【Vita】Collar×Malice

Posted in ゲームレビュー by - 10月 09, 2016
【Vita】Collar×Malice


●公式サイト

本作は、警察官の主人公が新宿で発生した連続殺人事件を捜査する、サスペンス要素強めの乙女ゲームです。
開発はおなじみのオトメイトさん。
劇場型犯罪の連続凶悪事件「X-Day事件」が発生し、隔離措置と銃刀法の解除がされた新宿が舞台。
犯人たちによって毒が内蔵した首輪をはめられた警察官の主人公は、事件を独自に捜査している探偵事務所の面々と出会います。
事件を追うなかで彼らが抱える過去、主人公が狙われた意図、真犯人とは──と、さまざまな人と思いが交錯するミステリアスな作品です。



さくっとレビュー!

正義のあり方を問うストーリーに加え、死や流血描写もあるため、大人向けな乙女ゲームでした。
キャラクターそれぞれの思考が丁寧に語られ、徐々に明らかになる事件の全貌や、その合間に心が通い合っていく過程もしっかりと描かれていて読み応えも充分!
スチルや立ち絵などの演出も工夫されており、サスペンスらしい推理や捜査、銃撃要素があるのも良いメリハリとなっていました。
クリア後のおまけ要素も豊富で、本編で不足しがちな甘さを補完できていいですね。



くわしくレビュー!

重たいテーマを持ちつつ、しっかりと描ききった良作サスペンス乙女ゲーム!

本作は正義のあり方や心の傷、トラウマなどをテーマにしているため、かなり重たい雰囲気の作品でした。
加えて、主人公や仲間のキャラクター、その他の人物が死ぬ描写や流血のばんばんもあるので、苦手な方は注意してください。
ただし、それらが大丈夫でサスペンステイスト強めの作品がお好きな方には、最高の作品になっているとおもいます!

メインストーリーでは凶悪な事件を追うなかで、それぞれのキャラクターの持つ「正義」に対する姿勢と衝突が描かれます。
また、各キャラクターの過去とその乗り越え、主人公との恋愛なども丁寧に語られるため、ひとつのルートがとても読み応えのある充実した内容でした
主人公もしっかりと自分の正義を持ち続け、信念を胸に事件に立ち向かっていく子なので、凛々しくてかっこよかったです。

攻略キャラクターは5人で、4人クリアすると最後の1人が攻略可能となります。
ゲームボリュームは多めですが、共通ルートがプロローグと最初のチャプターのみで、基本個別ルートで進行します。
それぞれのルートは1から6・7のチャプターで構成。
個別のストーリーがしっかりと作られており、それぞれが追う事件も異なるのでまったくちがう展開になります
ひとり攻略するごとに事件の新たな側面が見られるので、真犯人に辿り着きたいという気持ちがどんどん強くなり、最後に真実がわかったときの感動はひとしおでした。
凶悪犯罪がテーマとなっているため甘さはやや控えめですが、気持ちが通い合うシーンは描かれますし、後述のクリア後コンテンツでも補完できるので乙女ゲームとしても楽しめるとおもいます。


細かな演出の良さや独自のシステムがメリハリに!

グラフィックは全体的に美しく、UIもシンプルながらおしゃれに作られていました。
立ち絵は表示の仕方に工夫がされており、カットや主人公との距離感、スチルとの組み合わせがうまいため、何気ない日常シーンにも動きがあって印象的でした。
イベントスチルは多めで、単にキャラクターの姿を見せるだけでなく、背景まで丁寧に描きこむことでシーンをより美しく見せているため、1枚1枚がとても見応えがありました。
また、電話やメール画面など、ちょっとしたメリハリ要素もあるのはよかったですね。

ミステリーものなので、事件を推理したり現場を探索するシステムもありました。
状況から考えればむずかしいものではありませんでしたが、作品の雰囲気をより際立たせており、作業にならない程度のボリュームだったのも◎
「トリガーシステム」という銃を撃つタイミングアクションもあり、シーンに緊張感を持たせられていたとおもいます。


クリア後のおまけが充実しており、甘さもバッチリ補完!

クリア後のおまけ要素もとても豊富でした。
特に、本編中あまり見られなかった主人公と攻略キャラクターの恋愛部分を補完するコンテンツが充実。
攻略キャラクター視点のショートストーリー(スチル有)、ちょっとした会話を楽しめるシチュエーションなど、平和な日常に触れられるのはうれしいですね。
さらに、キャラクターの好きなものなどを質問形式で聴けるボイスレコーダーもあり、コミカルながらより深くキャラクターを知れました。

さらに、犯人側のショートストーリーも読めるので、なぜ犯行を行うことになったのかという動機を見られます。
これは重たい内容になっていますが、こうした甘さだけではない多角的な視点から物語を描くという方向性は本作に合っていたのでよかったとおもいます。


まとめ!

恋愛だけじゃない、それぞれのキャラクターが考える「正義」や過去のトラウマについてもしっかりと描いている本作。
サスペンスやミステリー要素が強めで、死や流血描写があり全体的に重たい内容となっていますが、しっかりとお話を楽しみたいプレイヤーにはとてもおすすめの1本です!


Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net