【3DS】ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング

Posted in ゲームレビュー by - 8月 02, 2012
【3DS】ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング

●公式サイト

本作は、脳トレでおなじみの東北大学川島隆太教授監修の第2弾タイトルです!
ワーキングメモリーを鍛えるため、「ものを記憶する→記憶を引き出す」というトレーニングを行います。
これを鍛えることによって、複数のことを同時にこなしたり、頭の中に記憶しておいて順番に処理することができるといった思考がスムーズにできるようになる……そうですw



収録内容は、このワーキングメモリーを鍛えるための「鬼トレ」が全部で8種類。
画面に表示されるものを覚えて、覚えたものを回答していく――という作業がメインになりますので、とっても頭が疲れますw
なんとなく似たり寄ったり内容のトレーニングという気がしないでもありませんw

毎日こつこつプレイすることでどんどんトレーニングが増えていきます。
私が得意なのは「鬼めくり」――神経衰弱ですねっヽ(>∀<*)ノ
逆に苦手なのは「鬼計算」や「鬼記号」――といった、バックがある系のトレーニングw
バックとは、前に表示されたものを思い出して答える形式で、1バックは1つ前、2バックは2つ前を回答します。
……まぁ3バックとかになるともう無理ぽ\(^o^)/


それから、ワーキングメモリーの一部を集中的にトレーニングするための「鬼トレ補助」が9種類。
これはDSの脳トレシリーズに登場したものが収録されていて、実はこっちの方が気持ちよく解けちゃったりします(´・ω・`)
計算系のトレーニングが多いので、普段数字に接しない方にはいいかなと☆


あとは、おなじみの脳の老化を防止するトレーニング「脳トレ」が9種類。
新作のトレーニングが6つ、DSの脳トレから3つ収録されています。

私はこれが一番楽しくって、特に最初からプレイできる「陣取り対戦」にはハマっています☆
トランプや碁石、麻雀牌といった馴染みのあるボードゲームの駒を使ったトレーニングが多いのが特徴。
一工夫されたものが多いので、鬼トレ以上に夢中になってプレイできるかなとおもいますよー!w


最後に、脳を休めるための「リラックス」が3種類。
落ち物パズルが2種類と、音楽鑑賞になります。
気晴らしに初めて、気がついたらむきになってましたw


と、さくっとご紹介しましたが、いろいろな内容のトレーニングが収録されていてかなり楽しめるかなとおもいます。
なのですが、最大の問題としては……鬼トレがとにかく疲れる\(^o^)/
普段あまり使っていないであろう記憶に関するトレーニングなので、とにかく頭が疲れるんですっ!!w
正直、1トレーニングたった5分なのですが、その5分に挑むための勇気が……^^;
また集中してプレイしないといけないので、電車の中などでできないのもちょと困りものかなと(×д×`;)

ただその分、しっかり頭使ってるなーという気はします!
「記憶する→記憶を引き出す」というシンプルなトレーニングが中心なのですが、数字は覚えられても図形は苦手とか、耳で覚えるのが得意――とか、個々に特徴がでるかなと。
私の場合、図形は得意なのですが、耳での情報にとにかく弱くってww
「鬼朗読」で数秒前に読んだ単語も、あっさり忘れられます\(^o^)/

なので、毎日こつこつプレイできる方にはオススメかなと。
あと挫折しないで遊べる方、これ絶対w
私も苦手なトレーニングはついつい避けてしまいがちですが、「ここでやめたら絶対やらなくなるっ!」とおもってがんばって粘ってますヽ(*`Д´)ノ


というわけで、がっつり頭を使う本作。
「人の名前を覚えるのが苦手」とか「友だちの誕生日をすぐに忘れてしまう」といった方には、オススメのタイトルですよー!
ただ、ゲーム性がかなりこつこつプレイすることを要求されますので、毎日10分ぐらいでもしっかりプレイしていける方にいいとおもいます^^
わ、私もがんばるっヽ(*`Д´)ノ

東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング
Nintendo 3DS

任天堂
売り上げランキング : 257

Amazonで詳しく見る

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net