【PS4/Vita】オーディンスフィア レイヴスラシル

Posted in ゲームレビュー by - 1月 29, 2016
【PS4/Vita】オーディンスフィア レイヴスラシル


●公式サイト

本作は、2007年にPS2で発売された2Dファンタジーアクションゲーム『オーディンスフィア』のリメイクタイトルです。
開発は、『朧村正』や『ドラゴンズクラウン』など、繊細なグラフィックに定評のあるヴァニラウェアさん。

北欧神話をベースにした世界エリオンを舞台に様々な種族の騒乱と終焉が描かれ、それを5人のキャラクターの視点から追っていきます。
リメイク作品なので基本的なストーリーはPS2版と同じですが、アクションの種類が増えより多彩な攻撃ができるようになったり、育成システムが使いやすく変更になるなど、快適にプレイできるような工夫がされています。
もちろん、グラフィックはヴァニラウェアさん史上最高クオリティの美しさ!
ちなみに、PS2版もまるまる収録がされているので、昔のシステムでプレイすることも可能です。


さくっとレビュー!

すべてのものが幻想的で美しいファンタジー世界を舞台に、上質な舞台を観るかのような優雅な雰囲気で物語を楽しむことができました。
5人いる主人公キャラクターのストーリーは順番にプレイできるのですが、随所で関わり合いながら進んでいくため、「はやくほかの主人公でプレイしたい!」というわくわく気分になることもしばしば。
冒険の道中ではで同じステージや敵も登場しますが、バトルアクションはさくさくと戦う爽快感とキャラクターごとに個性的な攻撃方法があるのであまりマンネリ感はありませんでした。
ハードによるロードなどのちがいはなかったので、お好きなほうでプレイしてみてください!



くわしくレビュー!

シンプルで爽快なアクションと食事によるかわいい育成システム!

アクションは、『朧村正』と同様にシンプルなボタンの操作によって敵を蹴散らしていくことができます。
通常攻撃に多彩なスキルを組み合わせ、うまくコンボをつなげて攻撃できたときは無双系の爽快感がありました。
ステージごとにランクが表示されるので、早く正確に倒していくという目標を持ちながらプレイすることができるのも◎
同じステージを別のキャラクターで攻略していくため、度々同じ敵キャラクターと戦うことになりますが、主人公ごとに攻撃方法が個性的なので、あまりマンネリ感はありませんでした。

本作の特徴の1つは、キャラクターのレベルアップが主に食事によって行われること。
イチイチごはん食べるの面倒だなとおもわれるかもしれませんが、食べるアクションやごはんの減り具合などが丁寧に描かれているので、ついあれもこれも食べたくなってしまうかなと。
また、食事の材料となる植物を育てるために必要なアイテム「フォゾン」は、バトルで使用するスキルを覚えるのにも使えるので、プレイヤー自身が育成方針を考えながら成長させることができます。


美しいファンタジー世界で描かれる壮大な叙事詩

物語はキャラクター同士が恋愛関係になったり敵になったりするなど、ドラマチックに展開していきます。
さらに、魔力の結晶炉コルドロンをめぐる騒乱と世界終焉の予言も関わってくるので、穏やかで優雅な雰囲気とは裏腹にストーリーはがんがん進んでいきます。
また、冒険中にサイドストーリーやレシピなどのテキストアーカイブを獲得でき、ドラマとして描かれないバックグラウンドを補填することができます。
サイドストーリーは国の歴史から硬貨の種類、法律など多岐に渡っており、まさに叙事詩といった感じ。
細かく書かれているので、読み物としても楽しめるとおもいます。

キャラクターのグラフィックについては、ちょっとした表情や仕草が丁寧に描かれるので心情を汲み取りやすく、演じているような口調ですが親近感を得られました。
背景やオブジェクトのグラフィックも美しいので、豪華な絵本を見ているようなリッチな気分に浸れます。
このゲームは屋根裏で少女が見つけた本を一緒に読み解いていくという演出になっているので、がっつりファンタジーが苦手な方でもすんなりと入っていけます。


お好きなハードで彩り豊かな音楽を楽しもう!

グラフィックが注目される本作ですが、音楽も素晴らしかったことをお伝えしておきましょう。
『タクティクスオウガ』や『ファイナルファンタジータクティクス』の作曲を担当された崎元さん率いるベイシスケイプが作られているので、ファンタジックな雰囲気はバッチリ!
森や氷山など自然のフィールド曲はもちろん、街や料理店のコミカルな曲調も印象的でしたし、ボスとのバトルシーンでは激しくも荘厳な曲になっていました。

そうそう、メインとなるインターフェイスは、『聖剣伝説』みたいな回転式のバーです。
ここでアイテム消費したり合成したりするので、はじめのうちはちょっと操作に慣れが必要かもしれませんが、シンプルで使いやすかったです。
ハードによるロード時間のちがいはほどんど感じないので、プレイヤーの用途に合わせて選んでいいかなとおもいます。
大きな画面でキレイな絵を堪能したい方はPS4、アクションをがっつり楽しみたい方はVitaでどうぞ!


まとめ!

美しいファンタジー世界で綴られる壮大な叙事詩と、爽快感のあるアクションが楽しめる本作。
なかでもアクション部分は大幅にパワーアップしており、難易度調整もできるので、バトルアクションに慣れていないユーザーでも楽しくプレイできるとおもいます。
ゲームのボリュームもしっかりあるので、本腰を入れて遊びたい方にはおすすめしたいタイトルです!


Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net