レビュー

【PSP】華ヤカ哉、我ガ一族

●公式サイト

本作は大正時代を舞台にした乙女ゲームで、今回紹介している本編以外に2本のファンディスクが発売されている人気シリーズです!
田舎の貧しい家に生まれた主人公。
ある日、父が病気で倒れてしまい、大財閥の宮ノ杜家で使用人として雇われることになります。
宮ノ杜家には、母が異なるクセのある6人の兄弟がおり、仕事に悪銭苦闘しながら次期当主争いに巻き込まれていく――というお話です。

で、数人攻略した感想ですが……お話もキャラクターもよく描かれており、ゲームのボリュームも多くめっちゃおもしろかったですヽ(>∀<*)ノ
控えめな恋愛が好きなので、こーゆー慎ましやかに愛が深まっていくの最高!!w
恋愛以外のシステムもおもしろく、周回プレイへの配慮もされており、繰り返しプレイしたくなる1本かなとおもいます☆

まず、システムについてですが、本作はときメモGSみたいに1週間ごとにお仕事のスケジュールを決めステータスを上げて、数ヶ月に一度ある使用人審査をクリアしないとゲームオーバーになります。
ただ、ステータスの種類はあまり多くなく、仕事による上下もわかりやすいのでシミュレーションゲームがあまり得意ではない方でもだいじょうぶかなとおもいます。

で、週末になると屋敷や銀座を散策してアイテムを探したり、依頼というおつかいイベントをすることもできます。
なお、これらのアイテム回収や依頼は本編にはまったく影響しないので、面倒な方はパスしてもオッケーですw
アイテムは壁紙やおまけのボイスをはじめ、お部屋に飾れたり、組み立てて別のアイテムにしたりするものなど多数あるので、私のようなA型人間はついつい熱心に収集してしまうかなと\(*^▽^*)/

また、周回プレイへの配慮としては、手に入れたアイテム、達成した依頼などが引き継げるほか、イベントをまるまるスキップする機能もあります。
これが非常に便利で、イベントの度に「未読の有無、スチルの有無、選択肢の有無」が表示されるので、お目当ての分岐イベントを見逃す心配もありません(*´∀`*)
乙女ゲームは何人も繰り返し攻略するので、こうした細かな気配りはすごくうれしいですよね☆

そしてなにより、キャラクターの描写がとても丁寧ですばらしかったですヽ(>∀<*)ノ
攻略キャラクターは7名(うち1名は隠しキャラクター)、さらに兄弟たちそれぞれのお母さんや使用人仲間などサブキャラクターたちもたくさん出てくるのですが、それぞれ出番がしっかりあるので非常にキャラクターがたっています!
お母さん6人もいたらさすがに誰が誰だかわからなくなるかとおもいましたが……意外とそうでもなかったw
サブキャラクターもおまけや引き立て役ではなく、それぞれ意志を持って行動している感じがしてとてもよかったです。

肝心の恋愛は、身分ちがいの恋なので進展に時間がかかるキャラクターもいますが、惹かれていく過程や主人公のどんなところが好きなのかという部分が描かれているのが◎
特にひたむきにがんばる主人公の態度や姿勢によって、攻略キャラクターの思考や行動が変わっていくのはしてやったりな感じがして楽しかったです☆
4月から9月までが共通、10月から3月までが個別ルートなのですが、キャラクターごとに異なるストーリーが展開されていくので飽きません!
先の周回プレイへの配慮によって、2周目以降は光の速さで個別ルートに突入できるのでダレないのもいいですね!

というわけで、システムもお話もキャラクターも大満足だった本作!
絵が少し個性的なので敬遠されている方もいらっしゃるとおもいますが、非常によくできている乙女ゲームなのでオススメですヽ(>∀<*)ノ
私も、全員クリアしたらFDいくぞ―っ!!

華ヤカ哉、我ガ一族(通常版) 華ヤカ哉、我ガ一族(通常版)
Sony PSP

アイディアファクトリー
売り上げランキング : 646

Amazonで詳しく見る

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net