【コラム】2018年7月発売、プレイ予定のタイトル7本!

Posted in コラム by - 8月 11, 2018
【コラム】2018年7月発売、プレイ予定のタイトル7本!

みなさん、こんばんは。

昨日からコミケがスタートしましたね!
とにかく今年はめちゃくちゃ暑いので、戦地に赴かれる方はくれぐれもご無理はなさらぬよう……。
(私は暑いの苦手なので通販組ですが、会場限定の冊子とかあるとやっぱり行きたくなりますよね!)

さて、暑さのせいではまったくないのですが、定期的にやってくる月1更新の購入予定リストの記事の掲載忘れのターンになりました。
今回は8月分と合わせて連続掲載することで、うまいこと更新している風になっていればいいかな……なんておもっていますw

それでは、さくっと2018年7月に発売、プレイ予定のタイトル7本を紹介します。



PS4/Vita『ザンキゼロ』

7月5日発売予定/公式サイト
サイコポップな世界観のハイスピード推理アクション『ダンガンロンパ』シリーズのスタッフがおくる、完全新作RPGです。
絶海の南島を舞台に、人類最後の生き残りとなった8人のクローン人間たちが、死と再生を繰り返しながら、人類再興のためにサバイバル生活を送るという物語。
本作では、3Dダンジョンをただ攻略するのではなく、フロア移動時に日数が経過してキャラクターがどんどん歳をとって寿命を迎えます。
年齢は見た目の変化にくわえ、ステータスや持てる荷物の重さ、装備可能なアイテムが変化。
さらに、空腹や便意、ストレスといったパラメータの管理、死亡時の状況によってボーナスがついたり、寄生生物による特殊能力が発動したりと、さまざまな状況を考慮しながら廃墟を探索するのが特徴です。
昨日無事にクリアしまして近日中にレビューを掲載しますが、ダンジョン攻略はやや難易度が高く、シナリオは結構グロデスクな文章描写や展開があってと結構ビックリな作品でしたw




PS4『神獄塔 メアリスケルター2』

7月12日発売予定/公式サイト
血や狂気をコンセプトに、難攻不落の人間収容所からの脱獄を目指すダンジョンRPGのシリーズ2作目です。
ぶっ飛んだ女の子キャラクターを中心とした先が読めないシナリオ、選択が迫られるバトルや育成システムなどはパワーアップ。
前作の不満点だったダンジョンの広さや育成要素の調整、インターフェースを改良し、より遊びやすくなっているとのことです。
さらに、本作には2016年にVitaでリリースされた前作『神獄塔 メアリスケルター』のリメイク版も収録しています。



Switch/3DS『進め!キノピオ隊長』

7月13日発売予定/公式サイト
箱庭のような3Dステージを、キノピオ隊長が冒険するアドベンチャーゲームです。
プレイヤーは仕掛けが詰まった箱庭をくるくると回したり、タッチで地形を動かしながら、お宝を探してゴールを目指します。
ステージは火山やビーチ、お化け屋敷など70種類以上。
Wii U版の移植作となりますが、『スーパーマリオ オデッセイ』のステージが追加で収録されています。
なお、Switch版は2人プレイに対応しており、2Pはカブを撃ったり敵を止めるといったサポートが可能です。
そうそう、本作は両ハードのバージョンとも体験版が配信されているので、ぜひ遊んでみてくださいね。




Switch『オクトパストラベラー』

7月13日発売予定/公式サイト
美しいドット絵調グラフィックで描かれる、レトロながら新しい王道ファンタジーRPGです。
プレイスタイルの異なる8人の主人公たちの物語を自由に読み進めながら、戦略性のあるバトル、ジョブやアビリティなどのRPGとして楽しめる要素がしっかりと盛り込まれています。
グラフィックは「2D-HD」をコンセプトに、ドット絵のレトロな雰囲気に3DCGの画面効果を合わせ、幻想的な世界を作り上げています。
なお、8人の主人公からひとりを選択し、第1章を3時間プレイできる体験版が現在配信中なので、気になった方はぜひダウンロードしてみてください。



PS4/Switch『CLOSED NIGHTMARE』

7月19日発売予定/公式サイト
プレイヤーは記憶を失った女性となり、閉鎖空間を舞台に、外部への脱出方法を探すホラーアドベンチャーゲームです。
最大の特徴は、実写映像を使用した演出で、登場キャラクターはすべて実写、イベントシーンは主人公視点のムービーで進行するため、高い没入感が味わえます。
夏といえばホラーゲームということで購入してみたのですが、よく考えたら怖いの苦手なので、部屋の電気を全力で明るくしてプレイしたいとおもいますw




PS4/Switch『ロックマンX アニバーサリーコレクション1+2』

7月26日発売予定/公式サイト
本作は、『ロックマン』の発売から30周年を記念して、『ロックマンX』シリーズをまるっとひとまとめにした作品です。
収録作品は、『X1』~『X4』が『アニバーサリーコレクション1』、『X5』~『X8』が『アニバーサリーコレクション2』に収められています。
追加要素として、『X1』~『X6』は3種類のフィルターが選択でき、なめらかにしたりブラウン管風にしたりと、好みのプレイスタイルで遊べますよ。
(なお、『X7』と『X8』は高画質になっているとのことです。)
アクションゲーム初心者向けにした「かけだしハンターモード」が実装されており、全作非ダメージ半減、『X4』~『X8』は落下やトゲ即死を回避可能。
また、イラストやBGM・PVが閲覧できる「ミュージアムモード」、歴代ボスと戦う「Xチャレンジ」も追加されています。
私は、『ロックマンX』シリーズをあまりプレイできていないので、本作でまとめて遊べたらよいかなとおもっています。




Vita『Collar×Malice -Unlimited-』

7月26日発売予定/公式サイト
新宿を舞台に、新人警察官の主人公が連続殺人事件を追う、サスペンステイストが強い乙女ゲームのファンディスクです。
本編はとにかくシナリオのクオリティが高く、事件を追う緊張感と合間に見せる控えめな恋愛要素のバランスも素晴らしい傑作でした。
攻略キャラクターそれぞれの個性もしっかりと描かれており、その後が気になるキャラクターもいたため、待望のFDかなとおもいます。
ちなみに、本編は私の乙女ゲーム史上に残る作品だったので、ぜひプレイしていただきたいですね!
●Vita『Collar×Malice』レビュー記事



2018年7月注目のダウンロードゲーム

Switch『スチームワールド ハイスト』:7月12日発売予定/公式サイト
スチームパンクな世界観のターン制シミュレーションRPGです。
プレイヤーは銃を装備していますが、ビリヤードのように弾を跳弾させたり、誘爆などを利用して敵を倒していくという戦い方がおもしろくて購入しました。

Switch『送り犬』:7月12日発売予定/公式サイト
現代を舞台、背筋がほどよくゾワッとする和風ホラーテイストが味わえるノベルゲームです。
物語は選択肢によって分岐し、エンディングは20種類以上。
なお、本作はすでにレビュー記事を掲載しているので、ぜひご覧くださいませ。
●Switch『送り犬』レビュー記事


まとめ!

以上、2018年7月に発売、プレイ予定のタイトル7本を紹介しました。
7月は新旧・移植作とおもしろいタイトルがそろっており、ジャンルもバラバラでいい1ヶ月だとおもいます。

さて、私が注目しているタイトルは、Switch『オクトパストラベラー』
古き良き王道RPGのテイストはそのままに、グラフィックや遊びやすさを進化させ、多くのユーザーの方からとても良い評判ですよね。
まだ未プレイなので、この夏じっくり楽しみたいなとおもっています。

それでは、また次回。

The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net