レビュー

【3DS】ファイアーエムブレム 覚醒

[star rating=”5″]
●公式サイト

本作は、任天堂さんが発売されている人気ファンタジーシミュレーションRPGシリーズ「ファイアーエムブレム」の最新作です!
過去シリーズで評価の高かったシステムを多数収録しており、まさに決定版という感じで非常に完成度の高い作品になっているかとおもいます。
私は過去シリーズは1つも遊んでいないので、純粋に今作だけの感想となります。あしからず。

オーソドックスで誰でも遊びやすいシミュレーションRPGのまさに定番!

本作は、オーソドックスな定番シミュレーションRPGとして丁寧に作られており、とにかく遊びやすく夢中になれるおもしろさがありました。
味方キャラクターが死んでもいなくならないカジュアルモード、ゲームの難易度は3段階調整可能、いくらでも育成できるフリーマップシステム--こうした初心者に親切なシステムが多いのも特徴。
私はシミュレーションゲームはあまり得意ではないジャンルなのですが、プレイしているうちに慣れてくる感覚があり、学習して徐々に上手に戦えるようになっていたので、シミュレーションRPG未経験の方でも十分お楽しみいただけるとおもいます。

マップは単調だが、キャラクター同士の連携システムが戦略性を生んでいる

バトルシステムについてですが、味方キャラクターを駒のようにフィールドを動かして敵を倒していく、シミュレーションRPGとしてはとてもベーシックな作りです。
このジャンルは序盤からいろいろと覚えることが多くて混乱してしまうことが多々ありますが、本作はバトルのルールが分かりやすいです。
必要なのは、2つのユニットをいっしょに動かすダブルや隣同士のユニットが共闘するデュアルといった仲間と協力するシステムのみ。
職業や武器同士の相性などはありますが、他の作品に比べて覚えることがとても少なく、プレイしやすいとおもいます。

とはいえ、ダブルやデュアルといったシステムによって、バトルの戦略性はしっかりと保たれています。
戦いに出すキャラクターの組み合わせ、どんな職業につけるか、誰と誰をいっしょに戦わせるか--考えることはバトル内外でつきません。
また、仲間と共闘することで仲が深まり、異性の場合は恋愛から結婚へと発展していきます。
これはもちろんマイユニット(自分の分身キャラクター)でも同様なので、ついつい仲良くさせたいキャラクター同士をいっしょに使ってしまい、うっかり大ピンチに陥ることもありましたw
仲が良くなることでプレイヤーのキャラクターへの愛着もわきますし、単なる戦術の一部のみならずドラマが生まれるとおもいました。

気になる点は、マップのギミックが少ないこと。
トラップや仕掛けがあまりないので、キャラクターの配置による戦略性に特化しているともいえます。
(この辺りはゲームの難易度調整で変更可能かとおもいます。)

物語はムービーもあって充実しており、マイユニットもちゃんと絡む!

ムービーは、3Dとアニメの中間のようなグラフィックで、表情が淡白な気もしますが基本的にはとてもキレイです。
それから、自分でカスタマイズできるマイユニットが、お話にしっかり絡んでくるのもいいですね!
自分でカスタマイズできるキャラクターは、ストーリーに関わらない作品も多いのですが、今作では物語の中心人物としてほかのNPCと遜色無く活躍しています。
ただ、顔や髪型、ボイスのバリエーションが少ないのは少し残念ではありました。

ボイスについては、ムービー以外はフルボイスではありません。
戦闘中もそんなにしゃべるわけではないのですが、ボイスがあることでキャラクターの個性をより感じることができて良かったとおもいます。
そうそう、ロードはほとんどないので非常に快適に遊ぶことができたことも、お伝えしておきますね。

まとめ

ゲームシステムの遊びやすさ、親しみやすいキャラクター、初心者から上級者まで選べる難易度──と、誰でも楽しめる作品である本作。
シミュレーションRPGをこれまで遊んでこなかったユーザーにも触れやすい内容となっているので、これをキッカケにプレイされるとよいかなとおもいます。

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net