【3DS】ガールズモード4 スター スタイリスト

Posted in ゲームレビュー by - 1月 08, 2018
【3DS】ガールズモード4 スター スタイリスト


●公式サイト

本作は、セレクトショップの店長になりお客さまをコーディネートする『ガールズモード』シリーズの最新作です。
今回は新たに、プレイヤーのコーディネートで次第でストーリーが変化するお客さまが登場。
なかでも、メインキャラクターである歌手を目指す3人の女の子のシナリオでは、歌とダンスが見られるライブイベントが行われ、自分自身や街の女の子たちをキャスティングしてのアレンジライブもできます。
アイテムではヘッドホン、ブレスレット・時計が追加、ネイルも変更可能になりました。


さくっとレビュー!

歌手の女の子たちをコーディネートで応援するなど、自分の物語を楽しむというよりお客さまの物語をサポートする意識が強くなった作品でした。
見ごたえのあるライブシーンは楽しい一方、キャラクターそれぞれに個性がありすぎるので好みが分かれるかもしれません。
接客やコーディネート、仕入れなど、ショップ店長としてのお仕事はやりやすくなり楽しくプレイできました。
シリーズの続編としては、アイテムの使い回しが多くやや代わり映えがしないなど物足りない部分も……。



くわしくレビュー!

自分の物語から、ちょっとクセのある人々の物語をサポートするスタイリストへ!

基本的なプレイスタイルはこれまでの『ガールズモード』シリーズとおなじですが、本作ではさまざまな夢や悩みを持ったお客さまが来店し、彼女たちをコーデで応援するというシナリオが描かれます。
なかでも、メインとなる3人の歌手の女の子たちのストーリーでは、歌とダンスが見られる「ライブシーン」がありました。
(ライブは、自分自身や街で出会った人から出演者を選べる「ライブシミュレーター」モードとしても楽しめます。)
そのため、ショップ店長として自分の物語を楽しむというよりは、周りの人の物語をショップ店長としてサポートするというゲームになったかなと。
ショップの店長としてのキャリアを重ねていくようなストーリーを期待している方には、物足りなさがあるかもしれませんね。

メインキャラクター以外のお客さまも個性的が強く、「1回目の来店では面接用のフェミニンな格好、2回目は入社して歓送迎会用のベーシックな格好」や、男性が苦手な女の子をどんどんかわいくするなど、ちょっとした変化があるので楽しく接客ができました。
ただ、ちょっと電波っぽかったり、クセがあるキャラクターも多く見られ、気になる方はいるかとおもいます。
主人公の言動となる選択肢も、少し雑な作りで性格のブレがありました。

ストーリークリア後は、ヘアスタイルとリフォームアイテム、フォトスタジオの背景が追加され、バイトさんが変更可能になります。
本作ではゲーム内時間とリアル時間の連動がなくなりましたが、エンディング後にはゲーム内時間を30日進められる「休暇」ができるようになり、アイテムを集めやすくなりました。


仕入れや在庫管理がしやすくなり、楽しくなったショップ店長業務!

登場するアイテムは使い回しが多めなので、シリーズ最新作としてはもう少し新規アイテムが欲しかったかなと。
追加されたものでは、ブレスレットや時計はワンポイントになっていてよかったとおもいますが、ヘッドフォンは種類も少なくあまり使えなかったですね。
ただ、合わせづらいアイテムは減り、同じアイテムでもカラーバリエーションが増えたので、コーディネートの幅は広がったとおもいます。
あ、スポーティブランドがなくなったのには少し驚きました。

ショップで一番の問題だった在庫管理については、すべてのアイテムを在庫として持てるようになったため、空きで困ることはなくなりました。
また、メンズのアイテムは別のショップで取り扱うようになり、そこでは仕入れる必要がないので便利でしたね。

接客は相変わらず楽しいのですが、新たに便利なシステムとして「仕入れてくる!」が追加されました。
本作では、「flute fのブレスレットがほしい」や「水色のアウターがほしい」といった具体的な注文をされるお客さまも多いので、接客を受けた後アイテムがないということもありました。
そこで、仕入れてくるというコマンドはとても便利で、商品を入荷するまでお客さまが待っていてくれるようになり、度々お世話になりましたw
また、一度買ったことのあるアイテムは、携帯電話の「ノノタウン」からいつでも注文できるので、気に入ったアイテムやコーデに使いやすいアイテムは何度もオーダーできるのもよかったですね。

個人的に気になった点としては、ゲームが発売されたのが11月なので、ゲーム内でも基本的にアウターを着せてあげないと寒いと言われてしまい、自由にコーディネートを楽しめない感じがありました。
(カーディガンやベストなどは、休暇ができるようになってからでないと合わせられませんでした。)


キャラデザには慣れる!いつもやや金欠気味!w

お金稼ぎは基本的に自分のお店での販売のみになり、少し稼ぎづらくなったかなと。
そのため、マイルームやお店をコーディネートするリフォームショップは高くて後回しにしがちに、FANTANIAのアイテムも買いづらくなりました。
(5のつく日には2ブランドがセールになりますが、もっとやってほしかったですねw)
普通に来店されたお客さまの対応をしていると金欠気味になってしまうので、セレブなお客さまに来店依頼のメールを出してごっそり買っていってもらったり、単価の高いメンズショップでの接客が増えました。
個人的には、メンズショップは在庫管理をしなくていいので楽な稼ぎ場所でした。
一方、メイクサロンやヘアサロンでの接客ではお金が稼げないので、行く機会が減ってしまいました。

また、新しい施設やブランドはプレイヤーのスタイリストランクが上がるにつれてオープンしていきますが、ヘアサロンがなかなか開かれず、初期のヘアスタイルのままでヤキモキしましたw
このスタイリストランクは、普通に接客をこなしていれば毎日1ランクぐらい上がるので、さくさくと進められる印象でしたね。

キャラクターデザインは、キラキラと目が大きめになりました。
最初は違和感がありましたがわりとすぐになれますし、化粧映えするのでメイクをすると一気に自分好みにカスタマイズできるようになるかなと。


まとめ!

ショップ周りのシステムはやりやすくなった一方、自分の物語を楽しめる感じが弱くなった本作。
接客やコーディネートはシリーズで一番やりごたえがあるので、ショップ店長生活はシリーズで一番エンジョイできるかなと。
個人的には、2作目にあったコンテストがとても好きだったので、また復活してほしいなと密かにおもっていますw

The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net