【3DS】世界樹と不思議のダンジョン2

Posted in ゲームレビュー by - 1月 15, 2018
【3DS】世界樹と不思議のダンジョン2


●公式サイト

本作は、ローグライクRPG『不思議のダンジョン』のシステムに、『世界樹の迷宮』らしいキャラクタークリエイト要素をくわえ、パーティでダンジョンを攻略していくRPGの続編です。
今回は新たに、「パイレーツ・ケンカク・アルケミスト・モンク・ファーマー」の5職業が追加され、メインクラスとサブクラスが設定可能となり、より幅広いキャラクター育成ができます。
最大4人のパーティで、足を踏み入れる度に地形が変化する「不思議のダンジョン」に挑みましょう。
なお、前作のレビュー記事はこちらです。

●3DS『世界樹と不思議のダンジョン』レビュー記事



さくっとレビュー!

ゲームクリアまでは26時間、クリア後のコンテンツも豊富で同等以上に遊べるとおもいます。
サブクラスの追加により、キャラクタークリエイトの楽しさは増加。
ただ、バランス調整の甘さが目立ち、探索がルーチンワーク化してしまいました。
シナリオのクオリティ・ボリュームともに低く、淡々と冒険をこなしている印象を強化していたかなと。
グラフィック、敵、BGMと、リソースの流用も目立ち、新作というよりアップデート版になっていたのも残念なポイントでした。



くわしくレビュー!

探索できる迷宮の数は多いが、バランス調整の甘さが目立つ

ゲームクリアまでは26時間ぐらい、第9迷宮まで登場します。
クリア後は、第10・11迷宮と99フロアのダンジョン、レベルリセット/持ち込み不可ダンジョン、隠しボスが待ち構えるダンジョンなど、多数の迷宮が追加されます。
そのため、ゲームクリア後のやりこみ要素は豊富で、クリアしてからが本番といったボリューム感でした。

さて、挑戦できるダンジョンはたくさん用意されているため、やりごたえはとてもありました。
ただ、ゲームバランスの悪さが目立ちました。
特に気になったのは、メインクラスとサブクラスの設定次第で、バトル戦術が固定されてしまうことです。
具体的な例としては、部屋全体攻撃スキル+麻痺付与での瞬殺や、多段ヒット攻撃+即死付与で確実に仕留めるといった戦い方の確実性が高く、中盤以降はこの繰り返しで探索を進めてしまいました。
敵モンスターは迷宮や階層を経るにつれてたしかに強くなっていくのですが、上記のような状態だったので、歯ごたえがあるというよりルーチンワーク的に倒してしまったかなと。
そのため、せっかく強いキャラクターを作っても淡々と階層を進んでいくだけの冒険になってしまい、もったいないバランス調整だったとおもいます。


味方AIはやや賢くなったものの、上手にスキルは使ってもらえず……

ダンジョン攻略は、アイテムがたくさん手に入るお宝フロアや結晶体スポット、敵が多いドクロフロアなどの導入により、多少メリハリを出せていたかなとおもいます。
ただ、敵のバリエーションも少なく、どの階層でもおなじ敵が出てくるのはマンネリ化を助長していました。
『世界樹の迷宮』シリーズに登場した強敵「D.O.E」に対しても、フィールドのギミックを使用して逃げるといった要素もないため、ひたすら探索の繰り返す単調な冒険になってしまいました。

味方のAIは少し賢くなり、遊びやすくなったとおもいます。
ただ、強敵に効果的な状態異常スキルをまったく使わない、遠隔攻撃スキルを覚えても敵に突撃するなど、サブクラスを使って覚えせさせた多彩なスキルを有効活用できていない感じはありました。


リソース流用はいかんぜよ!サブクラス追加でキャラメイクは楽しい!

シリーズの新作なのですが、職業グラフィックや敵キャラクター、BGMなどリソースの使い回しがとても多く、続編というより1作目に新たなダンジョンが追加されたような感覚でした。
拠点でプレイヤーをサポートしてくれる大事なサブキャラクターたちも、まさかの色ちがいで双子という設定のキャラクターがおり、手抜き感は否めません。
さらに、登場する冒険者NPCはプレイヤーキャラクターのイラストを流用しており、重要なNPCとパーティキャラクターが被ってしまうと悲しい気持ちになりますね。
会話内容の変化も少なく、『世界樹の迷宮』シリーズらしい言い回しや世界観を深めるようなテキストもなく、キャラクター同士の掛け合いも浮いている感じで、シナリオには不満を感じました。

一方、新しい職業とサブクラスが追加され、パーティメイクはとても楽しくなりました。
メインクラスの弱点を保管したり、回復とサポートを兼任させたりと、多彩なキャラクターメイキングができるとおもいます。


まとめ!

キャラクターメイキング要素が強化されたことで育成は楽しくなった一方、ゲームバランスの調整やシナリオに物足りなさがあった本作。
前作からのリソースの使い回しも多く、新作というよりアップデート版になっていたのも残念なポイントでした。
このシリーズが気になった方は、前作のほうが楽しくプレイできるかなとおもいますので、そちらをおすすめします!


The following two tabs change content below.
ゲーム歴は2X年のゲーム好きです。 ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net