レビュー

【Vita】レイギガント

[star rating=”3.5″]
●公式サイト

本作は、未知の侵略者ギガントと半生命体ヨリガミに共生された人類が戦う3DダンジョンRPGです。
開発は、同ジャンルの『剣の街の異邦人』や『迷宮クロスブラッド インフィニティ』などを製作したエクスペリエンスさんです。
中二病っぽい世界観で、3人の異なる立場にいる主人公のエピソードを順番に追っていくという物語になりまう。

さくっとレビュー!

キャラクター育成から装備品獲得までを1つのツリーで管理するなど斬新なシステムが多数導入された3DダンジョンRPGですが、バランス調整が悪く、1人を集中して強化するとボスまでさくさく倒せてしまう低難易度。
パーティーメンバーが3人いる主人公それぞれ別の2人が固定でおり、彼らは章が終わると永久離脱してしまうので育てがいがありません。。
ただ、ストーリーや会話イベントは多めなので、このジャンル初心者にはプレイしやすいかも。

くわしくレビュー!

斬新なシステムの数々!だが、バランスが悪くて活かし切れず!

3DダンジョンRPGですが、バトルごとにHP回復したりシンボルエンカウントだったり複雑なトラップはないので、初心者に優しい仕様
バトル中は味方も敵もくねくねよく動いていてリアルですが、攻撃時にはエフェクトのみで高速にもできるので、さくさくと戦っていけます!

本作のポイントは、行動ポイントである「AP」
3人パーティーでAPを共有し、これを消費して1人最大5回まで攻撃や防御などの行動を選択できます。
バトルが長引くと、キャラクターがヨリガミに寄生されてしまい、行動選択の際にHPが消費される「強制寄生」もあり。
APは次のバトルに持ち越しされるので、いかに省エネで戦うかが重要かなと。

さらに、バトル中の行動によって体重が増減して、ステータスに影響する「体重」システムは、増加で物理攻撃力・防御力が上昇、減少で命中率と回避率が上昇。
経験値という概念もなく、バトル終了後に獲得したアイテムを後述のツリーに振り分けて、ステータス上昇や装備品を獲得します。

……というような斬新なシステムがあるのですが、獲得したアイテムを主人公に振り分けて、残り2人はAPを回復するための待機要員にすれば、ボス戦もさっくり勝ててしまうバランスの悪さw
せっかく色々システムあるのに、活かしきれていない感じでした。

必殺技発動時は、謎のリズムアクションゲームが発動!w

ポイントをためて発動できる必殺技「スラッシュビートモード」は、アニメーションムービーとともに突然リズムアクションゲームがはじまる謎仕様。
コンボをつなぐと敵に大ダメージを与えられますが爽快感がまるでないため、作業というか、どうして唐突に音ゲーになるのか戸惑うこと請け合いw
ムービーも飛ばせないので、何度も見るのはわずらわしいかなーとおもいます。

ステータス上昇から装備品獲得までこなす「エボルブツリー」システム

キャラクターのレベルアップや新しいスキル、装備品入手をまとめて管理するのが「エボルブツリー」というシステム。
バトルや宝箱から入手したアイテムを使用して、ステータスを上昇させたり、バトルで使うスキルを獲得できます。
さらに、装備品もツリー獲得するので、ショップは存在しません。
特定の装備のレベルを上げてランダム入手するので、3DダンジョンRPGおなじみのハクスラ要素は薄いかなと。

3つの異なる視点から描かれる迫力の巨大ボスモンスター戦!

巨大なボスモンスターとの戦いでは、パーティーメンバーが近距離・中距離・遠距離に分かれ、それぞれの視点で戦う演出がなされます。
同じ敵を異なる距離から視認して戦ので、臨場感があってとてもかっこいい!

そうそう、キャラクターのグラフィックについては、立ち絵が全体的に血色が悪いw
3人の主人公それぞれに異なるアニメーション・主題歌によるオープニング映像があったりするのもすごいですね。

まとめ!

新しくておもしろいシステムが導入されているものの、ゲームバランスが悪くて歯ごたえの少ない本作。
ゆえに、バトルが作業になってしまいがちですが、システムそのものや敵味方キャラクターのバトル時の動き、巨大ボス戦の迫力ある演出はよくできています!
同ジャンル初心者やストーリー重視のプレイヤー向きのタイトルですね。

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net