レビュー

ヘッドライナー:ノヴィニュース [Switch] 評価・レビュー

公式サイト

さくっとレビュー


編集長であるプレイヤーの独断と偏見によるニュース記事の取捨選択によって、世論を操作して国や人々の変化を楽しむ短編アドベンチャーゲームです。
「掲載する記事を選ぶ」というシンプルなアクションによって、思いも寄らない社会の暴走が楽しめ、報道の力と恐ろしさを感じられるのが魅力
ピクセルアートで描かれた近未来ディストピアは、陰鬱とした雰囲気もあり見所です。
操作性やパラメータの調整に気になる部分はあるものの、1プレイ1時間半でさくさくと周回できる作品でした。

ゲームレビュー

本作は、架空の国「ノヴィスタン」の新聞社「ノヴィニュース」を舞台に、編集長を務めるプレイヤーが報道するニュースを取捨選択することで、世論を操作して楽しむ短編アドベンチャーゲームです。
プレイヤーは、デスクに日々送られてくるニュース記事をチェックし、採用・非採用を選別。
何を選択したかによって、世間や周囲の人たちに変化をもたらし、14日後のノヴィスタンがどうなるかを楽しみます。
また、本作には明確なエンディングは存在しないので、繰り返しプレイしながらさまざま結末を迎えてみましょう。
なお、PS4版とSwitch版がリリースされていますが、本記事はSwtich版の感想になります。

些細な選択で世間が大きく変化。報道の暴走を楽しめる作品

ゲームプレイは、編集部に出社してどのニュース記事を載せるかの取捨選択を行い、結果が反映された街を通って家に帰るというシンプルな構成でした。
取り扱うニュースの話題は、政治・外交・医療・警察・ドラッグなど、どれも社会的に重要な話題ばかり。
そして世論は、各話題についてどんな立場(肯定・否定)の記事を載せるかにより変化します。
例としては、現政権に対して批判的な立場をとってみたり、怪しい合成飲料を布教してみたり、医療制度を廃止させてみたり……。
そうすると街に病人があふれかえったり、ボーナスが貰えたり、時にはボスが変わってしまうといった変化が発生します。
さらに、ニュースの選択だけでなく、キャラクターへの対応によっても展開が分岐し、恋人ができたり、まさかの出来事が起きてしまうことも……。

このような選択を14日間繰り返していきますが、世間の変化は後半になるにつれて加速度的に進行します。
そのため、最初は軽い気持ちで選択した決断が、報道の暴走により行き着くところにたどり着いてしまい、「こんなはずじゃなかったのに……!」とおもうことも多々ありw
すべて丸く収まることは当然なく、いろいろな結果がトレードオフになっているので、終わってみると考えさせられる内容でしたね。

なお、1プレイ1時間半ぐらいで終わります。
さくさくと次の周回にいける手軽さなので、ネガティブな選択を続けることへのデメリットもなく、「前回は正義の報道を重視したから、今度はありとあらゆる権力に屈してみよう!」といった軽いノリでプレイできるとおもいますよw

ピクセルアートで描かれた、退廃的なディストピアが心地よい

近未来ディストピアの世界観については、ピクセルアートで細かな部分まで丁寧に描かれており、特に街の変化は見応えがあり。
病人や警察のドローン、デモ隊があふれかえるカオスな展開はぜひ体感して欲しいですねw
ディストピア感を助長する、退廃的なBGMも適宜プレイヤーを陰鬱とした気分にさせてくれて最高でした。
あと、ロード中の文言が「世論を誘導中、反乱分子を収監中、事実を歪曲中」など、不穏な感じが全開となっており、本作のブラックユーモアを反映しているのも好きなポイントです。

このように外にいると気持ちが沈んでいく一方、自宅はとても穏やかな雰囲気でした。
近くの商店で家具を買っていくと徐々に部屋の設備も豪華になるので、まさに自分だけの城という趣きがあり。
さらに、展開次第ではかわいい犬やドローンがお迎えしてくれるため、心が癒やされるとともに、外で起こる劇的な変化に対する気持ちのリセット的な役割も担っていたように感じます。

もう少し親切にできたかもしれないゲームシステム

気になった点としては、一部のニュースで肯定・否定の立場がわかりづらかったこと
2周目以降は、各話題においてどんな立場をとっているかの棒グラフが表示されますが、選択による変化の度合いは視覚化されていません。
雰囲気で感じ取れはしましたが、自分の選択が肯定・否定のどちらに向いているのかが明確になっていれば、よりルートを意図して選択ができたのかなと。

また、Aボタンで左の記事、Bボタンで右の記事を承認するという操作に慣れず、度々失敗しました。
(一度、掲載の可否を決めてしまうと、やり直しができないんですよねw)
記事を選択後、Aボタンで決定に統一しても良かったと感じた部分です。

さいご

ニュース記事の取捨選択だけという単純なアクションながら、14日という短いサイクルで世間が大きく変化する激動を楽しめる作品でした。
報道の持つ力やそれに伴う暴走のおもしろさと、退廃的な近未来ディストピアという世界観を手軽に味わえるアドベンチャーゲームなので、テーマや雰囲気にピンときたらおすすめです。

ABOUT ME
アバター
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net