レビュー

【Vita】ゴッドイーター2

●公式サイト

本作は、中二病全開の狩りゲー「ゴッドイーターシリーズ」の2作目になります!
開発は、バンダイナムコゲームズさんです。
プレイヤーは「ブラッド」と呼ばれる特殊な部隊に所属し、「感応種」や「赤い雨」という新たな脅威にさらされている世界を導いていくというお話。
世界観は共通で前作のキャラクターも登場しますが、ここから遊びはじめてだいじょうぶな内容となっています。

で、序盤を終えた感想ですが……アクションは爽快、育成は充実、ストーリーは気になる!――と、大満足!
狩りゲーの持つ、「拠点で装備を整える→狩り→アイテム合成して装備品強化→狩り……」という繰り返しの構造を、スムーズかつ快適に遊べるように工夫されているなーと感じました。
また、ロード時間もミッション開始時に少しはいるだけでほとんどなく、常に次から次へとイベントが進行していく感じがしました。
なんというか……気がついたら何時間もぶっ続けでプレイしてしまえます!

なので、今回の記事では、「なぜ遊び続けられるのか」について、感想として紹介したいとおもいます☆
(べ、別に、ゴリ押しで戦っているから細かい解説ができないとかじゃないんだからねww)

まず、アクションについてですが、とにかく爽快で気持ちがいいです!
キャラクターの移動や武器のモーションがさくさくしているし、攻撃したときに派手なエフェクトがでるので、殴るのが楽しい楽しいw
敵もばびゅーん!と飛んできたりするので、全体的にスピーディーで迫力のあるバトルが楽しめるかなとおもいます。

そして育成ですが、今作では「ブラッドアーツ」と「ブラッドバレット」という、攻撃アクションを進化させ必殺技を強化するというシステムが追加になりました。
強化させる方法はとっても簡単!特定の攻撃を使い続けるだけです!
(特定の攻撃といっても特殊なものではなく、ふつうの□攻撃、△攻撃、ジャンプ□攻撃、銃攻撃などですよー。)
狩りゲーって、「素材を集めるために狩りにいく」ことが多いかなとおもうのですが、このシステムは「普通に戦っていながら技が強くなっていく=技を強くしたいから戦う」という、狩りにいくための動機の1つになっているなーと感じました。

最後にストーリーについて!
毎回ミッションの後には何らかのイベントが発生するので、メインのストーリーはどんどんお話が展開していきます。
イベントが多いとゲームのテンポが悪くなるかなーとも感じたのですが、1つの1つのイベント自体の時間はあまりダラダラと長くなく、イベント前後のロードも短いのでおもっていた以上にテンポはよく進めています。

さらに、キャラクターとのエピソードも楽しめるようになりました!
キャラクターの本編では見られない一面が垣間見れるほか、エピソードを進めることで彼らが新しい能力に目覚めたりするので、お話が気になるだけでなく戦いを有利にするためにもイベントを進めたくなるかなーと。
イベントを進行するには、いっしょにミッションに出撃して仲良くならないといけなかったりもするので、私なんかは本編そっちのけでキャラクターエピソードを楽しんでいたりもしますw

という感じなので、アクションは気持ちがよい、素材集め以外の育成ができる、ストーリーやサブイベントを進めたい――という点から、「ずっと遊び続けてしまう」という結果につながっているのかなと感じました。
いやー、おもしろいです。

それから、ちょこっとグラフィックについて!
私はVita版でプレイしてますが、VitaTVを使ってTVでプレイしても全然荒く見えないくらいキレイです!
キャラクターの表情や動きも結構がんばっていて、据え置き機のテイルズと遜色ない感じ。
個人的には、Vitaでのプレイを推奨します!

というわけで、様々な角度から「狩りにいくための動機」を提供してくれる本作!
ゲーム自体の楽しさはもちろんですが、「狩りゲーのマンネリ感があまり好きじゃないなー」という方にも、バッチリ楽しめる内容になっているとおもいますよ!

また、序盤まるごと体験版も配信がスタートしました!
上記で紹介しました、ブラッドアーツや新しい武器なども試せるし、製品版へのデータ引き継ぎもできますので、気になっている方はぜひぜひ遊んでみてくださいね。

●体験版紹介サイトはこちら!

GOD EATER 2 GOD EATER 2
PlayStation Vita

バンダイナムコゲームス
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る by AZlink

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net