【3DS】エクストルーパーズ

Posted in ゲームレビュー by - 7月 04, 2017
【3DS】エクストルーパーズ


●公式サイト

本作は、近未来のアカデミーを舞台に、熱血すぎる天然主人公とロボット「ギンギラ」が活躍するTPSです!
開発はカプコンさんで、SFアクションの『ロスト プラネット』と世界観は共有していますが、ストーリーや人物の関連性はありません。
TPS初心者にも遊びやすいゲームシステムと、コマ割りを用いた「マンガデモ」やトゥーンレンダリング、擬声語などを使って展開するフルボイスのイベントシーンが特徴です。
なお、本レビューは3DS版の感想を記載しています。



さくっとレビュー!

クリアまでは11時間半で、王道ロボットものらしい熱いシナリオがテンポよく楽しめました
ただ、展開はやや駆け足気味で、キャラクターや世界観の掘り下げは弱め。
その分、フルボイスのイベントシーンは演出がすばらしく、見ごたえは十分でした。
バトルアクションは爽快感重視の初心者向けで、気持ちよく倒していける難易度です。
全体的にまとまりよくできている作品なので、「ギンギラ一番星だ!」という謎テンションについていける方にはおすすめのタイトルですw



くわしくレビュー!

熱血な王道シナリオ!消化不良感はあるもののテンポはよい!

メインストーリーとVRミッションをほぼクリアして、エンディングまで11時間半でした。
王道ロボットものらしい熱血漢あふれるまっすぐなシナリオで、友情やライバル、ヒロインと運命の出会い、立ちはだかる強敵などが登場し、テンポよく物語が進んでいきます
さらに、ラストはアニメのような盛り上がりと演出で、拳を突き上げたくなる感じの熱さがありました。

ただ、全体的に展開が早すぎるため、中盤以降はラストに向けてとにかく駆け足な印象でした。
魅力的なサブキャラクターやアカデミーのNPCたちの掘り下げも弱く、なにより肝心のメインヒロインが登場するのがかなり遅かったのは残念でした。
アクションゲームとしてのボリュームはちょうどいい感じでしたが、せっかくのよい素材を生かし切れていなかった感がありました。

そうそう、本作はキャラクターや作品全体のテンションがとにかく高く、いっそ暑苦しいぐらいうるさいのが特徴ですw
特にヒロインを「キラキラちゃん」と呼んだり、「ギンギラ一番星を目指すぜ!」など、天然を超えた不思議系主人公であることはご承知おきくださいw
ただ、声優陣はサブキャラクターまでしっかり豪華ですし、よくしゃべりよく動くので、イベントシーンはまるでアニメを見ているような感じでした。
(個人的には、局長が大塚芳忠さんで最高!)


爽快感重視のTPS!単調さはあるけれど遊びやすい!

バトルはTPSで、ロックオンによるサポートと弾切れがないため、とにかく撃ちまくれる爽快感重視
普段このジャンルを遊ばない初心者の方でも、エンディングまでプレイできるとおもいます。
個人的には、背中に装備したジェットパックを使って、ステップして敵の攻撃を避けたり高速移動ができるなど、スピーディに動けるのは気持ちよかったですね。

ボス戦は、エリアが少し狭く戦いづらさもありました。
また、基本的に回避からの後方に回って弱点を攻撃するの繰り返しなので、複雑なアクションが求められない難易度である一方、少し単調な感じも受けました。
乱戦でも処理落ちになることはありませんでしたが、カメラが近くてちょっと動きづらいシチュエーションは見られました。
あ、ラスボスはイベントバトルじゃないかとおもうぐらい弱かったですw

3DS版はローカル3人マルチプレイ、PS3版はオンライン3人マルチプレイが可能です。
私のように基本ぼっちプレイな方でも、バトル中は同行したキャラクターたちがよくしゃべってくれるのでマルチプレイ気分は味わえますよ!


自由度の高い武器選択!グラフィックもキレイ!

育成要素は、武器開発・強化とアーマー改造。
さまざまなタイプの武器が用意されており、圧倒的に強い武器もないので、プレイヤーの戦い方や敵の属性に合わせていろいろ試せました。
キャラクターの衣装は購入できますが、見た目が変わるだけで特にメリットなどがないのは少し残念でしたね。

グラフィックについては、3DS版でも十分美しく、バトルもイベントシーンもスムーズにプレイできました。
特にイベントシーンは、トゥーンレンダリングや擬声語などを使い、コマ割りを用いたマンガのような作りになっており、かっこよくておしゃれなアニメを見ているようでした。
キャラクターデザインも、ひとりひとりがとても立っていてよかったとおもいます。

音楽は近未来風で、世界観になじんだクールな感じの曲が多かったですね。
聴きやすく、重要なバトルでかかるボーカル曲にはテンションが上がりました。


まとめ!

シナリオに駆け足感はあるものの、熱血王道展開と爽快感のあるバトルが楽しめる本作。
テンションは個性的ですが、マンガデモによるイベントシーンはかっこよく見ごたえがありました。
TPSとしての難易度も低くボリュームもほどよい感じなので、さくっと楽しくプレイできる作品だとおもいます。


Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net