【Vita】レンドフルール

Posted in ゲームレビュー by - 9月 02, 2015
【Vita】レンドフルール


●公式サイト

本作は、女神の依代として世界を護るヒロインと4人の騎士たちの恋愛を描いた乙女ゲームです。
グラースという力に満たされていた世界でしたが、依代の座が長い間空白になったことによりグラースの供給が滞り、世界は闇に包まれようとしていました。
そんな折に誕生した次代の依代がヒロイン。
彼女は慣例どおり4人の騎士を選出し彼らとの絆を結ぼうとしますが、世界は予想を超える勢いで危機に瀕していました。


さくっとレビュー!

中世ヨーロッパのような荘厳かつ幻想的で、とにかく美しい雰囲気を持つ乙女ゲーム。
エンディングの種類は多いが、ヒロインが恋愛脳なので、あまり納得感のないモヤモヤしたものばかりにww
駆け引き会話イベント「ラヴェール」は初回はおもしろいけれど、周回プレイ時はややダレる。



くわしくレビュー!

エンディングは多彩だが、恋愛脳のヒロインによってスッキリしないものが多い!

1部、2部、3部の構成で、1部は共通ルートとなっており、2周目以降は2部から再開できます。
1部はのどかな雰囲気ですが、2部以降はどんどんと重たくなっていき、護るべきもの・犠牲にすべきものを決める大きな決断を迫られます。

で、本作はとにかくエンディングの数が多かった!
攻略対象は5名なのですが、キャラクターごとに愛情エンド、忠誠エンド、BADエンドが複数あり、さらに共通のバッドエンドまであるので、とにかく回収が大変でしたw
さらに、エンディングは報われないものが多く、ハッピーエンドとされているものでも「突拍子もない決断によってなんか幸せっぽくなってる」という感じでスッキリしませんでした。

原因はヒロインにあり、基本的にはクールビューティー系の感情があまり出ないタイプですが、かなり恋愛脳なので、恋に落ちると一直線なうえに周りの犠牲も厭いませんw
ゆえに、愛のためにすべてを犠牲にしてしまうこともあり、途中からややプレイヤーと気持ちの乖離が起こる気がしました。


駆け引き会話イベント「ラヴィール」はおもしろいが周回プレイ時は手間に……

本作には「ラヴィール」というオリジナルの会話イベントがあります。
作中では普通の選択肢は登場しないので、好感度・忠誠心の上下や物語の分岐はすべて「ラヴィール」によって行われます。
具体的なアクションとしては、事前に必要な情報を知っているキャラクターを選択し、制限時間付きの選択肢やコマンド入力を通じて相手を説得し、勝利を目指します。
勝利すると上記のような効果だけでなくポイントがもらえて、それを消費してアイテムを購入し、仲間の双子に渡すことで会話のヒントを獲得でき、より有利に進めることができます。

正直、コマンド入力の必要性はあまり感じなかったのですが、会話のやりとりは駆け引きのような感じがしておもしろかったです。
ただ、動作が若干もったりしており、周回プレイ時にはスキップもできないのはやや手間でした。


世界やモチーフは、荘厳で美しくまるで絵画のよう!キャラクターも馴染みやすい!

作品のメイン舞台となる天空の島パルテダームは、美しく豊かな緑に彩られており、まるで天界のような幻想的雰囲気を持っています。
登場するキャラクターたちの服装も中世ヨーロッパ風のクラシカルで優雅なビジュアル、音楽も荘厳な感じで、全体的に華やかな感じでした。
ただ、専門用語が多く、把握するまではぽかーんとなってしまうことも……。
蝶や花人、種人、花紋──といった、花がモチーフとなっているものが多く、作品の持つ繊細な空気感をより醸し出していました。
加えて、騎士たちはそれぞれモチーフの花があり、イベントスチルでも描かれたりしてとにかく美しかったです。

キャラクター自体も癖がなくいい人ばかりなので、好きになりやすいかなとおもいます。
ただ、あまりたくさんの会話をしないまま恋に落ちるので、やや置いてけぼり感を感じるかもしれません。
立ち絵もスチル絵も美しく、特にスチル絵はとても描きこまれていて見応えがありました!


まとめ!

世界観や雰囲気は幻想的でよかったのですが、ストーリーとヒロインが釈然とせず、モヤモヤした結末にまとまってしまった本作。
キャラクターやグラフィックは魅力的なので、「恋愛をするぞ!」というモチベーションでプレイすると楽しめるかなとおもいますw


Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net