【Vita】うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC3

Posted in ゲームレビュー by - 3月 11, 2016
【Vita】うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC3


●公式サイト

本作は、アイドル学園を舞台にした人気の乙女ゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪』に登場する楽曲を集めたリズムアクションゲームのシリーズ最新作です。
これまではPSPで発売していたシリーズですが、初のVita版ということで楽曲はすべて新曲、グラフィックや音質が向上しています。
また、エイプリルフール企画だった「江戸の☆お殿さまっ♪」の物語がボイス入りで楽しむことができます。


さくっとレビュー!

全33曲がすべて新曲という、新作らしい大ボリュームは好評価!
一方、譜面の配置やノート判定に関する不満は過去作品から据え置きなのは気になるところ。
画質や音質は良くなりましたが立ち絵は流用なので、もうちょっと目新しさも欲しかったかなとおもいます。



くわしくレビュー!

楽曲はすべて新しく、収録曲は全33曲の大ボリューム!

収録されている楽曲は──ゲーム『All Star After Secret』、劇団シャイニングのテーマ曲、アニメ『マジLOVEレボリューションズ』、「Shining All Star CD2」など、計33曲
ボリュームが多いだけでなく、すべて新曲なのでプレイしごたえはありました。
ただ、先輩チームの曲がやや多めなので、複数のキャラクターによる楽曲はあるものの、後輩推しの方にはちょっと物足りないかもしれません。

システム関連は過去作から引き続きで、曲はいずれかのランクで総合評価A以上で別の曲やアイテムが手に入ります。
難易度はEasy3つ、Hard3つ、Proと7種類あり、すべて最初からプレイでき、ハートマークがある楽曲はクリアするとごほうびシーンをみることができます。
本編に比べて甘さは控えめですが、キャラクター同士の関係性やアニメなどとも関わりのあるエピソードが楽しめるのでファンにはうれしいポイントかなとおもいます。


見切れや判定位置の不明確さはそのまま。Vita本体の仕様にも要注意!

リズムアクションゲームとしては、女性向けタイトルではありますがしっかりと難易度が高いタイトルになります。
歯応えのあるプレイ感覚は過去シリーズ同様ですが、譜面が見切れてしまったり、ボタンが重なりすぎて判定位置が分からないといったプレイのしにくさも据え置きなのはマイナス点です。
せめて「早い・遅い」といったタイミング判定機能が追加になっていれば、よりプレイしやすく練習のしがいもあったのかなとおもいます。
個人的には、判定ラインのスピードが過去作品に比べると遅いのが気になりました。

また、Vitaは右側にもアナログスティックがあるため、右ボタンの同時押しや連打がやりにくい感じがしました。
オプションからボタンの配置変更ができますので、特に過去シリーズをやりこんだユーザーはやりやすい配置を考える必要があります。
ボタンはPSPよりやや小さめで高さもあるため、気持ちしっかりと押し込んでプレイしましょう。


グラフィックは目新しさは薄いが、画質音質は向上!

グラフィックについては、Vitaになったことで譜面や背景のデザインが美しくなり、全体的にクリアで見やすくなりました。
ただ、エフェクトは華やかな一方、プレイの邪魔に感じることもありました。
キャラクターの立ち絵は、新作ですがそのまま流用しているので見た目の新しさはやや薄め。

音質は向上しており、ボイスもクリアになり聴きやすくなったとおもいます。
個人的には、メニュー画面や設定画面に表示されるちびキャラをタッチするとボイスが聴ける機能はうれしかったです。
むずかしい譜面が多いゲームなので、上手くプレイできなくて苦しいときの癒やしとなっていましたw


まとめ!

Vitaになったことによるはっきりとした目新しさはないものの、シリーズとしては無難な作りとなった本作。
すべて新曲でボリュームがある点はすばらしいので、リズムゲームとしてのクオリティがもっと上がればより楽しめるのかなとおもいました。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net