【Vita】イースVIII -Lacrimosa of DANA-

Posted in ゲームレビュー by - 8月 14, 2016
【Vita】イースVIII -Lacrimosa of DANA-


●公式サイト

本作は世界をまたにかけて旅をする、冒険家アドル・クリスティンの冒険譚を描いたアクションRPGシリーズ『イース』の最新作です。
今回の冒険の舞台は、人の手が入ったことのない原始の自然が残り、古代文明移籍や奇妙な生物が徘徊する島「セイレン島」。
旅客船に乗船していたアドルは、巨大海洋生物に襲われ乗客たちとともにセイレン島に漂着してしまいます。
夢に出てくる謎の少女や島の謎を解いたり、古代種と呼ばれる巨大なモンスターと戦いつつ、島からの脱出を図るという物語です。


さくっとレビュー!

クリア時間が40〜50時間と、とてもしっかり遊べるボリュームの本作。
新しいエリアを探索する驚きと楽しさ、マップを埋めたくなってしまうやりこみ要素、爽快で気持ちのよいバトルアクションと、快適に戦いながら冒険のわくわく感を味わえるタイトルでした。
エリア間のロードやイベントシーンのもったり感などはありましたが、ほかの部分のテンポがよかったので、箸休め的なものとして捉えればあまりストレスはないかとおもいますw



くわしくレビュー!

たっぷりゲームボリュームで、冒険のわくわく感をしっかり感じれられる!

クリア時間は40〜50時間と、シリーズのなかでも最大級のボリュームとなっている本作。
難易度はいつでも変更可能で、EASYにすればアクションRPG初心者のユーザーでもさくさく進められるとおもいます。
ただ、イベントシーンの演出はややまったりしたテンポだったので、背景などを映すシーンがもうちょっと少なくてもよかったのかなと感じました。

1つの島が舞台になっていますが探索できる場所は豊富にあるため、未開の地に踏み入る冒険の楽しさをしっかりと感じられました。
エリアを移動する際に若干ロードが入るので序盤は気になりましたが、1つのエリアが広くなる中盤以降はあまりストレスにはなりませんでした。
また、島の全体マップには踏破率が表示されるため、ロケーションポイントと呼ばれる独特の地形を探していきながらパーセンテージを上げていくのはそれだけでも冒険家気分でしたw
ストーリーや後述のやりこみ要素を進めていくと新しい冒険具が手に入り、これを利用すると水中や高所など新しいエリアが探索できるので、ゲーム中に起こる様々な出来事に対してやりがいを感じられるのもいいですね。
そうそう、とにかくBGMがかっこいいこともお忘れなく……随時探索欲をかき立てられました!


3つの攻撃属性を駆使して気持よく戦えるバトルアクション!

バトルはオーソドックスなアクションRPGとなっており、複雑な操作は必要ありません。
通常攻撃のほか、4つのスキルをセットして発動したり、敵が攻撃するタイミングに合わせてボタンを押すと防御や回避アクションができます。
爽快で気持よくキャラクターを動かせるのが印象的で、スキルは派手なエフェクトになっているためバトルが楽しく、ついつい道中にいる敵はみんな倒しながら進めてしまいましたw

また、本作では3人のパーティで島を探索するのですが、キャラクターによって3種類の攻撃属性があります。
仲間は最大6人で、それぞれの属性が2人づつとなります。
同じ属性でも攻撃の仕方は異なるので、どういった組み合わせでエリアを攻略するのか考えられるのもいいですね。
あ、敵も弱点属性があるため、それに合わせてプレイヤーが操作する仲間を切り替える必要があるのも、ちょっとした頭を使う要素になっていたとおもいます。


冒険の手助けになる漂流村と、毛色の異なるバトルイベント迎撃戦!

本作ならではの要素である「漂流村」は、旅客船に同乗していた乗客を村に集めるシステムです。
村の住民が増えると新しい施設が使えるようになったり、土砂が邪魔で先に進めない箇所を協力して道にする「支援イベント」などの恩恵があります。
基本的にはストーリーを進めていけば集まりますが、なかにはちょっと寄り道が必要な場所にいたりもするので探索の目的になっていましたね。

また、村ではモンスターたちが襲ってくるので撃退をするという防衛バトル「迎撃戦」があります。
複数WAVEにまたがってやってくる敵を次々に倒していくというもので、住民たちは特徴を活かして主人公たちをサポートしてくれます。
住民は1人1人に個性や特徴があり、プレゼントやクエストをクリアして好感度を上げるとたくさん助けてくれるようになるのでバトルが有利に進められました。
ちょっとした連続バトルイベントですが、敵を引き付けるための仕掛けを設置・強化したり、戦いの評価に応じてアイテムがもらえるのでメリハリになっていたとおもいます。


まとめ!

安定して遊べる、ボリュームたっぷりの王道ファンタジーアクションRPGである本作。
シリーズファンはもちろん、ストーリーのつながりはないのでシリーズデビュー作としてもおすすめですし、アクションRPG初心者にも遊びやすい作りになっている良作でした。
2017年にはPS4版の発売が予定されていますが、Vita版もしっかり楽しめるとおもいます。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net