【PS4】リパブリック

Posted in ゲームレビュー by - 4月 27, 2016
【PS4】リパブリック


●公式サイト

本作はディストピアな近未来を舞台に、囚われたヒロインとともに監視システムを駆使して脱出を目指すステルスアドベンチャーゲームです。
元は2013年にスマホやPCで発売されたタイトルで、物語は全5章からなるエピソードで構成。
PS4ではすべての章をまるっと収録し、日本語字幕で完全ローカライズ対応がなされています。


さくっとレビュー!

SFらしいディストピアな世界はとても丁寧に作られており、物語やグラフィックだけでなく、ポスターや盗聴したメールなどプレイヤーが調べられるオブジェクトから得られる補完的情報が豊富に用意されています。
ただ、肝心のステルスアクションはバリエーションが少なく、ややマンネリ感あり
雰囲気を楽しむことはできましたが、視点切り替えの不便さやエンディングの達成感のなさなど、ゲームとしては不完全燃焼な作りとなりました。



くわしくレビュー!

クリア時間は10時間、よくできた世界観と物足りないエンディング!

エピソードは全5章で、それぞれ2時間程度でクリアできるため、クリア時間は10時間強
脱出のために探索するエリアは広くありませんが、近未来のディストピア世界はかなり濃密に描かれているのが特徴
調べられるポスターや張り紙などの掲示物、書類やフロッピーディスク、電話やメールを盗聴した情報などから、世界観に関する情報を得られるので、なんとも言えない閉塞感がヒシヒシと感じられます。
こうした物語やキャラクターを補完する情報の多さは、『ライフ イズ ストレンジ』を彷彿とさせましたね。
ただ、物語は暗いわけではなく、サポートしてくれる味方の解説にはユーモアもあるのでにやりとすることもありました。

と、世界観はよくできているのですが、エンディングの達成感があまりないのが残念でした。
個人的には、4章が地獄のように辛くて、足の速いおっさんが巡回してるなか、カメラは勝手に切り替わるし毒草に触れると気付かれるし──という状況ゆえ、何度も心が折れかけました。
このような大変な状況をクリアしたあとで迎えるラストなので、もうちょっとすっきりと終わらせてもらいたかったかなと。
ちなみにゲームの難易度はヒロインの衣装で若干調整可能で、『メタルギアソリッド』シリーズよりもはるかにアクションは簡単です。
ただ、クリアが不安な方は発見されにくい&スタンガン装備のプリズナック衣装をおすすめします。


2種類の視点で進めていくステルスアクション!

ステルスアクションは、プレイヤーの視点であるOMNIビューとヒロインを操作するパートを切り替えながら行います
OMNIビューにすると、プレイヤーがハッキングできるポイントが表示されます。
具体的なアクションとしては、監視カメラを渡り歩いて先の状況を確認したり、ハッキングで警報装置を解除したり、パスワードやメールを盗んだり、音を立てて敵を引きつけたり──などのサポートが行えます。
一方のヒロイン
ヒロインを操作するパートでは、移動したり、敵から隠れて気絶させたり、アイテムを手に入れたり──といった操作が行えます。

2つの視点はボタン1つでさくさく切り替えられ、監視カメラはあちこちにあるのでスパイになったみたいでおもしろいのですが、アクション自体はやや単調で繰り返しているとマンネリを感じます。
もちろんステルスアクション以外に、ちょっとした謎解きや記事作成などの要素もありますが、基本的には同じことが続くので少し疲れてしまうかなとおもいます。


前後不覚に陥りやすい、カメラの自動切り替えのタイミング!

また、ヒロイン移動時にカメラが自動で切り替わるのが結構気になりました。
プレイ中は、基本的にプレイヤーが選んだカメラからの視点となりますが、ヒロインを操作して歩きまわっていると自動で切り替わることがあります。
この切り替わる基準(タイミング)が分かりにくく、ヒロインが画面から消えた時点で変わることもあれば、なかなか変わらないこともあります。
そのため、敵がウロウロしている地域で勝手に変わってしまって、慌てることもしばしば。
監視カメラの操作自体も、辺りの地形を覚えておかないと全体的に暗いエリアが多いので前後不覚に陥りやすいです。

グラフィックは美しく、SFらしい金属の足音が響く研究所やクラシックな雰囲気の天井が高い図書館、雨の墓地──など、ロケーションは章に応じて変化がありました。
ロードは基本的にあまり長くスムーズに進行していきますが、突如としてフリーズしたのかとおもうような挙動でロードが入るので焦りましたw
あと、本作はオートセーブなのですが、私は何らかのトラブルが発生したため途中からセーブができていなかったようで、4章と5章は2周することになってしまいました。
……できれば任意にセーブしたかったな。。
あ、余談ですが、ヒロインのひそひそ声がめっちゃかわいくて、非常にモチベーションになりました


まとめ!

世界観は細部の情報まで丁寧に描かれており、SF好きにはおすすめできる一方、ステルスアクションの単調さやエンディングの達成感不足が気になった本作。
そのため、『ライフ イズ ストレンジ』のラストにもやもやした人はおすすめできませんが、雰囲気を楽しみたかったり、洋ゲーにわりとあるなんとなくもやっとした終わり方が平気な方向けかとおもいます。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net