【PSP】華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク

Posted in ゲームレビュー by - 9月 04, 2013
【PSP】華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク

●公式サイト

本作は、大正時代の大財閥で使用人として働く女の子となり、傲慢だったりマイペースだったりする個性豊かな兄弟との恋愛を楽しむ乙女ゲームPSP「華ヤカ哉、我ガ一族」のファンディスクです!
開発はおなじみのオトメイトさん。

収録されているのは、本編終了後に使用人生活2年目を送る「弐年目もーど」、当主付の情報屋のお兄さん視点で楽しむ「情報屋もーど」、前作で配信されていたDLC後の後日談を描いた「後日談もーど」の3種類!
「弐年目もーど」だけでも4月から10月まで過ごせるのでボリュームたっぷりなのですが、「情報屋もーど」と合わせて集めるアイテムや依頼もたくさんあるので、とにかくやりごたえがある内容になっているかなとおもいます。
あ、本編のレビューはこちら!

●PSP「華ヤカ哉、我ガ一族」のレビュー記事
http://tsumige.net/?p=665



で、数人攻略して「情報屋もーど」をクリアした感想ですが……ゲームとしての完成度はとても高いのですが、キャラクターのストーリーがちょっとマンネリかなと^^;
如何せん、「弐年目もーど」は誰とも恋人にならず迎えそこから関係が発展していくので、人によっては既視感のある展開がちらほらw
また、ファンディスクなので本編以上に甘い展開を期待される方もいらっしゃるとはおもうのですが、わりとほのぼのな感じが多いです。
んー……できれば本編のキャラクターエンド後のお話がよかったかなぁなんて(´-`*)
あ!とはいっても、兄弟との距離が近くなった状態ではじめることができるので、弐年目としてのやりがいを得ることはできました。
また、イベントスチルもさらにキレイになっているので、ファンディスクというより続編という雰囲気かなと。


一方で、乙女ゲームなのに男性キャラクターでプレイする「情報屋もーど」はとても新鮮でしたw
「なんで女の子攻略してるんだろw」という気もしなくもないですが、自分が操作していた主人公を客観的に見られるのはおもしろかったです。
こちらのシナリオのみのスチルや依頼もあって、プレイ時間も5時間前後と内容盛りだくさんですc(*゚ー^)ノ


また、ロード時間が短くなったり、自室の画面をスキップできたり、依頼人の場所がわかりやすくなったり……と、システム面ではだいぶ遊びやすくなっていました。
本編でもボリュームのわりにさくさく遊べる印象があったのですが、それがより強化された感じですね☆
個人的にはロード短縮はめっちゃうれしかったですヽ(>∀<*)ノ
(あ、洗濯ミニゲームって必要だったんかな……??w)


というわけで、シナリオに気になる点はあるものの、ファンディスクとはおもえない大ボリュームの本作。
本編でハマった方はプレイ必須の1本だとおもいます☆
ちなみにもう1つ新しいファンディスク「黄昏ポウラスタ」も購入済ですので、近々レビュー書きますね!

華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)華ヤカ哉、我ガ一族 キネマモザイク(通常版)
Sony PSP

アイディアファクトリー
売り上げランキング : 1291

Amazonで詳しく見る

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net