【PS4】北斗が如く

Posted in ゲームレビュー by - 3月 27, 2018
【PS4】北斗が如く


●公式サイト

本作は、カタギじゃない人たちが活躍する『龍が如く』と、世紀末でヒャッハーな人たちが活躍する『北斗の拳』がコラボレーションしたアクションアドベンチャーゲームです。
物語は、『北斗の拳』の舞台である最終戦争後の文明と秩序が失われた世界をベースに、奇跡の街エデンと謎の施設スフィア・シティで巻き起こる事件を描くオリジナルストーリー。
秘孔を使った新しいバトルアクション、『龍が如く』ならではのぶっ飛んだプレイスポットなど、両者の特徴が合わさった作品です。


さくっとレビュー!

ほぼメインストーリーのみプレイして、クリアまでは14時間でした。
原作キャラの活躍はあっさりで、イベントの進行もややお使いテイストが強め。
秘孔を使ったバトルは、タイミングアクションによる爽快感はあるものの、戦略が単調なので中盤以降飽きやすく、多人数戦ではストレスを感じました。
『北斗の拳』の世界を生かしたプレイスポットや、劇画調のグラフィックはよかったとおもいます。
しっかり遊べるけれど、シナリオもバトルももうちょっとがんばれたかなという作品でしたw



くわしくレビュー!

世界観はしっかり『北斗の拳』でも、キャラクターはあっさり登場!

ほぼメインストーリーのみプレイして、クリアまでは14時間。
本編は全12章、基本的にはオリジナルキャラクターがメインで進むため、『北斗の拳』に詳しくなくても大丈夫です。
ただ、原作キャラクターは設定を変えられないので、あまりエデンの事情に深く絡んできません。
そのため、ケンシロウに縁があるからふらっとエデンに現れて去っていくゲストのような扱いになっており、原作ファンとしてはもうちょっと活躍してほしかったかなと。
一方、ケンシロウに関しては、プレイスポットなどで寡黙でストイックではない新たな一面が垣間見られ、だいぶ某桐生ちゃんっぽくはありましたがおもしろかったですw

気になったのは、イベントが全体的にお使いテイストなこと。
特にアイテム収集のためにエデンと荒野を往復したり、伝言ゲームのように施設を移動していくイベントが印象に残っており、お使いっぽさが助長されていました。
また、サイドミッションは80種類と豊富にありましたが、エデンの街が狭いためにプレイスポット絡みのものが多く、プレイスポットを進めておかないとあまり発生しないのも残念でしたね。


気持ちのよい秘孔アクションと、ストレスの溜まる多人数バトル!

秘孔を突いて戦うバトルアクションは、奥義で爆散させたり、一撃必殺のジャスト秘孔だったりと、タイミングアクション要素が強くなりました。
ザコでも体力ゲージが多く堅めですが、一定量ダメージを与えれば爆散させられるため、慣れてくるとジャスト秘孔を次々に決めて、テンポよく数を減らせていけます。
一方、ボスとなる拳士たちとの戦いでは、一撃のダメージ量が多いので緊張感があり、身にまとったオーラでスピードアップや攻撃範囲が広くなるなどスピード感もあるため、格闘アクション寄りの立ち回りができました。

通常とボスバトルでメリハリは出せていたものの、基本的に秘孔を突く戦いが主体となるため、武器や投げを使って多彩な戦い方ができた『龍が如く』に比べると、一辺倒なバトルになりがちでした。
また、秘孔を突いている最中でも敵のダメージが入ったり、乱戦ではジャスト秘孔のゲージが見えづらかったりと、多人数に対して有効な攻撃手段を持たないケンシロウには厳しい仕様かなと。
さらに、火炎放射器などケンシロウが倒れてしまう攻撃も多々あるため、多人数バトルでは全体的にあまり気持ちよく戦えませんでした。
複数人を巻き込める奥義もあるため活用したかったのですが、どのような条件でどの奥義が発動するかわからないのももったいないポイントですね。


コンパクトでも充実のエデン!荒野探索はバトルが面倒!

奇跡の街エデンですが、『龍が如く』シリーズの神室町や蒼天堀に慣れているとだいぶ狭いという印象でした。
また、カメラワークがあまりよくないのか、店を出た直後は前後不覚に陥りやすかったです。
そうした不満点はあるものの、プレイスポットについてはバギーレース、バッティングセンター、リズムアクション、連打系バーテンダー、キャバクラ経営と充実していました。
どのプレイスポットも、『北斗の拳』の世界観に則した形でアレンジされておりよかったですね。
ただ、個人的にはキャバクラが慌ただしいシステムに変更されてしまい、ちょっと遊びづらかったかなと。

街以外では、広大な荒野をバギーで走り回り、アイテムを集める要素もありました。
採取したアイテムはバギーのカスタマイズ・護符作成・強化などいろいろな用途に使用できるので、お散歩に出かける目的はしっかりできていたとおもいます。
ただ、荒野で発生するザコ戦は相手にする人数が多く、レベル上げには便利なものの、先述の通り多人数バトルにストレスを感じていたため、中盤以降はバトルが面倒であまりお出かけしなくなってしまいました。

グラフィックについては、劇画調のグラフィックには迫力があり、見応えがありました。
イベントシーンでアップになったり、奥義発動時のカット演出は漫画のようで、『龍が如く』シリーズとは異なる魅せる演出ができていたのはよいポイントでした。


まとめ!

コラボレーションによる新規性はあり、独自のおもしろさは出せていましたが、全体的に単調さが目立った作品でした。
両シリーズのファン目線では、『北斗の拳』の原作キャラクターはあまり活躍せず、『龍が如く』らしいバトルやアドベンチャーのおもしろさは控えめと、しっかり遊べるけれどもうちょっとがんばれたかなという内容だったとおもいます。


The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net