【3DS】-CHASE- 未解決事件捜査課 ~遠い記憶~

Posted in ゲームレビュー by - 5月 25, 2016
【3DS】-CHASE- 未解決事件捜査課 ~遠い記憶~


●公式サイト

本作は、ハードボイルドな大人っぽい雰囲気の漂うアドベンチャーゲームです。
『アナザーコード 2つの記憶』や『ウィッシュルーム 天使の記憶 』を手がけた元CINGのメンバーが開発。

ゲームは、取調室からはじまり取調室で完結するという、安楽椅子探偵的なコンセプトを持った作品になっています。
まるで刑事ドラマのような、シリアスな雰囲気のもとで物語を楽しむことができます。


さくっとレビュー!

ハードボイルドな雰囲気は良いのですが、如何せんゲームボリュームがない本作。
物語は未完のうえに、1時間程度のプレイでクリアできてしまいます。
Live2Dを使った演出はアニメのようにスムーズに流れる一方、黒背景の時刻表示がシーンをぶつ切りにしてゲームのテンポを悪くしていまいました。
完結してからのプレイをおすすめします。



くわしくレビュー!

未完のうえに、1時間程度でクリアできてしまうゲームボリューム

まず、とにかくストーリーが短いです。
病院で起きた事故の不審点を追いながら3人の容疑者を見つけ出すのですが、本編はこの話だけで終わり。
1時間程度でクリアができてしまうボリュームです。
さらに、ラストでは明らかに未解決な問題が提示されるので、あまりにも終わった感じがしなくて、また続きから再開してしまいましたw

会話パート以外でプレイヤーが操作するのは、取調中や推理中の選択肢と現場写真のタッチ操作。
ミスの回数制限はありますが、基本的にむずかしくないので歯ごたえはありません。
登場人物が少ないため犯人の目星も途中で付いてしまいますし、推理としても物足りなさがありました。


テンポの悪い進行に、Live2Dの演出があまり生かされず……

個人的に一番気になったのは、ゲームのテンポの悪さ。
会話のシーンの間に、あんまり意味のない黒背景に日付時刻表示が挟まるので、ストーリーへの没入感を薄めていました。
また、取調室に何度も容疑者を順番に呼ぶのも違和感……容疑者たちはみんな外で待機しているのでしょうか。

映像はLive2Dを使用し、カットにも工夫がさているのでアニメのように物語を体感できます。
キャラクターのちょっとした表情や細かな動きが、人間らしいリアリティを持たせていました。
ただし、先述のテンポが悪い演出があるため、シーンごとのぶつ切り感があり、もっとさくさく物語を進めて欲しいとおもうこともしばしば。


まとめ!

ハードボイルドな雰囲気は良いのですが、ゲームボリューム不足とテンポの悪さが目立った本作。
ダウンロード専用ですが1時間程度でクリアできてしまうので、続編が配信され、ちゃんと完結したのを確認してからプレイしてもいいかなとおもいました。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net