レビュー

【PS4】リトルビッグプラネット3

[star rating=”4″]
●公式サイト

本作は、自分でステージを作ることもできちゃうクリエイティブなアクションゲーム『リトルビッグプラネットシリーズ』の最新作です!
ゲームのルールや基本的なシステムは過去作とおなじですが、新要素が満載で、よりバリエーションが豊かで複雑なステージやギミックが登場しています。
ちなみに、私はステージクリエイトはしていないのであしからずw

新キャラクターと新アイテム登場で、アクションのバリエーションが格段に増えた!

今作の目玉は、なんといっても新プレイヤーキャラクターの登場です!
これまではリビッツのみでしたが、独自の能力を持った3体のキャラクターが出てきます。

カエルのような見た目の「ピョコン」は、動きが素早い、ジャンプ力が高い、壁から壁に飛び移れるなど、アクション性が高いキャラクターです。
ハンペンみたいなデザインの「ドロン」は、L1ボタンで体の大きさが大小に変化。
大きなときは力持ちでスイッチを押したり水に沈んだりでき、小さいときは狭いところに入ったり水面を歩いたり──といった異なるタイプの特性を持っています。
小鳥の「パタチュン」は、空を飛ぶことができます。
物や他のキャラクターを掴んで運べたりもするので、一番機動性があるキャラクターになっています。

さらに、リビッツが装備できる新アイテム(ガジェット)も多数登場しました!
「つかまりフックハット」は、頭に付いているフックをステージにあるケーブルに引っ掛けて高速移動するもの、「エアロシューター」はドライヤーみたいに風を起こしたり逆に吸い込んだりできるもの──などなど。
本シリーズではジャンプしたり捕まったりするアクションがメインだったのですが、上記のようにたくさんのアクションができるようになったのはパワーアップポイントです!

キャラやアイテムを切り替えて進むというより、決められたものを使って進めるのでもったいない!

という感じで、ステージに仕掛けられたいろいろなギミックに対処できそうなキャラクターやアイテムが登場したのですが、実はこれらを活かすことがあんまりできませんでしたw

まず、新キャラクターについては、最初から使えず、1体1体アンロックしながら進めていくのがゲームの目的になっています。
なので、「全部揃ってさぁここから切り替えながら進めていくぞー!」と意気込んだ矢先にラスボス戦なので、もったいないかなぁと。
リビッツの特殊装備もおなじような感じで、すべていつでも装備変更可能なのですが、プレイヤーが装備アイテムを考えて進めるものではありませんでした。
つまり、基本的にステージは特定のキャラクターやアイテムを使用して進めるように作られているので、「全部揃ったらもう一度ちがうキャラクターなどを使いながらアイテムコンプしてね!」という感じでプレイする感じになります。

ただ、マルチプレイの場合は役割分担を明確にして遊べるので、操作が苦手な人には「パタチュン」、上手な人には「ピョコン」──みたいにアクションゲームの得手不得手に合わせてキャラクターを選べるとおもいました!

MGSVGZコラボ衣装あり!バグは未遭遇!

コスチュームに関しては、『メタルギア ソリッドV: グラウンド ゼロズ』とのコラボレーション装備がかわいかったです!
リビッツはスネークに、パタチュンはカズに、ドロンはスカルフェイスに、ピョコンはなぜか装甲車にw
装甲車は若干邪魔だなとおもうときがあったのですが、どれも個性的なデザインだったので、MGS好きさんはダウンロードされてもいいかなーとおもいます。
あ、アイテム類については、過去作品のものも引き継ぎがあり、ゲームスタート時に自動的にインストールされていました。

そうそう、バグがあるなどのお話もチラホラ聴きましたが、私は特に発生していません。
ゲーム進行に関わるようなものは修正パッチが出ているとのことでしたので、おおよそ安心してプレイできるかなーとおもいます!

まとめ

豊富なアクション要素はあるものの、完全には活かしきれていない本作。
ただ、個性的な動きのキャラクターたちが登場するので、アクションゲームが苦手な方にも遊びやすい仕様になっているとおもいます。
お友だちや家族とマルチでちがうキャラクターを使って遊ぶと盛り上がれるかと!

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net