【TGS2016】試遊タイトルレビューまとめ

Posted in イベントレポート by - 9月 19, 2016
【TGS2016】試遊タイトルレビューまとめ

TGS2016 お疲れさまでしたー!

今年は金・土・日の3日間参加しましたが……とにかくとっても混んでた!w
VR 関連はもちろん、大型タイトルの試遊はビジネスデーでも朝から2時間待ちになるほど。
年末は大作ラッシュですからねー。
あと、各社とも展示の仕方に工夫がされていて、試遊ができなくても映像やステージなど、来場すれば楽しめるようになっていたとおもいます。
個人的には、テイクツーのコンパニオンさん(ガチムチの男性)が最高にかっこよくて、脚の筋肉めっちゃガン見しましたw

それでは、今年試遊できたタイトルのレビューをさくっと書いていきますね!
複数のハードでリリースされているものは、試遊したハード名のみ記載しています。



PS4『Horizon Zero Dawn』

2017年3月2日発売予定/公式サイト
近未来のオープンワールドで、動物のような姿をした謎の機械に支配された地球を探索するアクションRPG。
ムービーでは弓矢を用いたバトルの印象が強かったのですが、実際にプレイすると近接攻撃やステルス攻撃のがたくさん使いました。
倒し方に決まりがなく、アイテムドロップも背中の荷物を射落とすなど自分で意図してできるのがいいですね。
また、本当の狩りっぽくひっそり近づかないと囲まれてボコられたり、逃げられたりするリアルさがありました。
停止させた敵は、殺しきらずにライドして次の狩りに生かすこともできるなど、総じて自分なりの目的を持って狩りができました!
グラフィックの美しさは言うまでもなく。
ロボットの動きやデザインが洗練されているので、本編ではどんな敵が出てくるのか楽しみです。



PS4『龍が如く6 命の詩。』

2016年12月8日発売予定/公式サイト
元ヤクザさんや現役ヤクザさんが熱い漢のドラマを繰り広げる、アクションアドベンチャーシリーズ最新作。
試遊では、バトルやアドベンチャー中心の神室町と、ストーリーを楽しめる尾道仁涯町の2種類がプレイできました。
新しい舞台である尾道仁涯町では、まず桐生ちゃんが片手に赤ちゃん、片手にボストンバッグという実に奇妙な出で立ちなのが印象的でしたw
神室町とはちがう、寂れていて夕日が似合う独特の歴史を感じる街でした。
シームレスにバトルとアドベンチャーが切り替わるのは快適で、テンポよくイベントをこなしていけました。
あと、街で起きたトラブルが携帯電話を使って一括管理できるので、かなり便利だとおもいます。



PS4『GRAVITY DAZE 2』

2016年12月1日発売予定/公式サイト
重力を自在に操り世界を浮遊するアクションアドベンチャー、シリーズ完結編。
本作では重量エナジーの量が増えたので、序盤から思い通りに空を飛び回ることができます。
重力スローも使いやすくなり、辺りに落ちているオブジェクトも増えているため、よりシューティングのようなプレイ感覚で空中の敵を撃ち落とせるのは爽快ですね。
また、明るくて活気のあるジルガパララオという街が登場し、生活感のある新しい世界を感じられました。
田中公平さんによる音楽は雰囲気があり、グラフィックの美しさも相まって、そこにいるだけで楽しい気分になれます。



PS4『ワールド オブ ファイナルファンタジー』

2016年10月27日発売予定/公式サイト
『ファイナルファンタジー』シリーズに登場するモンスターやキャラクターを、ちまっとかわいいサイズにしたRPG。
FFシリーズらしい、ランダムエンカウントやATBなどシステムが採用されているので、RPGをプレイしたことがあるユーザーならすんなり入っていけるとおもいます。
モンスターはS・M・Lサイズに分かれており、プレイヤーの頭身によって乗ったり、乗せたりできる組み合わせが変わります。
捕まえて育てる要素としてだけではなく、モンスターのスキルの連携を考えるといった、組み合わせに対する戦略性もありました。
大きいキャラクターのときはかわいいお供を引き連れて、小さなキャラクターのときは全体的にぬいぐるみのような柔らかい雰囲気を楽しめるので、女性にもおすすめです。



PS4『キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ』

2017年1月12日発売予定/公式サイト
ディズニーとコラボレーションしたアクションRPG、シリーズ3作目につながるリマスター作品です。
TGSでは、完全新作の「0.2 バース バイ スリープ -フラグメンタリー パッセージ-」と、3DSのリマスター作品「ドリーム ドロップ ディスタンスHD」がプレイできました。
0.2は、『キングダムハーツ3』とおなじシステムで作られているため、アクション操作が非常に気持ちよくプレイできました。
エフェクトも派手になっており、ボスであるハートレスの集団は個々がうねうねと動いているので不気味さがありました。
アクアの舞うような必殺技もかっこよかったです。
DDDはリマスターなので操作にややもったり感はあるものの、カラフルな世界を大きな画面でプレイできるのは評価ポイントです。



PS4『地球防衛軍5』

2017年発売予定/公式サイト
宇宙から飛来した巨大な侵略者たちに立ち向かうアクションゲームのシリーズ最新作。
敵はとにかく巨大で大量に出てくるので、ひたすら撃ちまくって倒しまくるアグレッシブなゲームでした。
戦っていると仲間たちが「酸だー!」とか「デルタ1前に出る!」など、いい感じでぎゃーぎゃー騒いでくれるので、みんなで鬼気迫る戦いをしているような雰囲気がして楽しいです。
1人でプレイするのはもちろん、マルチプレイも熱そうな感じがしました。


PS4『ベルセルク無双』

2016年10月27日発売予定/公式サイト
ダークファンタジー漫画『ベルセルク』を無双アクション化した本作。
試遊では、使徒降臨後の街をガッツで戦うステージがプレイできました。
ガッツの大剣では振りが大きく戦いにくいかなとおもっていたのですが、重さは感じつつざくざく斬れる感覚がありました。
また、大砲やボウガンなど、色々な距離感で戦えるサブウェポンも持っているので、1人で異なる立ち回りができるのもいいですね。
『ベルセルク』らしく、血がどばどば出たりいろいろちょん切れたりするので、途中から妙にテンション上がっちゃいましたw
音楽も重たい雰囲気全開で◎



PS4『ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-』

2016年10月27日発売予定/公式サイト
人気ライトノベルのアクションRPG、シリーズ最新作です。
画面の構成がMMORPGっぽくなっており、SAOの世界観を良く出せているとおもいます。
バトルは、仲間とスキルを連携発動したり、回避行動を指示したりとマルチプレイっぽい感じが楽しめました。
試遊は、多くのユニットが参加するレイドボスバトル。
シリーズ未プレイだったので自分が何をやっているのかイマイチつかめず、上手に連携している感じはできませんでしたw



PS4『アノニマス・コード』

今冬発売予定/公式サイト
セーブとロードを使って事件を解決しながら進んでいくアドベンチャーゲームです。
斬新なシステムに注目が集まりがちですが、画面演出にこだわりがあるのがポイント。
キャラクターの立ち絵はLive2Dによって常にゆるゆると動くので、本当にその場にいて会話をしている感じがしました。
後ろ姿があり、ちょっと動いているのもおもしろかったです。
ワイプの枠などちょっとした部分にも動きがあり、画面全体が賑やかな演出で構成されていたとおもいます。
ただ、立ち絵キャラ2人+中継映像や、立ち絵キャラ1人+中継映像×2などが表示されると、少しごちゃごちゃした感じがしました。


PS4『Fate/EXTELLA』

2016年11月10日発売予定/公式サイト
人気コンテンツ『Fate』シリーズの最新ゲーム化は、無双系アクションゲームです。
グラフィックに物足りなさを感じていたのですが、プレイしてみるとまったく気にならず。
むしろ攻撃のエフェクトが派手で敵もたくさん登場するので、ざしゅざしゅ斬って倒す爽快感がありました。
バトルフィールド間は飛ぶような感じで移動するのですが、スピード感のある表現になっており、『ガンダム無双』でブーストダッシュしてる気分でしたw



PS4『NBA2K17』

2016年10月20日発売予定/公式サイト
NBAを題材としたスポーツゲームのシリーズ最新作。
本作では、接触プレイに関する操作感が大幅にパワーアップ。
細かな身体の動きを使って、敵のスクリーンを避けたりドライブしたりがより自然にできるようになりました。
最初は少しぬるっと動きすぎる印象を受けるかもしれませんが、慣れるてくると流れるような動きのスムーズさを感じられるとおもいます。
あと、シュートゲージの表示がリファインされ、とても見やすくなりました。
いつもSGばっか使っているプレイヤーなので、ありがたいですw
グラフィックだけでなくサウンドもリアルになっていて、ボールやブザーの音が会場ごとにちがうのはすごいですよね。



Vita『プリンセスは金の亡者』

2016年11月24日発売予定/公式サイト
金の力ですべてを解決する、という思い切ったコンセプトのアクションRPGです。
ドット絵で2D、若干すべるように動くのでちょっとレトロな操作感ではありました。
でも、お金を使ってトラップを解除したり、敵を買収して戦ってもらったりといったシステムはおもしろかったです。
ちなみに体験版では、ボスキャラクターも買収できましたw
ダメージを与えていると敵がブレイクして、それをタップするとお金がざくざく出るのですが、単調なアクションゲームにならない要素として機能していていいですね。


3DS『モンスターハンターストーリーズ』

2016年10月8日発売予定/公式サイト
『モンスターハンター』シリーズ、初のRPGタイトルです。
プレイヤーはモンスターを狩るハンターではなく、モンスターとともに生きるライダー。
モンスターをタマゴから孵化させて、育てながら一緒に冒険をしていきます。
本作はターン制バトルで、オトモのモンスターは指示しない限りオートで行動します。
3すくみの関係性でダメージが決まるので、相対するモンスターの特性や行動パターンを詠みながら戦うのは戦略性あり。
あと、バトル中のダウン・部位破壊・怒り状態などモンハン要素はしっかりと盛り込まれていたとおもいます。
あ、ロードが長いのは少し気になりました。



以上、試遊タイトルのさっくり感想でした。
シリーズ最新作、チャレンジングなシステムを持った新作など、いろいろなタイトルが出展されていて楽しいTGSとなりました。
来年はいよいよ『ドラゴンクエスト』の続編に何か動きがあるかなと期待しつつ、この辺りでお開きにしますね。

それではまた来年。

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookEmail this to someone
The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net
Tags: