レビュー

【Vita】クリミナルガールズ INVITATION

[star rating=”4″]
●公式サイト

本作は、地獄の塔に集められた女の子たちといっしょに、塔の最上階を目指して進むダンジョンRPGです!
彼女たちは「半罪人」と呼ばれる犯罪因子で、一癖も二癖もある問題児ばかり。
それゆえ、プレイヤーは道中「おしおき」をしながら、彼女たちを更生し成長させなければならないのです。

また、本記事でレビューしているタイトルは2010年にPSPで発売された同名タイトルのリメイク移植作品で、新シナリオや新しいおしおきシステム、新キャラクターなどが追加になっています。
ちなみに私はオリジナル版は未プレイなので、比較はしておりません。

さくっとレビュー!

「おしおきシステム」はエロいが、中身は普通のダンジョンRPG。
バトルも会話もややテンポが悪いので、まったり遊べるプレイヤー向け。
タッチパネルによるおしおきは、周りの目が気にならないところで思いっきりやりましょう!w

くわしくレビュー!

見た目も声もエロいので人目が気になりまくる「おしおきシステム」!w

本作の肝となる「おしおきシステム」について。
操作はVitaのタッチパネルに対応しており、ムチなら画面を長押し、さわさわなら上下左右に動かす……といった感じに、それぞれのおしおきにあわせて異なる動作をします。
で、おしおきのレベルが上がると、段々とキャラクターの姿がはっきりと見えるだけでなく、背面タッチパネルを利用して難易度も上昇。
最初はドキドキしたりもしたのですが、何度も繰り返し行うのでややマンネリ感はありました。
ただ、こうしたむふふな体験をするのはもちろんですが、おしおきを行うことでバトル中での行動(たたかう、魔法を使う、必殺技など)が増えていくので、おしおきをする言い訳ができているのはいいかなとおもいますw

また、女の子たちのグラフィックはLive2Dを使用しているので、目線や表情などが非常になめらかに表示されており、個人的にはタッチしている部分を目で追うのに感動しました。
ボイスの種類も多く、マスクやアイマスクを装備させるとセリフも変化するので、なんともマニアックな雰囲気が漂うこともw
最初はつんけんしていて全体的に険悪ムードな女の子たちが、プレイヤーにも女の子同士も仲良くなっていくのは、おしおきの成果なのかもですが結構うれしいです!

キャラクターの提案を選択するターン制のバトル!

バトルはターン制となっており、プレイヤーはパーティーメンバーの4人の女の子が提案する行動の中から、1つを選択してそのターンの行動とします。
提案される行動はおしおきで覚えたものなので、たくさんおしおきすると行動バリエーションが増えていくことになります。

この提案の選択というシステムがおもしろくて、敵の強さや特性に合わせて行動を選びたいのですが必ずしも希望の行動が提案されるわけではありません。
ゆえに都度、女の子の提案を検討して行動を選択する必要あり。
わずらわしい部分がある一方で、毎回状況が変わるため戦略性があり、ついつい何度もバトルをしてしまいました。

ベースはのんびりとしたダンジョンRPG!

上記のようなエロいシステムがあるので人を選ぶ作品ではありますが、それ以外のシステムはオーソドックスなダンジョンRPGです。
マップの構造もシンプルでギミックも複雑ではなく、若干敵が強めではありますが、ストーリーはさくさく進められるとおもいます。
ただ、フィールドの移動は歩きのみなので、動きはのんびりです。
また、バトル中はコマンド選択後セリフやモーションが軽く入るので、こちらもややもったりしている感じがしました。
マイペースに遊べるプレイヤーの方が楽しめるかなとおもいます。

まとめ!

おしおきという個性的なシステムはありつつも、中身は普通のダンジョンRPGな本作。
テンポはまったりですが、見た目以上にしっかり遊べるとおもうので、このジャンルを未プレイの方でもちょっとエロいおしおきに惹かれたらプレイしてもいいかなとおもいますw

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net