コラム

2018年12月発売、プレイ予定のタイトル7本

みなさん、こんばんは。

2018年最後の月のゲーム紹介記事ですが、2019年1月にアップしましたすみません。

さて、みなさん2018年はどのような1年だったでしょうか。
私は、とにかく楽しい1年でした。
……まぁ、毎年楽しい1年なのですが、2018年はPS4市場の成熟とSwitchの盛り上がりにより、AAAタイトルからインディゲームまで、いろいろなジャンルのゲームがプレイできたのがうれしかったですね。
特に、これまでPCでのみリリースされていたキラリと光るインディゲームがCS機に移植されたのは大きな出来事でした。
まだまだ移植して欲しいタイトルはたくさんあるのですが、とりあえず墓守りになる汚い牧場物語『Graveyard Keeper』と、ひたすら入国審査をする『Papers,Please』がプレイしたいです。

それでは、2018年12月に発売、プレイ予定のタイトル7本を紹介します。

2018年12月に発売、プレイ予定のタイトル

Switch『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』

12月7日発売予定/公式サイト
相手をふっ飛ばして戦う対戦アクション『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズ、待望の最新作です。
今回の目玉は、なんといっても「全員参戦!」
初代からWiiU/3DS版までに登場したプレイアブルキャラクター、74体が全員登場します。
ステージ数も新作をくわえて103種類とシリーズ最多。
さらに、新要素として思念体となったキャラクターたちを装備・育成して戦う「スピリッツ」と、彼らを集めるソロプレイモード「灯火の火」が収録されています。
さまざまな対戦ルールやオンライン対戦とあわせて、果てしなく遊んでいられるシリーズの決定版で、とりあえず一家に1本用意しておくことをおすすめしますw

created by Rinker
任天堂
¥5,850
(2019/02/23 11:16:31時点 Amazon調べ-詳細)


PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』

12月13日発売予定/公式サイト
龍が如くスタジオがおくる完全新作、木村拓哉さん主演のリーガルサスペンスアクションゲームです。
弁護士である八神(キムタク)は、ある事件においてすべてを失い、神室町で細々と探偵業を営むことになります。
そして、神室町で起こる眼球くり抜き殺人事件に巻き込まれ、次第に過去の事件ともつながっていくという物語です。
『龍が如く』シリーズの箱庭アドベンチャーをベースに、尾行・鍵開け・推理といった探偵ならではのアクションが追加されています。
私はちょっと前にクリアをしたのですが、龍シリーズよりも手軽に遊べる一方、ハードな展開が続くシリアスなドラマと、いつでもコミカルな雰囲気を持っているキャラクターという独自色がしっかりとあり、とても楽しくプレイできました!
龍シリーズのファンだけでなく、これまでプレイしてこなかった方にもおすすめの作品です(レビューは後日改めて!)。

created by Rinker
セガゲームス
¥6,028
(2019/02/23 11:16:32時点 Amazon調べ-詳細)

PS4/Switch『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』

12月13日発売予定/公式サイト
ハードボイルドな探偵が活躍するアドベンチャー『探偵神宮寺三郎』シリーズの最新作で、今回の物語は神宮寺の少年時代を描きます。
ニューヨークで殺された祖父の遺品と思い出の整理のためにニューヨークへ降り立った神宮寺は、祖父が死の直前まで「ダイダロス」という言葉について調べていたことを知り、自身もそれを追うというストーリー。
周囲360度を見渡せる探索、思考を視覚化して推理する「思考の樹」という新システムが搭載されています。
意欲的な作品ではあるのですが、どうやら分岐があるのにオートセーブらしく、アドベンチャーゲームとしてはイマイチな作りな予感がしています……。。

created by Rinker
アークシステムワークス
¥2,627
(2019/02/23 11:16:32時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
アークシステムワークス
¥2,760
(2019/02/23 15:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

PS4『GOD EATER 3』

12月13日発売予定/公式サイト
打撃と射撃を即座に切り替えて繰り出すハイスピードなアクションと、重たい世界観とストーリーが魅力のドラマチック討伐アクション『GOD EATER』シリーズの最新作です。
ゴッドイーターたちを捕喰する新たな脅威「灰域種」を相手に、使い捨てのように扱われる絶望的な状況で戦う主人公たち「AGE」の活躍が描かれます。
新要素としては、二刀流の神機・斧に変化する円月状の神機・照射し続けることで威力が上がる銃身など、バトルスタイルの幅が広がるパーツが追加されています。
アクションでは、移動攻撃「ダイブ」、地上・空中・ステップから必殺技に進化する「バーストアーツ」、仲間とバフ効果を共有する「エンゲージ」などが増えました。
開発会社さんが、シフトさんからマーベラスさんに変わり、操作感なども変化しているようですが、前作までがどんな感じだったかすっかり忘れているので、新鮮な気分でプレイしたいと思いますw

created by Rinker
バンダイナムコエンターテインメント
¥4,200
(2019/02/23 15:05:43時点 Amazon調べ-詳細)

PS4/Switch『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』

12月20日発売予定/公式サイト
アクションRPGにサンドボックスゲームのクラフト要素が合わさった、ブロックメイクRPGの2作目です。
『ドラゴンクエスト』の世界観を舞台に、フィールドから採取した素材や加工したアイテムを使って町や施設を作り、モンスターを撃破していきます。
新たな要素として、待望のマルチプレイ(最大4人)が対応になりました!
PS4版はオンライン、Switch版はオンラインとローカルマルチプレイに対応していますが、ストーリーは一緒に進められないので注意してください。
リリース直後は進行不能バグなどがありましたが、アップデートで現在は快適な環境になりました。
なお、両ハードでは体験版も配信されていますので、気になっている方はぜひプレイしてみてくださいね!

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥5,880
(2019/02/23 11:16:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥7,200
(2019/02/23 11:16:33時点 Amazon調べ-詳細)

PS4/Vita『Rainbow Skies』

12月20日発売予定/公式サイト
ドイツのスタジオが開発した、王道ファンタジーテイストのシミュレーションRPGです。
バトルはランダムエンカウントのターン制で、スキル・パラメータをカスタマイズして敵を倒していきます。
また、サイドクエスト、モンスター育成、武器カスタマイズ、釣り、トレジャーハントなどのやりこみ要素もあるので、しっかりと遊べるボリュームが期待できます。
全体的にJRPGっぽい雰囲気なので、とっつきやすさがある作品ですね。

created by Rinker
日本一ソフトウェア
¥2,627
(2019/02/23 11:16:33時点 Amazon調べ-詳細)

PS4/Switch『バトルプリンセス マデリーン』

12月20日発売予定/公式サイト
愛娘のためにパパが作った、2Dドット絵で描かれたレトロアーケードゲームスタイルのアクションアドベンチャーゲームです。
ゲームモードは、住民から頼まれたクエストをこなして冒険をするストーリーモードと、ハイスコア獲得を目指すアーケードモードがあります。
アクション操作はシンプルで、短剣・槍・斧といった武器を投げつけて敵を倒していきます。
ボス戦やフィールドの仕掛けにはしっかり歯ごたえがあり、アクションゲームとしても楽しめそうです。
丁寧な手描きのピクセルアートと、新作でありながら懐かしいレトロなテイストがいい感じですね。

created by Rinker
3goo
¥2,360
(2019/02/23 15:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
3goo
¥3,250
(2019/02/23 15:05:44時点 Amazon調べ-詳細)

さいごに

以上、2018年12月に発売、プレイ予定のタイトル7本を紹介しました。

注目作品は、『JUDGE EYES:死神の遺言』
もうクリアしているので注目というよりおすすめな作品ですが、『龍が如く』シリーズのシステムをベースにしつつ、魅力的で新しいキャラクターとしっかりサスペンスしていた点が高評価となりました。
また、木村拓哉さんの持つイメージを逆手に取ったコミカルなシーンも見どころですよ。

それでは、また次回。

ABOUT ME
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net