【Switch】ロスト・イン・ハーモニー

Posted in ゲームレビュー by - 12月 02, 2018
【Switch】ロスト・イン・ハーモニー

●公式サイト

本作は、画面手前に向かって走るアクションとノーツをタップするリズムゲームが融合した、アクションリズムゲームです。
プレイヤーは前後からくる障害物をタイミングよく避けつつ、音楽に合わせてノーツをタップしてスコアを稼いでいきます。
ステージの合間には物語が展開し、主人公の少年カイトと病気に立ち向かってるアヤのストーリー、そして地球にやってきた不思議なロボットという異なる視点で描かれます。

Read More

【Vita】2064: Read Only Memories

Posted in ゲームレビュー by - 11月 22, 2018
【Vita】2064: Read Only Memories

●公式サイト

本作は、特殊な人工知能を持ったロボットのチューリングとバディを組み、行方不明となった開発者を捜索する、コマンド選択型のアドベンチャーゲームです。
2064年、高度化したテクノロジーにより、遺伝子操作の普及や機械の人工知能が発達し、「人間」の定義が曖昧になりつつある、混沌とした都市ネオ・サンフランシスコが舞台。
プレイヤーはさまざまな場所を訪れ、調査をしたり、キャラクターと会話をしながらストーリーを進めていきます。
なお、本作はPS4・Vitaがリリースされていますが、本記事はVita版のレビューになります。

Read More

【コラム】2018年11月発売、プレイ予定のタイトル7本!

Posted in コラム by - 11月 21, 2018

みなさん、こんばんは。

いよいよ、今年も残すところ2ヶ月を切りましたね!
2018年は、年末のタイトルがとにかく賑やか!
がっつりやり込める作品、みんなでわいわい楽しめる作品、そして懐かしい作品まで、いろいろなゲームが楽しめるすてきな年末になりそうです。

Switchでは、過去参戦キャラクターが全部入りで、超豪華な『大乱闘スマッシュブラザーズ』。
私はWii版で参戦した「スネーク」がお気に入りなのですが、あまり上手に使えないので練習したいとおもいますw
PS4では、キムタク版『龍が如く』である『JUDGE EYES:死神の遺言』、私が一番好きな狩りゲーシリーズの最新作『GOD EATER 3』。
『JUDGE EYES』はミステリーテイストが強いシナリオ、『GOD EATER 3』は開発会社さんが変わられたのでプレイ感がどのように変わったのかに注目しています。

また、ファンアイテムでもある「プレイステーション クラシック」もリリースされますね。
収録タイトルに大きなサプライズはありませんでしたが、プレステ黎明期を支えた名作ばかりなので、久しぶりに懐かしい気持ちに浸りながらプレイしたいなと。
それ以外では、マルチプレイができるようになったサンドボックスゲーム、PS4/Switch『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』も楽しみな作品です。
どちらのハードで買おうか迷っているのですが、旦那さんが一緒にプレイしてくれそうなら、ローカルマルチプレイができるSwitch版にする予定です。

それでは、2018年11月に発売、プレイ予定のタイトル7本を紹介します。

Read More

【Switch】バトルチェイサーズ:ナイトウォー

Posted in ゲームレビュー by - 10月 29, 2018
【Switch】バトルチェイサーズ:ナイトウォー

●公式サイト

本作は、1990年代にベストセラーとなった、大人気コミックブックを元に制作された王道RPGです。
魔法と機械が融合したファンタジー世界を舞台に、難易度の高いターン制バトル・ランダム生成されるダンジョン探索・ハクスラ系のキャラクター育成を楽しめます。
洋ゲーではありますが日本語ボイス付きでローカライズされており、キャラクター同士の会話イベントや隠しボス・釣り・アリーナなどのやりこみ要素などもあります。

Read More

【Vita】ワールドエンド・シンドローム

Posted in ゲームレビュー by - 10月 21, 2018
【Vita】ワールドエンド・シンドローム

●公式サイト

本作は、アークシステムワークスさんがおくる、田舎町を舞台にした青春×ミステリー×恋愛アドベンチャーです。
「100年に一度死者が蘇る」という古い伝承が残る町に引っ越してきた主人公が、青春を謳歌しながら徐々に町の過去や怪異事件に巻き込まれていくという物語。
はたして、生者に紛れ込んだ死者は誰なのか、訳ありなヒロインたちの思惑とは、そして町で起こる事件の真相とは……。
なお、本記事はVita版のゲームレビューになります。
(他にPS4/Switch版でもリリースされていますが、ハードによるちがいは特にないとおもいます。)

Read More

【Switch】ロロロロ

Posted in ゲームレビュー by - 10月 16, 2018
【Switch】ロロロロ

●公式サイト

本作は、最大4人のローカルマルチプレイが可能な協力型のパズルアクションゲームです。
プレイヤーは四角いロボットを操作し、ビームやトゲといった即死トラップが設置されたさまざまなステージに挑戦。
シビアなタイミングアクションやジャンプは要求されないので、じっくり遊ぶタイプのパズルです。

Read More

【コラム】2018年10月発売、プレイ予定のタイトル7本!

Posted in コラム by - 10月 14, 2018

みなさん、こんばんは。

2018年12月3日発売予定、『プレイステーション クラシック』。
プレイステーションのタイトルを20作品収録している小型のハードで、現在までに『R4 RIDGE RACER TYPE 4』、『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』、『鉄拳3』、『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』、『ワイルドアームズ』の5タイトルが発表されています。
他の15タイトルが気になるところですが、みなさんはどんなタイトルが収録されてほしいでしょうか。

私は、『ときめきメモリアル』、『ガンパレードマーチ』、『闘神伝2』、『moon』、『リンダキューブアゲイン』、『聖剣伝説ROM』、『アンジェリーク』、『ワールドネバーランド』、『フェイバリットディア』などが収録されていると熱いかなと。
個人的にハマったタイトルとしては、『ザ・ゲームメーカー』、『御神楽少女探偵団』、『テイルコンチェルト』、『That’s QT』などもありますが……このあたりの実現可能性は低いですよねw
いずれにせよ、どんなタイトルのがくるのが楽しみです!!

それでは、2018年10月に発売、プレイ予定のタイトル7本を紹介します。

Read More

【コラム】2018年9月発売、プレイ予定のタイトル7本!

Posted in コラム by - 10月 14, 2018

みなさん、こんばんは。

レビューが書けていなくて申し訳ないのですが、とりあえずタイトル紹介のコラムをさくっと載せておきます!
ただ、プレイできていないわけではなく、『NG』とか『スパーダーマン』とか『ワールドエンドシンドローム』とかはクリアしていて、積みレビュー状態なのですw
楽しくプレイできておすすめしたいタイトルも多いので、じわじわと掲載していかねば!

それでは、2018年9月に発売、プレイ予定のタイトル7本を紹介します。

Read More

【TGS2018】TGS歴10年ぐらいの私が見た、2018年のTGS

Posted in イベントレポート by - 9月 25, 2018

みなさま、こんばんは。

2018年9月20日〜9月23日の4日間、幕張メッセにて「東京ゲームショウ2018(以下、TGS)」が開催されましたね。
朝から現地に参加された方も、配信でいろいろな番組をご覧になっていた方も……お疲れさまでしたー!!
いやぁ、やっぱりTGSは楽しいですねー!!
今年はビジネス・パブリックともに1日ずつしか参加できませんでしたが、とにかく楽しかったですw

さて、2018年のTGSは、なんといっても過去最多となる29万8690人が来場したのが一番の話題かなと。
そこで、いつもは試遊のレビューが中心のレポートですが、今回は2018年のTGSにおける出展の傾向や変化などを中心にお送りします。

Read More

【PS4】Detroit: Become Human

Posted in ゲームレビュー by - 8月 28, 2018
【PS4】Detroit: Become Human

●公式サイト

本作は、2038年アメリカ・デトロイトを舞台に、社会にとって必要不可欠な存在となったアンドロイドと人間の未来を問うアドベンチャーゲームです。
開発は、『HEAVY RAIN 心の軋むとき』や『BEYOND: Two Souls』で、プレイヤーのメンタルをゴリゴリ削っていくドラマチックな物語に定評があるクアンティック・ドリームさん。

近未来のデトロイトでは、人工知能やロボット工学の発展により、人間と同等以上の外見・知性をそなえたアンドロイドが誕生します。
さまざまな仕事を行えるアンドロイドの存在により人類は豊かさを手に入れますが、一方で仕事を奪われる人々も生まれ、反感の機運も高まっていました。
そんななか、自ら意思を持つかのように行動しはじめる「変異体」と名付けられたアンドロイドが出現し始めます。

プレイヤーは、変異体捜査のスペシャリストであるコナー、幼い少女と逃亡をする女性型アンドロイドのカーラ、アンドロイドの自由と革命を目指すマーカス、という3体のアンドロイドの視点からさまざまな出来事を体験していくという作品です。
随所に訪れる選択肢によって物語や展開が分岐、何が起きてもエンディングまでたどり着けるのが特徴です。

Read More