レビュー

【Vita】Dokuro/体験版

※本記事は体験版のレビュー記事になります。製品版とはゲーム内容が異なりますのでご注意ください。
●製品版レビュー記事はこちら!

●公式サイト

本作はVita「ラグナロク オデッセイ」でおなじみのガンホーさんの新作で、ドクロくんが主人公の横スクロールアクションゲームです☆
「LIMBO」や「Escape Plan」などと似ている、ちょとダークな世界観のタイトルですが、両タイトルであったそこはかとないグロさはなく、画面全体は黒っぽいですがほっこりできるゲームかなとおもいます^^
なので、「パッと見暗そうだからなぁ」と敬遠されている方は、盛大にUターンされてくださいねっヽ(>∀<*)ノ

で、ゲーム内容ですが、プレイヤーは小さなドクロくんを操作して、お姫さまをお城から脱出させるのが目的です。
このお姫さまはとってもか弱くてかわいいので、段差も登れなければ敵とも戦えませんw
そのため小さなドクロくんは、あの手この手で障害を取り除き、お姫さまがまっすぐ歩いていけるように工夫してあげます☆
ドクロくんはお姫さまから見えませんし、敵にダメージも与えられませんが、2段ジャンプができて機敏に動くことができます!

また、ドクロくんは途中でイケメンの王子さまに変身できるようになりますヽ(*`Д´)ノ
イケメンになると、敵が倒せるようになるほか、お姫さまを抱っこできるように!
これで小さな段差は下れるようになります☆
(お姫さまの重量がそこそこあるので、上りはできませんw)
なのでプレイヤーは、ドクロくんとイケメンを状況に応じて切り替えながら進めていくことになります。

ステージ上のギミックは、箱を移動させたり風車みたいなタレットといった基本的なもの。
Vitaの画面をドラッグして使えるチョークで紐を描いたり、同じように導線を引いて大砲でお姫さまをふっ飛ばしたりするなど、一工夫あるものまで様々☆
ただ、どれもオーソドックスなギミックなので、アクションゲームを遊んだことがある方ならすんなり入っていけるかなとおもいます^^
高度なジャンプアクションやバトルなどが要求されず、パズル要素の強いタイトルなので、アクションゲームがあまり得意ではない方でも遊びやすいかなとc(*゚ー^)ノ

ゲームは、1エリア1~3分ぐらいの長さで、1ステージ10エリアの構成になっています。
体験版は、店頭配布のチケットでは1~3ステージの30エリアがプレイ可能!
(このチケットは6月9日から再配布されるそうですので、お近くのお店をチェックしてみてくださいねー!)

PSストアでも、1エリアづつ3週にわたって配信の予定となっています☆
セーブデータは製品版に引き継ぎができますので、購入予定の方はひと足お先に遊んでおきたいですねっヽ(>∀<*)ノ

で、3ステージ遊んでみた感想ですが、序盤はチュートリアルのような簡単なギミックが多かったのですが、中盤以降ちょと頭をひねるものも増えてきて、さくっと遊べる中にもしっかりやりごたえがありました☆
さくっと遊べるゲームとしてはVita「墨鬼」もありますが、あれよりもずっとさっくり&ずっとアクション要素は弱めです。
一方でパズル要素が強いので、とにかくどうやってお姫さまをまっすぐ走行させるかがんばって考えちゃう感じですw
このお姫さまがまたひ弱&かわいいっ\(*^▽^*)/
THE守りたくなるタイプという感じで、私は大好きでしたっ☆

また、全体的なグラフィックがチョークで描いたようなかわいい感じで、イベントシーンも絵本のような雰囲気でよかったです!
「moon」とか「ボクと魔王」 を思い出しちゃいましたーっ!!
敵キャラクターもどことなくコミカルなデザインなので、あんまり怖くなくて安心しちゃいました!w
ドクロくんはラストでお姫さまに振り向いてもらえるのかなぁ……がんばってほしいなー(*’-‘)

というわけで、遊んでみておもしろさを実感した本作!
正直ふつうのアクションゲームかなーとおもっていたのですが、パズル要素が強いのとキャラクターがかわいいのとでかなり好感度がアップしました☆
買おうか迷っていたのですが、ドクロくんがこの先どうなるのか気になっちゃうので買っちゃいますっww

Dokuro Dokuro
PlayStation Vita

ガンホー・オンライン・エンターテイメント
売り上げランキング : 1096

Amazonで詳しく見る

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net