【PS3】テイルズ オブ ゼスティリア

Posted in ゲームレビュー by - 2月 26, 2015
【PS3】テイルズ オブ ゼスティリア


●公式サイト

本作は、人気のファンタジーRPG『テイルズシリーズ』の最新作です。
人間と不可視の存在である天族──2つの種族が暮らす世界が舞台。
時の権力者たちによる人間同士の争いによって人々の心から生じた穢れが広まり、災厄の時代を迎えていました。
そんな中、ひょんなことから人の世を正す導師になった主人公は、天族を従え、各地の穢れや穢れから生み出された憑魔と戦っていくことになります。


とにかく悪いカメラワーク!マップはだだっ広い!

何はともあれ、バトル時のカメラワークがとにかく悪かったです!
一応、バトルのメニュー画面でカメラの距離と高さは調整できるのですが……あまり効果はなく。。
丘陵の傾斜や遺跡の曲がり角でのバトルは絶望的で、操作キャラクターが見えなくなってしまうこともしばしば。
今作ではオープンワールドになっており、シンボルの敵とエンカウントするとその場でバトルが開始されるので、こうした地形の影響を受けやすく、出来る限り広くて平らなところで戦わないと戦場が大混乱に陥りますw

あ、マップに関してですが、全体的に広いので移動時間が長かったです。
(セーブポイント間移動などの時間短縮要素はあります。)
敵が出現するフィールドでは、敵の数もあまり多くないので煩わしさを感じましたが、街については歩いていると人々の会話が聞こえてくるので、話しかける手間が省けていいかなとw


難易度の低いボタン連打バトル……

技は『テイルズ オブ グレイセス』のように、ボタンを連打していくことで自動的に技が発動しコンボに繋がるので、難易度は低めです。
今作では更に、仲間と合体する「神依」というモードがあり、これを使うと劇的にダメージ量が増えるのでとっても楽です。
ゆえに、難易度ノーマルでも雑魚なら適当にボタン押していても平気なので、視界から消えることにある意味デメリットは少ない感じでしたw
ただ、こなすだけの作業感といった印象が強く、敵との駆け引きなどはあまり楽しめない感じでした。

そうそう、技が重なりあったり何故か敵にズームされてしまった際など、処理落ちすることがありました。
先述のとおり、シビアなバトルではないので弊害は少ないのですが、カクカクするのはやっぱり少し気になります。


のんびりしたストーリーと自由度の低さ、イマイチな立ち絵も気になる!

ストーリーは内容というより、展開が少し間延びしている感じがしました。
普通のイベントでも会話と会話の間に妙な時間があり、そこはかとなくもったりした雰囲気になってしまっていて、世界が穢れによって大ピンチになっているという危機感をあまり感じません。
穢れを祓うための過程もちょっと煩雑すぎて面倒だなぁと。

また、4人パーティーは2人は人間、2人は天族と決まっているので、必然的に選べるキャラクターが限られてしまい、育成や編成の自由度が低いのもRPGとしてはマイナス要素でした。
パーティーメンバー内における、人間と天族のバランスの偏りも影響していたとおもいます。
あ、育成に関しては、キャラクターを育てるというより装備品を育てるという感じになっており、同じ武器を融合しまくって強くして、スキルスロットを考えながら装備して強くしていくという感じでした。
ヒロインについては……まぁ言わずもがなな感じですよねw

グラフィックについては、3Dはアニメっぽいキレイな絵でした!
キャラクターごとにデザイナーがちがうのですが、そこまで違和感もなく。
ただ、スキットの立ち絵が過去作品と比べると色の塗り方が手抜きっぽい感じで、よく動くだけに少し残念でした……。。


まとめ

オープンワールドという新しい挑戦をしたものの、カメラワークの悪さによってストレスが目立ってしまった本作。
他にも、パーティーがある程度固定されてしまったり、バトルの難易度が低かったり、立ち絵が寂しかったり……と、気になる点があちこちにある作品でした。
ストーリーについては好みが分かれるとおもいますが、個人的にはのんびりしている印象が強かったので、マイペースにキャラクターの交流を追うというテンションでプレイされると良いのかなとw

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net