【コラム】PlayStation VRタイトルのレビューまとめ

Posted in コラム by - 10月 11, 2016
【コラム】PlayStation VRタイトルのレビューまとめ

●公式サイト

さて、いよいよ今週の10月13日に発売する『PlayStation VR』
ローンチでは映像作品を含め、20タイトル以上がリリースされますね。
私も『サマーレッスン』や『PlayStation VR WORLDS』をしており、発売がとっても待ち遠しいです!

VRのおもしろさや良さである臨場感・没入感は、実際に体験してみないとイマイチ伝わりません。
とはいえ、これまでイベントなどでいくつかのタイトルを試遊してきましたので、さくっとまとめてレビューを記載しますね。
少しでも雰囲気が伝わればよいのですが……。
あと、できる限りネタバレは避けていますが、一部プレイ内容を記載している場合があるのでご注意ください。






PS VR『サマーレッスン』

10月13日発売予定/コントローラなしでプレイ
みんな大好き『サマーレッスン』は、かわいい女の子を目の前にして思わず息を止めてしまうほどリアルなコミュニケーションを体験できるタイトルです。
すごくかわいい女の子がさまざまな表情を見せ、自分だけに話しかけてくれるという状況は、なにものにも代えがたい素晴らしい経験だとおもいます。
操作面では、プレイヤーの首振りアクションでコミュニケーションがとれるため、さらに没入感アップ!
女の子の顔が近づいてくるともれなくにやにやしてしまうので、周りに人がいないことを確認してプレイすることをおすすめします。


PS VR『バットマン:アーカム VR』

10月13日発売予定/Moveコントローラ2つでプレイ
バットマンというと激しいアクションが予想されますが、本作は探偵バットマンとなり、ゴッサムシティで起こる殺人事件を捜査するアドベンチャーゲームです。
バットマンに変身する流れを体験するデモと、殺人現場を調査するデモの2種類が体験できました。
アクションができたら楽しそうですが、VRで激しい動きをすると確実に酔うので、移動は少なめのほうが人を選ばずに遊べるとおもいます。

さて、海外のアドベンチャーゲームで、扉をひねって開けたり、ハンドルを回したり、薪を暖炉にセットしたりというアクションをPS4コントローラでやった記憶があるとおもいます。
その操作を、一人称視点とMoveコントローラでプレイする感じのゲームです。
変身デモでは、グラップルガンを腰に装着したり、バットマンのマスクを被ったり……そして鏡を見ると目の前にはバットマン!という、バットマンなりきり体験ができます。
変なポーズをとっても再現してくれるので、いろいろ試したくなりました。
殺人現場の捜査は、腰のデバイスでスキャンしたり、犯行現場の状況を再現して負傷や死因を特定したりします。
VRらしい没入感とシューティングではないアクションが楽しめるので他のタイトルを差別化されており、バットマンを知らなくてもアドベンチャーゲーム好きなら楽しめるとおもいます。
ゲームボリュームが90分程度と少なめではありますが、長くても酔うので個人的にはこれぐらいで充分かなと。


PS VR『Until Dawn : Rush of Blood』

2016年10月13日発売予定/Moveコントローラ1つでプレイ
PS4『Until Dawn』の世界をモチーフにしたお化け屋敷の中を古びたコースターに乗って進み、的や敵を倒してスコアを稼ぐシューティングゲームです。
正直、なんで遊園地のようにアレンジされた山荘をコースターで走らなきゃいけないのか疑問しかありませんが、古びた遊園地山荘はとにかく怖い。
しかもコースターに乗っているので、自動的にどんどん奥に運ばれていきます、怖い。
グラフィックもさることながら音も怖さを助長していて、コースターが軋んだり奇声が飛んできたり……と、まったく心休まる時間がありませんでした。
しかも結構長いし、敵は強いので容赦なく死ぬのですが直前からリトライされてしまうため、途中「なんでこんなことやってるんだろう……」と悲しい気分になり、VR投げようかとおもったのですがぐっと堪えました。
『ファイナルファンタジー7』のゴールドソーサーにあるコースターを、激しく怖くした感じです。
暗転どーんにはなりませんでしたが、怖かったのでもう二度とプレイしたくないですw


PS VR『Rez Infinite』

2016年10月13日発売予定/PS4コントローラでプレイ
サイバー空間を進みながらウィルスを倒していく、シューティングゲームです。
ハイスピードな移動と心地の良いサウンドが、進むごとにプレイヤーのアクションと映像、音がシンクロしていき、どんどんトランス状態に陥れる作品です。
撃つのも気持ちいいし、浮遊しているように移動するのも気持ちがいい。
2001年にPS2/ドリームキャスト向けに発売された『Rez』のリメイク作品ですが、ステージが追加されていたり、本作のコンセプトである共感覚体験を存分に味わえるのはVRならではかとおもいます。


PS VR『Ocean Descent』(プレイ時『The Deep』)

2016年10月13日発売予定/PS4コントローラでプレイ
ケージに乗って深海に潜り、のんびりお魚さんたちを観察していたらとんでもないやつまでやってくるというスリラー体験ゲームです。
プレイヤーは申し訳程度にコントローラーを持たられますがむずかしい操作は求められず、ただ怯えることしかできません。
潜水服を着たプレイヤー自身の腕や足を見られるのも、リアルさを強化に一役買っていました。
デモの要素が強いゲームですが、VRのすごさを簡単に体験できるので普段ゲームをプレイしない人に遊んでもらうのもいいかもしれませんね。
なお、本作は『PlayStation VR WORLDS』に収録されています。



PS VR『VR Luge』

2016年10月13日発売予定/コントローラなしでプレイ
車がバンバン走る公道を、リュージュに乗って疾走するレースゲームです。
ただし、車にぶつかってもダメージは受けないので安心してください。
試遊ではクッションの上に横になりプレイしたのですが、本当にリュージュに乗っているような気分になれたので、ご家庭の環境があるなら横たわってのプレイを推奨します。
なお、本作は『PlayStation VR WORLDS』に収録されています。



PS VR『サイバーダンガンロンパVR 学級裁判』

2016年10月13日発売予定/PS4コントローラでプレイ
某氏を殺した犯人を暴くために、学級裁判を行うという内容でした。
推理をするアドベンチャーゲームではなく、目の前で繰り広げられる会話を楽しむデモのようなゲームになっているので、気軽にプレイできます。
発現の矛盾を見つけて言弾を飛ばすというシステムはそのままに、VRを使った立体的な動きが見られるため、なかなかに迫力がありました。
シリーズおなじみのおしおきシーンも見どころです。


PS VR『SEGA feat. HATSUNE MIKU Project: VR Tech DEMO』

2016年10月13日発売予定/Moveコントローラ2つでプレイ
ミクさんのライブを、観客のひとりとなって楽しむゲームです。
周りの人に合わせてサイリウムを振りまくっていると、途中からミクさんと一緒にステージに上がれ、至近距離でミクさんの歌と踊りを楽しめるという内容。
VRらしい魅力は薄めですが、自宅で心置きなくサイリウムをフリマくれるだけでなく、ミクさんをじっくり観察できるのは多分それだけで幸せな体験です。


PS VR『つみきBLOQ VR』

2016年11月17日発売予定/Moveコントローラ1つでプレイ
ブロックを掴んで積み上げ、指定の形にしたり、レーザーをつなげたりするパズルゲームです。
ややゆるっと動くため、掴んだものを狙った位置に置くのはむずかしく、コントローラを持つ手に力が入りました。
ただ、パズルが好きなユーザーならついがんばってしまう中毒性があるとおもいます。
ちなみに、隣でプレイヤーを見ていると、「あぁ、そこもうちょっと右に積んで!」と口を挟みたくなること必須。


PS VR『ファイナルファンタジーXV VR EXPERIENCE』

VR対応日未定/Moveコントローラ1つでプレイ
プロンプトを操作してノクティスたちと一緒にベヒーモスを倒すシューティングアクションと、シドニーちゃんとドライブする2本立てでした。
シューティングはMoveコントローラーのトリガーで射撃、Moveボタンでワープして攻撃を回避するというシンプル操作です。
VRプロンプトはいくらダメージを受けても死なないので、バトルを楽しむより、ベヒーモスの至近距離まで近づいて体の大きさや毛っぽい感じ、咆哮の迫力を感じるのがいいかなと。
デモに近いシューティングアクションなので、キャラクターの動きを観察して一緒に戦っている感を味わうのだとおもいます。

シドニーちゃんとのドライブは、助手席に座っているだけなのですがとてもおもしろかったです。
360度雄大な景色が広がり、時々対向車もやってくるためリアル感がありますし、左ハンドル車なのでちょっとした海外旅行気分でした。
余談ですが、シドニーちゃんの胸を覗き込もうとするとかわいい顔で「どうしたの?」みたいなリアクションをされるため、ひよっておとなしく助手席に退散しました。



PS VR『The Castle』

リリース未定/Moveコントローラ2つでプレイ
訓練中の騎士となり、Moveコントローラを使っていろいろな武器を持ち振り回して、人形を倒したり的を狙ったりするアクションゲームです。
一人称視点の画面に加え、ヘッドフォンを付けると音が四方から聴こえてくるため、かなりリアルに自分が動いているという感じがしました。
最初は周りの目を気にしながら控えめにプレイするのですが、次第にそれっぽい動きになるので遊んでいるプレイヤーを見ているのも楽しかったです。


PS VR『ソードアート・オンライン』

リリース未定/コントローラなしでプレイ
アスナの寝顔を眺めるデモでした。
とりあえず、アスナかわいい。
完全なデモなのでアスナ以外に見るところはありませんが、ゲームのスタート時にSAOの世界にログインする映像が入るため、本編のような感じがしてテンションが上がりました。




以上、PSVRの感想でした。
モーフィアス時代のものもあるので現状のレビューではないものもありますが、大体プレイした印象はこのような感じです。

個人的なおすすめは『サマーレッスン』
グラフィックも美しいですし、なによりそこにいるというVRならでは感覚を一番楽しめました。
シューティング系なら『Rez』、変わった体験がしたいなら『バットマン アーカム:VR』がいいかなとおもいます。
手軽にVR体験をしてみたいなら、とりあえずいろいろはいっている『PlayStation VR WORLDS』がよいでしょう。
なお、マルチプレイで楽しめるパーティゲーム『THE PLAYROOM VR』は無料配信ですので、年末年始に友だちや家族と遊ぶと盛り上がりそうな感じですね。


それではまた次回。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net