【3DS】禁忌のマグナ

Posted in ゲームレビュー by - 10月 22, 2014
【3DS】禁忌のマグナ


●公式サイト

本作は、『ルーンファクトリーシリーズ』のチームが作った、お手軽ファンタジーシミュレーションRPG!
開発はマーベラスインタラクティブさんです。
街外れで宿屋を経営する主人公が、とあることをキッカケに謎の腕輪と少女に出会い、事件に巻き込まれていくというお話です。


短いのにテンポの悪いストーリーと、やたら長いバトルに悩まされる作品!

まず、ストーリーについて。
1章1エピソードになっており、展開自体は早いです。
ですが、会話のテンポが最高に悪かった!
原因は、3Dのちびキャラがちまちま動くモーションがちょくちょく入るためで、「体の向きを変える→(一言)→頷く→(一言)→……」という感じで、とにかく話が進みません。
キャラクターがリアルにしゃべっている雰囲気を出したかったようにもおもいますが、ストレスだけが溜まっていきます。
キョロキョロしなくていいからさくさく話を進めてくれーw

ストーリーは、序盤から女性キャラクターがばんばん追加になり、拠点である宿屋は大変賑わってくるので、ハーレムものがお好きな方にはわくわくするとおもいます。
しかし、盛り上がりはじめたところで終わってしまうので消化不良感が残ります。
加えて、自由度は低く、宿屋での会話や装備品揃えたりするとき以外は基本一本道なので、やりごたえはあまりありません。
また、宿屋の経営・発展させていくといった育成要素もありません。


謎のパートボイスとエロい立ち絵

また、イベント中かどうか関係なしにパートボイスであることと、突然セリフをフルボイスでしゃべり出したりするので大変戸惑いました。
パートボイスもあまりしゃべってくれないし、なにより上記のとおりの進行ですので、キャラクターが活躍するイベントパートでストレスが蓄積するという仕様に。
立ち絵はちょこっと動いたりするのでかわいいのですが、ちびキャラとのギャップが激しいのと、苦しそうな女性陣の絵が全力でエロくて「何があったんだ?」と疑問におもってしまうこともw


テンポの悪いターン制バトル……

続いてバトルについてですが、これまたテンポが悪くてとにかく1バトルの長さが長い!
ターン制でキャラクターを動かし、攻撃範囲に敵を入れて攻撃→ザコ敵はふっ飛ばして即死&隊長にダメージを与える──というのを繰り返して進行します。
ザコ敵はふっ飛ばしですぐに倒せるため、無双的爽快感があるのですが、攻撃の指示を出す隊長キャラやジェネレーター(無限に敵を湧き出すボス)などが尋常じゃなく硬いです。
特に敵を湧き出させるやつなんて、強いとただバトルがダラダラと長くなってしまって面倒だとおもうのですが……。
また、攻撃が当たる範囲のカーソルが見づらかったり、ザコ敵の飛ばす方向が予測できなかったりもするのも、バトルが長くなってしまう原因の1つになっていたとおもいます。
能力のカスタマイズ要素もあまりないので、もっと遊びやすくてテンポよく戦えるバトルのが楽しめたかなと。


まとめ

というわけで、全体的にストレスの溜まる作りになっている本作。
耐えぬいた果てに達成感があればまだよかったのですが、特に終盤の盛り上がりもないので、個人的にはあまりオススメできない1本でしたw
ちびキャラがかわいいことぐらいが救いかもしれません。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net