近づいていく過程はまったくありません。
そのため、仲良しスチルがあっても、見せられているような置いてけぼり感が。。
切ない恋を描いていた本編をプレイされた方なら、確実に物足りなくなるとおもいます。
逆に、「これはもうパロディだ!」と割りきってプレイできる方なら、それなりにエンジョイできるかとww


それから、各章ごとにあるミニゲームもイマイチでした。
なにより操作性がどれも悪く、やりごたえがありません。。
特に最初の定期テストと最後のバレンタインの特定のキャラクターのミニゲームは理不尽と感じることも多々。
2周目以降はスキップしてしまえるのでそこまで気になりませんが、せめてカーソルやキャラクターの動きはもっとすばやくてもよかったんじゃないかなとおもいます。
(みなさん、うたプリの音ゲーとかで結構鍛えられてますもんねw)


ただ、グラフィックはめっちゃキレイでした!
元々立ち絵もスチルも美しいことに定評のあるシリーズですが、Vitaの高画質も相まってうっとりするスチルが多かったです!
なかでも自然の描写が美しく、桜や雪などを背景にしたスチルは見応えがあります。
(もちろん!数は少ないけれども!!w)


というわけで、大幅にあっさり&雑な作りだった本作w
純粋にキャラクター萌えの方向けの作品なので、しっかりとしたストーリーや愛を紡いでいく過程を期待せず、さっくりプレイするんだという心構えで遊ばれるとよいかなとおもいます。

薄桜鬼SSL ~sweet school life~ (通常版)薄桜鬼SSL ~sweet school life~ (通常版)
PlayStation Vita

アイディアファクトリー
売り上げランキング : 623

Amazonで詳しく見る

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net