【Vita】ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印

Posted in ゲームレビュー by - 11月 02, 2014
【Vita】ダンジョントラベラーズ2 王立図書館とマモノの封印


●公式サイト

本作は、かわいくてちょっぴりエロい女の子たちが活躍する、3DダンジョンRPGです!
同名のPSPタイトルからの移植作品で、Vita版の特徴としては──イラストやダンジョンパートが高画質化されたり、アイコンが変更されたり、前作に登場してた『ToHeart2』のキャラクターがDLCで配信になりました。
ちなみに私は前作もPSP版もプレイしていないので、本作がシリーズ初プレイになります。


エロい見た目とは裏腹に、硬派な3DダンジョンRPG!

基本的なシステムとしては、ギルドでパーティー編成をし、3Dダンジョンを探索してまた拠点に──というオーソドックスな作り。
本作ならではの特徴としては、魔物を一定数倒すと拠点で封印書というアイテムを生成でき、装備品として特殊効果を得たり、売ってお金にしたりできること。

また、最大のポイントは、味方は当然女の子だらけ……なのですが、本作では敵のモンスターもほとんどが女の子モンスターなので、ハーレムどころの騒ぎではないこと!
右を見ても左を見ても女の子がいっぱいなので、電車などでプレイしていると周りの目が大変気になりますw
イベントスチルやボスを倒した後のスチルなどは結構エロかったりもするので、色んな意味で見応えはあるかなとおもいます。

ただ、見た目以上に3DダンジョンRPGとしてはしっかり作られており、各ダンジョンのボスはちゃんとジョブの特徴を考えてスキル使ったりしていかないと、序盤でもボコボコにされます。
しっかりと戦わないといけないぐらいの難易度になっていますので、この手のジャンルがお好きな方でもちゃんと遊べるとおもいます。
個人的には、ダンジョン内の仕掛けがシンプルなので(トラップ、スイッチなど)、全体的にストレスなくさくさくと探索をすることができたのがよかったです!
(3DS「ペルソナQ」とか、仕掛けがむずかしくて大変だったので。)

また、タイプの異なるジョブの組み合わせや覚えるスキルを考えたりするのが楽しいです。
キャラクターのレベル下げやクラスチェンジ、スキルポイントの再割り振りもあまりリスクがなく手軽にできるので、とりあえずおもったとおりにやってみて、うまくいかなかったら特定のレベルまで下げてスキルの再調整──みたいな感じで、トライしながら育てていけるのもよかったです。
なにより、ジョブチェンジすると衣装や髪型まで変わったりするのでとってもかわいいんですよね!


キャラは多いけれど、個性はやや薄い。。

気になった点としては、特定の職業でしか開けられない扉があるので、ある程度まんべんなくキャラクターを育てる必要があること。
また、キャラクターごとのエピソードはあまり深く掘り下げられないので、それぞれの個性があんまり感じられませんでした。
せっっかく見た目も性格も変わった子がたくさんいたので、もうちょっと個々のお話が見たかったかなぁとおもいます。


まとめ

というわけで、かわいい女の子いっぱい出てきて、ダンジョンRPGとしてはがっつり遊べる良作タイトル!
システム周りもわかりやすいので、「あんまりむずかしいのは苦手だけれど、しっかり遊びたい!」という方にオススメの1本です!

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net