【コラム】2017年1月発売、プレイ予定のタイトル8本!

Posted in コラム by - 1月 02, 2017
【コラム】2017年1月発売、プレイ予定のタイトル8本!

みなさん、こんばんは。

あけましておめでとうございます!
2017年は、年明けから放送されていた『ゴッドファーザー』三部作を視聴しまして、『ムトゥ 踊るマハラジャ』を観た年とは対照的にずーんとした気分で迎えておりますw
(とはいえ、『ゴッドファーザー』は一部しか観ていなかったので、通して観られたのはうれしいことでしたし、映画自体はとてもおもしろかったですw)

さて、昨年のゲームもたくさん積んではおりますが、今年もいろいろなタイトルを楽しくプレイしていきたいなとおもっております。
何卒、ゆるっとお付き合いいただければうれしいです。
よろしくお願いいたします!

それでは、2017年1月に発売、プレイ予定のタイトル8本を紹介します。



PS4/Vita『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』

1月12日発売予定/公式サイト
学級裁判で矛盾を論破し、殺人事件の犯人を暴くハイスピード推理アクション『ダンガンロンパ』シリーズの最新作です。
過去作品から、マスコットのモノクマは残しつつ、舞台や登場キャラクターをリニューアル。
裁判を有利に進めるためにあえて嘘をつくという新要素や2つのチームに分かれて意見をぶつけ合う議論スクラムなど新しいシステムが多数搭載されています。
ボードゲーム、ダンジョンRPGなど、本編クリア後のおまけモードも充実しているのも注目ですね。
PSストアでは現在体験版が配信されており、本作のシステムの一端をさくっと体験できます。
ちなみに私は、UIが多く画面が少しごちゃごちゃしているのと、キャラクターの音声の音量がマチマチなのが気になりましたw
なお、Vita体験版はボイス音質が悪くなっていますが、音質向上アップデートが後日配信決定しています。




PS4『キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナルチャプタープロローグ』

1月12日発売予定/公式サイト
ディズニーとコラボレーションした人気アクションRPG、シリーズ3作目につながるリマスター作品です。
新作のプレイアブル作品『0.2 バース バイ スリープ -フラグメンタリー パッセージ-』、3DSのリマスター作品『ドリーム ドロップ ディスタンスHD』、新規の映像作品『キー バックカバー』が収録されています。
0.2は、『キングダムハーツ3』とおなじシステムで作られているため、より爽快なアクションと美しいグラフィックが楽しめる注目作。
映像作品ではスマホ版の裏側で起きていた物語を描いており、キャラクターの入れ替わりや仲間にできる敵「ドリームイーター」が登場するDDDなど、シリーズの世界観をまるっと楽しめる内容です。
さぁ、そしていよいよ期待のシリーズ最新作は動きがあるのかな……!?



PS4『GRAVITY DAZE 2』

1月19日発売予定/公式サイト
重力を自在に操り世界を冒険するアクションアドベンチャーゲーム、シリーズ2作目で完結編となる作品です。
プレイヤーは重力姫キトゥンとなり、新たに描かれる美しい世界を舞台にさまざまな驚異に立ち向かっていきます。
序盤から滞空時間が長くなっただけでなく、新アクションとしてキトゥン自身の重力を重くしたり軽くしたりするモードが追加になっており、より気持ちよく重力を操れます。
また、続編ではありますが、世界の雰囲気は一新されており、前作から本作の間の物語を描いたアニメーションもYouTubeなどで観られるので、本作からプレイしてもしっかり楽しめるとおもいます。



PS4/Vita『蒼き革命のヴァルキュリア』

1月19日発売予定/公式サイト
ターン制SLGの戦略性を持ちつつ、アクションゲームのようなバトルが楽しめる『戦場のヴァルキュリア』シリーズ最新作です。
タイトルから分かるように、シリーズの流れは組んでいますが世界観、ゲームシステなどは大きく変わっています。
産業革命により発展し、帝国主義で領土を拡大した帝国からの独立を目指す小国の若者たちの戦いを描く作品。
復讐という私怨で国家を欺いた「大罪人」と呼ばれる5人を中心に、彼らは英雄なのか罪人なのかを後の歴史から遡って回想しながら読み解きます。
なお、PSストアでは本編に引き継げる体験版が配信されていますので、気になった方はぜひプレイしてみてください。
個人的には、バトルシステムが大味だなとは思いつつ、シナリオがややテンプレ気味で不安ではありますw




PS4『Birthdays the Beginning』

1月19日発売予定/公式サイト
自由に生命が育まれるハコニワを作成し、生態系の管理を楽しむシミュレーションゲームです。
ブロック状で表現されるハコニワでは、地形に高低差を作ることで山や海、丘や川でき、それに伴って気温が変化して生き物が誕生します。
さらに、誕生した生き物は気候に適応するために進化を遂げるため、地形を変化させるだけでさまざまな生態系の変化を自由に生み出せるのが特徴です。
チュートリアルも兼ねて世界が徐々に広がっていくストーリーモード、時間内に指定された生き物を生み出すというお題に挑戦するダイナソーチャレンジ、自由に楽しめるフリープレイと多彩なモードがあるのもいいですね。
かわいらしいグラフィックのなかで、のんびりとプレイしたいタイトルです。



Vita『花朧 ~戦国伝乱奇~』

1月19日発売予定/公式サイト
時は戦国時代、尾張織田家の姫である市を主人公にした乙女ゲームです。
蒼い瞳を持った人ならざる魔性の一族、「魔蒼」と呼ばれる織田家の一族、そして人ではない奇怪な生き物「朧」。
史実をベースにした乱世の争いと、ファンタジー要素である朧という設定を軸に描かれる作品です。
描きこまれたグラフィックやイベントスチルにも注目している、オトメイトさんの新作です。



Vita『うたの☆プリンスさまっ♪Repeat LOVE』

1月26日発売予定/公式サイト
アイドルの学園を舞台にした乙女ゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズ、初代をリメイクした『Repeat』をVitaに移植した作品です。
新たな要素として、フルボイスエピソードが新たに49本と新規イベントイラストが追加、イベントイラストにタッチボイスを追加、目パチ・口パクの追加、リズムゲームパートのコンボボイスが追加、EXTRAのリズムゲームにHAYATOと砂月が登場と、これまでのシリーズを経て集大成のような作りとなっています。
また、システム面でもUIのリニューアルや周回プレイがしやすくなるようなスキップ・巻き戻し機能が加わっています。
PSP初代、リメイクRepeatとプレイしているので基本的な内容はおなじなのですが、ついまた遊びたくなるような魅力ある作品だとおもいますw



Vita『BLACK WOLVES SAGA -Weiβ und Schwarz-』

1月26日発売予定/公式サイト
重たい展開と、血なまぐさいハードな描写が特徴のダークファンタジー乙女ゲーム
本作は、すでにリリースされているPSP版『Last Hope』とPC版『Bloody Nightmare』をひとつにまとめた作品です。
新規の追加シナリオやアフターストーリーも追加になっているとのこと。
拷問や死ぬ描写もある尖った作品で、エンディングもどこか後ろ髪引かれる内容が多かっただけに、どのような物語が追加になっているか楽しみです。



以上、2017年1月発売、プレイ予定のタイトル8本を紹介しました。
このさくっと紹介記事は、昨年なんやかんやと続けてこられたので、今年もがんばって継続していきたいとおもっております。
(自分にとっても、今月どのゲームを買うのか把握できていないことが多く、備忘録としても役立っていましたw)

さて、私のイチオシタイトルは『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』
常に次回作へのハードルを上げながら作られているシリーズゆえ、今回もしっかり不安要素はあるものの、それを上回ってくれるのではないかという期待の高さからピックアップしました。
ちなみに、ゲーム内容的にも安定して楽しめるとおもっているのは『GRAVITY DAZE 2』
前作よりもとても気持ちよく重力を操れるようになり、グラフィックの美しさも加わって充実のゲームプレイができるとおもいます。


それでは、また次回。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net