レビュー

【3DS】妖怪ウォッチ/体験版

※本記事は体験版のレビュー記事になります。製品版とはゲーム内容が異なりますのでご注意ください。

●公式サイト

本作は、「イナヅマイレブン」や「ダンボール戦機」を開発されたレベルファイブさんの最新作!
ある日妖怪が見れる時計を手に入れた主人公の、ちょっと不思議な事件を体験する物語です。

体験版では、パートナーのウィスパーとともに町を探索して、悪い妖怪を3匹見つけるのが目的です。
その間、町のあちこちにいる妖怪たちを探したり、彼らとバトルをしたり、昆虫採取できたりしますー!

で、体験版クリアまで遊んでみた感想ですが……全体的には遊びやすい作りになっているようにおもいました。
ただ、なんとなくどっかで見たような感じの印象がΣ(‘◇’*)
バトルは「二ノ国」、技の演出は「イナヅマイレブン」、画面は「ダンボール戦機」に近いかなとww

ゲームの基本的な流れは、「妖怪ウォッチを使って妖怪を探す⇔タッチペンを使ったバトル」を繰り返しながら進行。
体験版でも10体以上の妖怪たちが登場するので、作品の雰囲気はだいぶ感じ取ることができるかなと。

で、まず大事なのは「妖怪さがし」!
画面に表示されているレーダーが反応した場所の近くで上ボタンを押すと、「ウォッチモード」に切り替わります。
そうしたら、レンズ型のカーソルで妖怪のいそうな場所を探して選択すると……妖怪を発見!!
中には動く妖怪もいるので、タッチペンでカーソルを合わせ続けないといかなかったりもします。
レンズを使わないと妖怪は見えにくいので、宝探しみたいな感じで楽しめるかなと(´-`*)

この「ウォッチモード」では、妖怪だけでなく昆虫も探すことができます。
彼らを選択するとルーレットが出現し、当たりを当てればゲット!
……なのですが、目押しが意外とむずかしくて、何度か逃げられましたw脆弱ww

バトルは基本オートで進行します。
主な操作は、画面のルーレットを回して戦いに出しておきたい3匹の妖怪を選択。(技使用中以外はバトル中いつでも回せます。)
あとは妖怪たちが勝手に戦ってくれるのですが、充電がたまると「技」を使用することができます。
これは妖怪を選択して、タッチペンによるアクションを行うことで発動します。
例えば、タッチペンでをぐるぐるなぞったり、マーカーをタッチしたり、「二ノ国」の魔法を使う要領で指定された画像をなぞる……などなど。
敵の妖怪にとりつかれるとおはらいをしないといけなかったりもするので、結構バタバタと忙しいので、最初はのんびりと技のモーションを見ている余裕はありませんでした(ノ∀`)

タッチペンでの操作は煩わしいかなとおもったのですが、体験版レベルではそこまででもなく。
ただ、繰り返してバトルをしていると、少し面倒になるかもしれないとは感じました^^;
まぁ個人的には、虫探しのルーレットがうまくできなくてむぅとなっていたのですがww

気になったのは、ダッシュに制限があること。
アナログパッド+Bボタンでダッシュができるのですが、走っているとスタミナみたいなゲージが減っていき、0になると一定時間のんびり歩きになってしまいます。
マップが少し広めなので、ぐんぐん走れてもよかったのかなーと。

というわけで、妖怪を探す宝探し要素とタッチペンを使ったにぎやかなバトルがポイントの本作。
どことなく既視感がある感じでしたが、気になっていらっしゃる方はぜひぜひ体験版プレイされてみてくださいね☆
あとは、完全版がでないことを祈るばかりですな(ノ∀`)

妖怪ウォッチ 妖怪ウォッチ
Nintendo 3DS

レベルファイブ 2013-07-11
売り上げランキング : 44

Amazonで詳しく見る

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net