レビュー

【Vita】MIND≒0

※本レビューにはネタバレが含まれます!注意してください!

●公式サイト

本作はアクワイアさんが送る、「現実と裏」2つの世界を舞台にしたダークスタイリッシュRPGです!
……まぁ平たくいうと、ペルソナみたいな感じですねc(*゚ー^)ノ
開発は「聖魔導物語」や「剣と魔法と学園モノ。」などを作られたゼロディブさんです。

プレイヤーは、現実世界(アドベンチャーパート)でキャラクターと会話したりお買い物したりしてイベントをこなし、裏世界(ダンジョンパート)で敵と戦いレベルアップをしていきます。
ダンジョンは1人称視点(「世界樹の迷宮」みたいなアレですね!)で、バトルは自分のペルソナ的な存在である「MIND」をどうやって使うか、どのタイミングで使うかなどがポイントとなるターン制コマンド式バトルを行います。

で、多分中盤ぐらいまで遊んでみた感想ですが……可もなく不可もなくという感じでしょうか^^;
ただ、冒頭からいきなり中二病が全力で攻めてくるような感じのゲームなので要注意w
一方で、設定で「ぴーん!」ときた方は多分合うかなとおもいます(´-`*)

ゲーム内容では、バトル・スキル関連が結構おもしろかった一方で、会話パートは立ち絵があんまり動かなくてちょっと物足りない感じでした(´・ω・`)
あと、どうしても雫ちゃんが好きになれなくて終始もやもやしておりましたww
かわいいのだけれど……あざとすぎてもうっ!w

ではまず良かったバトルとスキル関連から。
バトルは「MIND」という自分の強化版分身みたいなのを、呼び出したり戻したりして戦います。
このタイミングや使いどころがポイントで、「MIND」は高い攻撃力と自分をかばってくれる防御能力を持っている一方、行動に必要なMP(マインドポイント)がなくなってしまうとプレイヤーが一定時間行動不能になってしまいます。
逆に生身のキャラクターの状態だと、攻撃・防御力ともに少ない一方、MPは常に回復していきます。
なので、敵キャラクターによっては「MIND」の攻撃に強いやつとかもいるので、「MINDを使うタイミングや攻撃方法」が重要になってくる、戦略性のあるバトルとなっています。

さらに、キャラクターごとに自由にスキルを装備できるので、多数の属性に対応した攻撃タイプにしたり、支援や回復を中心としたサポートタイプにしたりとカスタマイズできるのは楽しかったです!
(あ、スキルは進化・強化もできますよー☆)
また、中二病っぽい「自分でキャラクターの設定を作れる」という感じもしましたしww

で、気になった点としては、アドベンチャーパートの立ち絵バリエーションの少なさ以外に、3Dのキャラクターの出来もアレでしたw
なんていうか……目が死にかけてる感じなんですよね\(^o^)/
立ち絵はキレイなだけに、そのギャップに慣れが必要かなとおもいましたww

あと、最大にして最強なる問題が……。。
私はまだクリアしていないので風の噂で耳にしたのですが……このゲーム、完結していないっぽいのです\(^o^)/
長時間プレイするRPGで、それはいかんぜよ!!w
もうクリア後のダンジョンとか作ってる場合じゃないってばよヽ(*゚д゚)ノ

というわけで、キャラクターとストーリーに難アリですが、RPGとしては結構おもしろい本作!
最大の懸案事項である、すっきり終わらなくてもオッケーかなという方は遊ばれてもいいとおもいますw
んー……が、がんばってラストまでやる……ぞー(つД`)

MIND≒0 (マインド/ゼロ) MIND≒0 (マインド/ゼロ)
PlayStation Vita

アクワイア
売り上げランキング : 479

Amazonで詳しく見る

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net