【3DS】極限脱出 9時間9人9の扉

Posted in ゲームレビュー by - 5月 25, 2016
【3DS】極限脱出 9時間9人9の扉


●公式サイト

本作は、脱出ゲームと数字を使ったゲームを用いて、閉じ込められた謎の船から抜け出すアドベンチャーゲームです。
開発は、『かまいたちの夜』、『428 ~封鎖された渋谷で~』などでおなじみのチュンソフトさん。

無人の豪華客船に監禁された主人公と8人の仲間たちは、それぞれ腕にはめられたバングルのナンバーを使ったノナリーゲームという死のゲームに強制的に参加させられます。
彼らは時間内に9の扉を開けて船外に脱出できるのか、そしてこのゲームが持つ真の意味とは──。

ちなみに、続編であるVita『極限脱出ADV 善人シボウデス』のレビュー記事はこちら。
シリーズ完結編となるVita/3DS『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』もプレイ予定です!
(こちらは『999』と『善人シボウデス』の間の物語です。)

●Vita『極限脱出ADV 善人シボウデス』レビュー記事


さくっとレビュー!

謎がちりばめられたストーリーは謎が謎を呼ぶ展開でもやもやしますが、ラストにかけて次々と事実が明らかになり、大きく盛り上がりをみせるどんでん返し系の物語でした。
一方、周回プレイ必須ながら、やりにくい仕様(一度クリアした脱出ゲームをスキップできない)になっているのは気になるポイント。
脱出ゲームは様々な仕掛けが施されており、慣れている方も初心者でも十分楽しめるとおもいます。
西村キヌ氏による美しい立ち絵や、ちょっぴりグロデスクな文章描写も見所。



くわしくレビュー!

DSを活かした熱いラストは必見!

ゲームは、ノベルパートと脱出ゲームパートを繰り返しながら進行していきます。
ノベルパートでは、腕にはめられたバングルを利用したノナリーゲームが行われます。
ノナリーゲームとは、数字が書かれた扉を3~5人の数字根の合計値を合わせて突破していくというもので、プレイヤーの選択によって一緒に行動する仲間やルートが変化します。
ただ、扉を抜けた先で合流してしまうことが多く、選択によって運命が変わるという感覚はちょっと薄かったです。

クローズドサークル系バトルロワイヤルのような重たい雰囲気はありますが、キャラクターはややコミカルな表現が多いため、あまり暗い展開で物語は進行しません。
ただし、ゲームが進むにつれて、キャラクターの過去やこの事件の背景などが徐々に明らかとなるため、謎が謎を呼ぶような感覚はありました。
さらに、ラストはDSの端末を上手に活かした演出になっており、ストーリーの熱さと相まってとても盛り上がりました。


周回プレイ向きではない仕様。脱出ゲームの難易度はちょうどよい!

エンディングが複数あり、1周目は必ず真相エンドには辿りつけないようになっています。
また、真相エンドも、一応完結はしていますが続編を示唆しているような内容です。
周回プレイが前提となっているゲームなのですが、脱出ゲームパートがスキップできないので、同じステージを数回クリアするのは面倒でした。

ゲームの中心である脱出ゲームパートの難易度はちょうどよく、仕掛けもアイテム同士を組み合わせるだけではない工夫がなされているので、慣れている人でも楽しめるかなとおもいます。
初心者でも難易度を調整できるので遊びやすい。
また、調べる範囲には白枠が表示されるので、どこを調査するのか分かりやすいのもよいですね。


グラフィックは2Dながら美麗!文章描写はややグロい!

立ち絵は西村キヌさんのキャラクターが時々動いたりするので、バリエーションはあまり多くはありませんがキレイでした。
また、それぞれの性格やビジュアルが尖っているので、豪華客船という限られた空間内で行われる話でもマンネリ感はありませんでした。

グラフィック的なグロい描写はダイレクトにはありませんが、盛大な流血シーンはあります。
その分、文章で結構グロデスクな表現が見られました。
あと、心理学の専門的な実験や用語など、唐突に小難しい話が登場します。
ちゃんと理解しないと謎が解けないということはありませんが、やや大人向けの内容かなとおもいます。


まとめ!

周回プレイ必須ながらそれがやりにくい仕様はやや気になりましたが、ストーリーの完成度を筆頭にゲーム全体のクオリティは高い本作。
特に終盤の演出は熱いので、どんでん返し系アドベンチャーゲームが好きな方におすすめです。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net