レビュー

【Vita】影牢 ダークサイドプリンセス

●公式サイト

本作は、PS・PS2で発売になっていた人気のアクションゲーム「影牢シリーズ」久しぶりの新作です!

「影牢シリーズ」は、部屋にトラップを仕掛け、侵入者たちをおびき寄せて倒すというゲーム。
トラップは床・壁・天井に設置したり部屋に元からあるものがあり、これらを組み合わせてコンボにすることでArkというポイントを獲得できます。
(これは新しいトラップを獲得するのなどに使います!)
物語は、魔神の娘と残虐・華麗・屈辱を司る3人の巫女とともに、魔神を復活させるためのアイテムを人間から奪い取るという内容です。

■トラップの種類が増えコンボもやりやすくなった一方で、乱戦による難易度上昇も……

まず、良かった点として……使うことのできるトラップが増えました!
今作には、「残虐・華麗・屈辱」の三系統のトラップがあります。
残虐系は、その名の通り見た目も過激ゆえ、ダメージが大きいものが多く一気に倒すのには必須です!
華麗系は、敵を特定の場所に動かすことのできるもの中心なのでコンボの連結に使えるほか、部屋に元から設置されているトラップ(ウィザードギア)へもつなげやすいです。
屈辱系は、ユニークな動作をするものが多く、使いどころに工夫が必要な一方で、うまくハメられたときの快感はひとしおw

また、「トラップコンボ」による爽快感は格段に上がりました!
今作から採用された「トラップシーケンス」というシステムにより、動かす順番も設置するコンボの数も自分の好き勝手にできるので、コンボがとても作りやすいのです☆
(予想移動距離が表示されるのも、コンボのつなぎを考えるうえではとっても便利!)

ただ、同時に出てくる敵がとにかく多いので、最後の1人だけを鮮やかにコンボで倒して、それ以外はこつこつダメージを与えていく──みたいなプレイになっちゃうのがもったいないかなとおもいます(´;ω;`)
アップデートによって、敵の歩く速度が遅くなったり、無慈悲に魔法攻撃を連発されることは少なくなりました。
とはいえ、トラップに対する耐性や無効をもったやつらが序盤からゴロゴロ登場するし、ボスの体力は一気に回復したりするし、一度に3人と戦うことになったりする──など、過去シリーズよりはなかなかにハードモードですw
たとえ獲得Arkを若干減らしてでも、「オートディフェンス」のアビリティをつけておくことをオススメします(`‐ω‐´)

それからストーリーについてですが、シリーズ初期の頃にあった重たい雰囲気はなく、むしろ目的はあれど人間のみなさんが淡々とやってくるのであんまりドラマがありません^^;
プレイヤー自身も人間を倒すことへの葛藤を感じることもなく、機械的に「あ、敵来たから倒すかなー!」みたいなテンションになってしまいます(・3・)
悲壮感や背徳感を感じながらも、人間を抹殺するのが楽しかったんだけどなー^^;

というわけで、アクション要素が強化され難易度が上がり、全体的にライトなテンションになった本作。
ただ、トラップによるコンボの幅は広がったので、敵を罠にはめる快感は増大したかなーと(´-`*)
まぁ、きびきび戦える方にはわりと楽しめるタイトルかなと!

影牢 ~ダークサイド プリンセス~ 影牢 ~ダークサイド プリンセス~
PlayStation Vita

コーエーテクモゲームス
売り上げランキング : 504

Amazonで詳しく見る

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net