イベントレポート

「メタルギア 25th アニバーサリーパーティー」のレポート!

今回は先日ご招待いただいた、「メタルギア25周年アニバーサリーパーティー」のレポートを遅ればせながらさくっとやらせていただきますね♪
というわけで、早速本題へ!

パーティーは2部構成。
1部では新作発表や25周年記念商品の紹介、2部はパーティーでした。
ここでは主に1部のお話をさせていただきます……2部はなんか幸せすぎて言葉にならないのでww

で、発表されたものをざっくりご紹介すると――

・ハリウッドで実写映画化
→プロデューサーさんは「スパーダーマン」とかのアヴィ・アラッドさん)

・ソーシャルゲーム「メタルギア ソリッド ソーシャルオプス」
→GREEさんで提供されるそうです。

・PS3/Xbox「メタルギア ライジング リベンジェンス」の最新情報
→発売日は2013年2月21日です。(既出情報)

・おそらく最新作「METAL GEAR SOLID GROUND ZEROES(メタルギアソリッド グラウンドゼロ)」のデモ
→コジプロ開発のゲームエンジン「FOX ENGINE」によって作られています。

で、このブログはゲームブログなので、下の3つのお話をさせていただきますね☆

まず、ソーシャルゲーム「メタルギア ソリッド ソーシャルオプス」。
ゲームは、3Dグラフィックで楽しめるスマートフォンのタイトルになります。
内容としては、歴代メタルギアシリーズのストーリーを体験するものと、スネークになって部隊の仲間を集めマザーベースを拡大しながら敵を倒す――という「ピースウォーカー」的な遊びができるということです。

前者のシリーズ追体験についてはどんな感じなのはわかりませんが、シリーズの名場面のムービーは流れていたので……ボタン押したりするのかなぁ……??
後者については、仲間カードを集めて各種でかいボスと戦う感じです。
まぁ所謂みんなで戦うソーシャルゲームの遊び方にメタルギアを当てはめて、重厚なストーリーの一端を楽しめる要素を加えたという感じでしょうか。

正直コナミさんなのでいつかはやるかなーとおもっていたので、そんなにビックリはしませんでした^^;
ただ、個人的には「ピースウォーカー」が大好きだったので、その続編的な位置づけとしてソーシャル化されたのは少しガッカリでした(×д×`;)
「ピースウォーカー2」出してほしいなー!

次に、PS3/Xbox「メタルギア ライジング リベンジェンス」についてですが、今回はE3やgamescomで出展されていた試遊版をデモプレイしていただけました。
実は私、本作についてはほとんどノー知識で参加していたので、このデモがほぼ初見でした……勉強不足ですみません^^;

デモでは、両腕をブレードに改造されちゃった「メタルギアレイ」とのバトルシーンがメインでした。
レイの上を走りながらのざっくりざっくりちょん斬ったり、建物の壁面を垂直に滑り降りてレイに突撃する――といった、「ベヨネッタ」の雷電版みたいなアクションが見受けられました。
すんごい迫力だったのですが、「ベヨネッタ」や「ゴッドオブウォー」を見慣れている方には「あープラチナゲームズさんっぽいわーw」という印象かなとw

ただ、「斬る」というアクションについては、爽快感と同時に「重さ」を感じられるようになっている演出が目立ちました。
鍔迫り合いをはじめ、敵の刃を受けるといったアクションができるのはいいですねー!
刀を使ったアクションゲームでぶった斬る爽快感が味わえたものは多々ありましたが、敵を攻撃を受けて→反撃に持ち込むといった殺陣アクションができるゲームはそう無いかなとおもいます。

あ、それからちょん斬ると断面がバッチリ見えますw
血みたいなのも結構がっつり出ますw
ですが、ちょん斬れた後の物体がわりとすぐに消滅するので、そんなにグロさはないかなーと……(´・ω・`)
(「NINJA GAIDEN」だったかな?ちょん斬った首とかがそこいらにぽいぽいされいてるのには、ちょとビビったのでww)

TGSではプレアブル出展がされ、ボス戦が体験できるということですので、気になっている方はぜひプレイされてみてくださいね☆
私も絶対遊びたいタイトルの1つですヽ(>∀<*)ノ

そして最後に、大注目の「METAL GEAR SOLID GROUND ZEROES(メタルギアソリッド グラウンドゼロ)」!
これは正直ヤバイです( ゚д゚)
久しぶりに本気で圧倒されました!!

デモでは、帽子をかぶった謎のハゲおっさん(顔にひどい火傷跡があって怖かった!)が、雨の降る捕虜が捕まっているキャンプみたいなところを訪れ、イケメンの少年にカセットテープを手渡して帰るシーン。
そして我らが「ソリッド・スネーク」が「待たせたな!」の掛け声とともに登場するシーン。
最後にキャンプ内をうようよ動くデモプレイが公開されました。
(デモでは他にも、オタコンの声やパス・チコというワードが出ていましたー。)

前2つのデモシーンについては驚愕の美しさで、「あーこれ人間だわ―」ってなること請け合いですw
まぁでも最近のゲームでは人間と見まごうようなグラフィックは当たり前になりつつあるので、ここは割愛。
大事なのはデモプレイの方です。

本作(といっていいのかな?)は、オープンワールドになっています。
とはいっても、「オブリビオン」とかみたいにがっつり世界がびろーんとつながっているというイメージというよりは、フィールドがシームレスにつながっているというイメージでしょうか。
これまでのメタルギアでは、マップ内でエリア移動や建物内に入る際にロードが入りましたが、それがなくなった感じです。
(ただ、小島監督はこれらのフィールドが全部つながっている的な発言をしていたような気もしますので、実際は世界がびろーんとつながっているのかもしれませんw)

このシームレスフィールドの実現は、ステルスアクションに革命的な新しい遊びを生み出しました。
それが、「自分でルートを考える」ということです。
これまでのシリーズは、どちらかというとパズル的な遊び方が主体でした。
「こことそこに敵がいてああやって動いているから、あの壁に隠れながら進もう」――みたいな感じです。

ですが、本作ではそれらすべてのオブジェクト(敵を含む)が、自由に利用できるようになりました。
つまり、文字通り「プレイヤーの好き勝手に侵入していい」ということなのです。

敵を倒してもおっけー♪
敵のサーチライトから避けてもおっけー♪
そもそもサーチライトの右側から行っても左側から行ってもおっけー♪
さらにデモでは、ジープみたいな車を運転してキャンプ内を移動するといった暴挙にもww
いや、装甲車めっちゃ走ってるからwwうまく運転しないとソッコーで見つかるからww

さらに画期的なのが、発煙筒を焚いて救援ヘリが呼ること!
このヘリには支援攻撃をさせたり、うっかり敵のど真ん中で呼ぶと敵のランチャーに狙撃されたり、自分で乗って戦線を離脱することが可能なのです。

……ん?気づきました?
そうなのです。
「戦線を離脱」することができるのです。

小島監督曰く「その戦場で戦っていてもおっけーだし、その戦場を放置プレイして他のところに行ってもいいし、その戦場から徒歩で別の戦場に行ってもいいし……」とのこと。
そうですね……イメージとしては「ピースウォーカー」で採用されたミッション制を、よりフレキシブルにより自由に楽しめるようになったという感じでしょうか。
これまで1本道ストーリーだったメタルギアシリーズには、画期的なシステムです。

で、このあたりでまとめておきますと、私が本作に感じたのは「進化したステルスアクションゲーム」であるということです。
戦場も武器も侵入ルートも、すべてが自分の意志によって選択し進んでいくとこができるのです。

それって本当にすごいことですよね!
だってなんでもやりたい放題なんですよ!w
これまではスネークの戦いを観ていたプレイヤーが、スネークと一体となって考え、動き、戦えるみたいなもんですヽ(>∀<*)ノ

どうやって戦うか……想像しただけでひたすらわくわくしちゃって、発売が本当に待ち遠しいです!
発売日に関して、小島監督は「そんなに長くはお待たせしません」とおっしゃっていましたし、公開されたデモも技術デモではなくゲームのデモということでしたので、きっと近々大きな発表があるのではと期待しています☆

2部は生演奏があったり、小島監督や大塚明夫さんをはじめとするメタルギアシリーズの声優さんとご挨拶させていただいたり――と、とにかく幸せなひとときを過ごすことができました☆
特に大塚さんはずーっとファンだったので、お会いしたときおもわず涙が……(´;ω;`)
これまで生きてきて本当によかったです!w

というわけで、長文になってしまってすみませんでした。
ただ、少しでも私が感じたわくわく感やドキドキ感をお伝えできていたなら、幸いです。
さぁ!みなさんもごいっしょに!コジプロが見せる未来に、大いに期待して待っていましょうヽ(>∀<*)ノ

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net