【PSP】紫影のソナーニルRefrain

Posted in ゲームレビュー by - 7月 19, 2014
【PSP】紫影のソナーニルRefrain

●公式サイト

本作は、スチームパンクな世界を舞台にしたアドベンチャーゲームです。
開発はライアーソフトさんで、元はパソコンのアダルトゲームになります。

20世紀初頭、蒸気機関の異常発達が生み出した排煙によって、空が見えなくなった世界。
主人公は、数年前に発生した大消失によって廃墟となった旧・重機関都市ニューヨークに降り立った女性で、地上から災害の中心とされる旧マンハッタンを目指します。
そしてもう1人の主人公は、地下世界アンダーグラウンド・ニューヨークに。
かつては街並みがあったその場所には、歪みによって怪物に怯えながら人々が暮らしていました。
失った記憶の手がかりを探すため、彼女もまたマンハッタンを目指すことに……。



■幻想的なグラフィックと雰囲気は魅力的だが、文体は人を選ぶ

不思議の国のアリスのようなちょっぴり毒のあるファンタジーと、スチームパンクの持つ浪漫と荒廃がミックスされた世界観はとてもよかったです!
また、普通のアドベンチャーゲームのように立ち絵と背景で進行するのではなく、細かくカットインの画像が挿入されるので演出面でも新鮮でした。
カットインはキャラクターの絵だけではなく、オブジェクトや画面の一部分の拡大など工夫されており、見応えがあります。

そうした演出なのでそもそも絵の枚数は多いのですが、加えて1枚絵のスチルもある豪華っぷり!
こちらはキャラクターメインのものが多く、構図も作品の雰囲気を感じさせるものが多くありよかったです。

また、元々は18禁ゲームだったのですが、全年齢になったことでアダルトなイベントはカット!
ですが、特に違和感はなく、むしろエロ必要だったのかとさえおもうほどでした。
あ、主人公は女の子だしパートナーはイケメンなので、女性でもプレイできる内容かとおもいますw


ただ、如何せん、文章が読みづらい!
ほぼフルボイスなのはありがたいのですが、反芻や自問自答などとにかく繰り返される表現が多くて、お話がなかなか先に進みません。


「タイピングをする音が部屋に響く。誰もいない部屋。エアコンの音が流れる部屋。
綴られていく文字。機械音とともにモニターに表示される列。
そう、これはゲームレビュー。レビュー?本当にレビュー?
レビューとはなんだろう。感想。評価。体験談。
そのどれもが正しく、どれもが間違いな気がする。」


──みたいな感じですw
(あくまで雰囲気だけです!ライターさんはもっと上手ですからね!!)

特に地上編は、誰もいない廃墟でロボットといっしょに家を調べたり瓦礫をかき分けたりするだけなのですが、かなり時間がかかりますw
せっかくテキパキしゃべってくださってるのに、なかなかお話が展開しないのは実にもどかしい。


というわけで、カットインを使った演出や全体的な雰囲気はとても良いのですが、文章が人を選ぶ本作。
見た目はアドベンチャーですが、サウンドノベルに近い印象でした。
私小説などを読み慣れている人には苦痛にならないとおもいますが、アドベンチャーゲームをメインにプレイされている方は「はやく進んでくれー!」ってなりそうな感じがしましたw

紫影のソナーニル Refrain -What a beautiful memories-紫影のソナーニル Refrain -What a beautiful memories-
Sony PSP

ビジネスパートナー/Liar-soft
売り上げランキング : 8653

Amazonで詳しく見る

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net