レビュー

【Vita】ネットハイ/体験版

[star rating=”4″]
※本記事は体験版のレビュー記事になります。製品版とはゲーム内容が異なりますのでご注意ください。
●製品版レビュー記事はこちら!

●公式サイト

ネット界隈のテイストをふんだんに盛り込み、リア充の嘘を暴いていく討論バトルアドベンチャーゲーム。
開発はマーベラスさんです。
政府公認SNSのフォロワー数に応じて、社会的地位(リア充ランキング)が決定されるようになってしまった超充実格差社会が舞台。
ド底辺である非リア充である主人公は、ひょんなことから手に入れたAIとともに、世に蔓延るリア充たちと生放送の討論バトルを繰り広げることになります。

体験版ではプロローグをクリア後、「世界観説明パート」「調査パート」「爆発炎上バトルパート(ENJバトルパート)」からシナリオを選択可能。
全部プレイすると、本作のオリジナル要素をひととおり楽しめる作りでした。
ちなみに基本的なゲームの流れは、「リア充と出会い→調査パートで情報収集→ENJバトルパートで討論バトル→ご褒美パートで女の子とリア充体験」という感じで進みます。

さくっとレビュー!

とにかく会話全体がネット用語やSNSっぽいテンションのオンパレードなので、かなり人を選ぶ作品です!
ただ、演出は普通のアドベンチャーよりも工夫されており、見応えあり。
討論バトルは『ダンガンロンパ』や『逆転裁判』っぽいですが、だいぶオタクな雰囲気にアレンジされているので結構新鮮でしたw
ボタンのリアクションがちょっと悪い気がする点も、一応記載しておきますね。

くわしくレビュー!

ネットスラングが多様される独特のテンションと多彩な演出!

会話がネットスラングやネット界隈で定番っぽいやりとりで構成されているため、とにかくすべてがネタっぽいw
ENJバトル中にニコニコ動画みたいにコメントが流れたり、SNSに燃料投下ツイートを投稿したりなど、インターネットを意識したシステムも多数導入されています。
ゆえに、こうしたインターネット独特のテンションが苦手な人には結構厳しいゲームかなと。
一方、コメディ調のライトノベルが好きな人や、SNSやニコニコ動画を頻繁に利用している人などハマりそうな雰囲気が出ています。

基本的にはアドベンチャーゲームなので、立ち絵が表示され会話イベントによって進行していきますが、カットインや擬音語、爆発など演出が多彩にあるのでとても賑やかでこだわりが感じされました。
リア充体験イベントはライブ2Dなので、キャラクターがよく動いていて◎
メインイベントシーンはフルボイス、その他のシーンはパートボイスですが、かなりボイスはあった印象です。
あと、オープニングもとてもおしゃれでクオリティが高く、新作アニメかとおもいましたw
個人的には、若干ボタンのリアクションが悪く、演出も多いので少しもったりしたプレイのテンポになっていると感じました(´・ω・`)

「調査パート」では、SNSのやストーキングを駆使してリア充の炎上ネタを見つけ出せ!

「調査パート」では、ライバルであるリア充のツイイッター(政府公認SNS)で炎上ネタを探し、リアルの街で情報を集め、ENJバトルで使えるゴシップを探していく、探偵のようなストーカーのようなパートです。
ゴシップは街での会話や調査で見つかり、見つけたゴシップはツイイッターに投稿することでさらなるゴシップに変化したりすることも。
また、「ライフログ」という生活反応のログをかき分けてゴシップネタを探したりと、基本的には場所を調べるアドベンチャー形式ですが、単なる移動と調査場所の選択だけではないアクションがあるので楽しかったです。
ただ、主人公があまりにもネガティブキャラすぎるので、メガネでテンションが上がっていないときはややテンポが悪くてイライラすることもw

「ENJバトル」相手の発言の穴を見つけ、全力で揚げ足を取れ!

本作のメインである「ENJバトルパート」は、自分がいかにリア充かアピールし合う生放送の討論バトルです。
相手の発言から余計な一言を探し出し、突っ込んで炎上させ、フォロワーを減らし自分のフォロワーを増やしてテンションを上げ、トドメとなるネットハイにたどり着く──というルール。
身も蓋もない言い方をすると、相手のアピールを「煽る」で妨害、発言に「噛み付いて」揚げ足をとり、ソースを出せと言われたら「ゴシップ(証拠品)」を出して黙らせる──ということですw
『ダンガンロンパ』や『逆転裁判』と似たような感じですが、もっとネタが飛び交う感じです。

上記に加え、フレーズを選択する「民意先導スピーチ」でさらに状況を有利にしたり、好意的なコメントをタッチしてゲージを溜めたり、文字を選んで相手を追い詰める「タイムオブエクスプロージョン」など、ツッコミだけじゃないアクションもあり。
会話自体が賑やかに行われるのでかなり派手な討論バトルとなり、見た目も操作も楽しいかなとおもいます。

まとめ!

インターネットやSNS独特のテンションが楽しめる討論バトルアドベンチャーゲーム。
とてもクセの強い作品なので人を選ぶとおもいますが、会話シーンの演出や各種システムにはこだわりが見られるので見た目以上にしっかりと作れているとおもいます。
なお、本体験版は製品版にデータを引き継げますので、ちょっと気になっている方はぜひダウンロードしてプレイしてみてくださいね。

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net