レビュー

【PSP】サモンナイト5

[star rating=”1.5″]
●公式サイト

本作は、ほのぼのかわいい絵とオリジナリティーのある戦略バトルが人気のシミュレーションRPGシリーズ最新作です。
開発はバンダイナムコゲームスさんです。
4から実に6年ぶりとなったタイトルで、過去シリーズとは歴史的な開きやシステムにちがいあるものの、登場人物などの繋がりはやや強め。

さくっとレビュー!

シリーズ作品としては、最もゲームバランスが悪くストーリーが浅くて短いタイトルでした。
特にバトルに関しては制限が多いわりに難易度が高く、ザコが無限に湧いてくる設定にはとても困りました。
ただ、キャラクターのイラストとBGMはクオリティが高かったです。

くわしくレビュー!

戦略性に欠けるフィールドと敵が無限湧きして長くなるバトル……

バトルに関して、最大の変化は3D化ではなくシステムの変更でした。
まず、バトルフィールドには高低差や障害物がないため、シミュレーションRPGらしい地形を利用した戦略が立てることができません。
使い回しが多いところもマイナスポイントですね。

さらに中盤以降になると、勝利するまで敵が無限に出現するという仕様で、必要以上の1回の戦闘が長くなる傾向がありました。
最大出撃数が8人から5人に減ってしまったのも、バトルを長くしている要因かなと。
また、敵のAIは賢いので、特定のキャラクターが集中砲火を受けて死んでしまったりするバランスの悪さも目立ちます。
ゲームの難易度は「EASY」と「NORMAL」から選択可能できるので、シミュレーションRPG初心者の方はぜひEASYにしないと苦労するとおもいます。
召喚獣・召喚魔法の数が減ったり、武器は各キャラ固定で素材で強化、防具がなくなるなど全体的にシステムが制限されているのも気になりました。

ボリューム不足で単調なストーリー

ストーリーは過去シリーズから数百年後ということで、人間とその他の種族、召喚獣の立場が大きく異なっているため、シリーズファンには違和感があるかなとおもいます。
ただ、それらの関係性についてあまり丁寧に描かれていなく、中盤以降の展開の繰り返しや終盤の盛り上がりもないので、淡々と進む印象がありました。
シナリオの話数もシリーズでは最も少なく、ミニゲームも釣りしかないのでボリューム不足も否めません。

キャラクターについては、主人公の行動や言動に理解できないこともしばしば。
それぞれが交流するシーンも少ないので、深掘りもあまりされていないのももったいない感じがしました。

かわいらしく動くキャラクターとクオリティの高いBGM

アドベンチャーパートは、Live2Dが採用されており、2Dイラストの雰囲気はそのままにキャラクターがかわいらしく動いてよかったです。
(若干動き過ぎなところもありましたが、私は好きでしたw)
ただ、仲間との大事なコミュニケーションの場である夜会話がとてもあっさりしており残念。
本シリーズの人気要素の1つであったのに、会話の選択肢が少なくなるなど完全にサブイベントと化しており、せっかくのキャラクターをあまり生かせていない感じがしました。

BGMファンタジックでかわいい世界観にマッチしており、過去作品のアレンジもあるので◎
敵組織の曲は、ちょっと雰囲気が変わっていておもしろかったです。

まとめ!

サモンナイトの続編としても、シミュレーションRPGとしてもやや問題の多い本作。
ただ、世界観やキャラクターのビジュアルは凝っているので、もう少しボリュームやゲームバランスを整えて欲しかったかなとおもいます。

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net