【Vita】夜廻

Posted in ゲームレビュー by - 11月 01, 2015
【Vita】夜廻


●公式サイト

本作は、得体の知れない何かがウロウロしている夜の街を、懐中電灯の灯りを頼りに少女が探検するホラーアクションゲーム。
開発は日本一ソフトウェアさんです。
プレイヤーである少女は、とあるキッカケでいなくなってしまった愛犬ポロと、ポロを探しに出掛けたきり帰ってこないおねえちゃんを探して夜の街を探索します。
そこにはこの世のものではない不気味な何かが闇に潜んでおり、少女の行く手を阻んでいくのでした。


さくっとレビュー!

怖い雰囲気を楽しむホラーゲームかとおもいきや、敵に触れると一撃死なので上手に回避しながら探索を行うアクションゲームでした。
しかも結構シビアなタイミングでの操作が要求されるので、怖いというよりもむずかしいという感覚が先行。
1周5時間程度でクリアできるボリュームでさっくりと遊べる一方、ストーリーを含めて全体的に物足りなさが残る内容でした。



くわしくレビュー!

避けて隠れる、ホラー系死にゲー!

夜の街を探索するアドベンチャーゲームではなく、触れると一撃死となる敵から避けて、隠れて進んでいくアクションゲームな本作。
基本的な操作としては、草むらや看板などの陰に隠れて敵をやり過ごして隙を見て進んでいくという感じ。
ただ、少女は足も速くないしスタミナ制限もあるので、上手にタイミングを図らないとまぁとにかく簡単に死にますw
ゆえに、闇の怖さにビビっておっかなびっくり進むというよりは、物陰から不意に出てくる敵にうっかり殺されないように慎重に進む感じのゲームです。
初見では明らかに避けられない敵の配置になっていたりもするので、「まずは死んでから考えよう!」みたいな気持ちでプレイするとストレスは軽減されるかとw

ホラー系アクションゲームの難易度ととしては、『LIMBO』以上『ホタルノニッキ』以下ぐらい。
Vitaを投げたくなるシチュエーションはいくつかありましたが、『ホタルニッキ』における「左右反転→その状態で空中を移動する」という状況に比べたらかわいいもんです。
ただ、復活ポイント(セーブポイント)が死ぬ場所から少し離れていたりもするので、毎回移動するのはわずらわしかったです。
あ、セーブはアイテム「10円玉」を消費して行いますが、おうちの近所の自販機に落ちているので不足することはありませんでした。
ただ、とにかく死ぬゲームなので、セーブは惜しげもなくこまめにしたほうがいいかなとおもいますw


1周5時間程度。周回要素もないのでボリューム不足!

エンディングは1種類で、1周クリアするのに操作があまり上手ではない私でも5時間ぐらい。
周回プレイ要素やマルチエンディングはなし。
ストーリーはホラーゲームによくある行間を読ませるタイプで、明確な結末ではなく謎も残ります。
ボリュームから考えるとまあまあなラストではありますが、もうちょっと物語があった方がより雰囲気を楽しめたのかなともおもいます。

クリア後は、夜の街に散らばったアイテムを収集するコレクション要素あり。
集められるアイテムは多いのですが、それによって新たな事実が明らかになるということはなく、本当にお部屋にコレクションするだけなのでモチベーションはむずかしいところ。
なにより理不尽に殺されることも多いので、全部集めるにはちょっと根気がいるかなとw


夜の街が持つ独特の異世界感が伝わるグラフィックとサウンド

現実でもそうですが、夜の街には独特の雰囲気があります。
昼間は見慣れた道でも、闇に包まれるとたちまち知らない道に変わり、急に怖くなる。
そうした、まるで異世界に迷い込んでしまったような感覚を味わえるグラフィックはとてもよかったです。

少女が歩く足音、風の音などが静寂に包まれた街に響くので、敵に怯えながら進んでいることもあってか、ちょっとした物音にビックリするホラーな空気感もしっかり完備。
ビビりな私は何度となく猫の鳴き声に驚かされましたw
独特の怖さはしっかりと表現されていたので、敵に殺されたりしなければもっと落ち着いて楽しめたのかな。


まとめ!

探索がメインではなく死ぬことがメインのアクションゲームな本作。
ボリュームに物足りなさはありますが、ゲーム性を理解したうえでプレイすれば楽しめますし、途中で心が折れることなくクリアまで辿り着けるかなとおもいますw

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net