インディゲーム

コーヒートーク [Switch] 評価・レビュー


『コーヒートーク』ってどんなゲーム?

・夜にだけ営業するおしゃれな喫茶店のバリスタとなり、人生を変える飲み物を提供するアドベンチャーゲーム。
・出した飲み物で結末が変化。ヒントが少ないからちょっと難しい!
・来店客との会話で物語が進み、抱えている問題は恋愛や家族など普遍的なテーマなのでわかりやすい!
・とにかく雰囲気が抜群におしゃれ!音楽やコーヒーを淹れる音が心地よく、穏やかな気持ちでプレイできる。

公式サイト

ゲームレビュー

本作は、夜にだけ営業している喫茶店のバリスタになり、訪れるお客さんに飲み物を提供して会話に耳を傾けるアドベンチャーゲームです。
舞台は2020年のアメリカ・シアトルですが、人間以外にサキュバスやエルフなど多様な種族が共存している少しファンタジーな世界。
プレイヤーは来店したお客さんが抱える問題を会話を通じて理解し、解決につながる飲み物を提供して結末を変えていきます。
なお、PS4/Switch/Xbox版がリリースされています。

全体的に穏やかで大人っぽい雰囲気の作品で、近未来のサイバーパンクな世界でバーテンダーになる『VA-11 Hall-A』にプレイ感は近く、よりライトに遊べるのが本作という印象でした。
なお、同作のプレイレポはこちらです。

VA-11 HALL-A [Vita] 評価・レビュー 『VA-11 HALL-A』ってどんなゲーム? ・カクテルを作りと会話を楽しみながら、ギークなサイバーパンク世界にどっ...

人生を変える1杯を提供する、おしゃれで大人な雰囲気を味わうアドベンチャー

本作はお店を訪れる人々の会話を楽しみながら、彼らの人生を変えるキッカケとなる飲み物を提供していくアドベンチャーゲームです。
来店客たちはエルフ・吸血鬼・オークなどファンタジー世界に登場する種族が多く、彼らは警察官・ライター・ゲーム開発者といった職業に就き、さまざまな問題を抱えています。
あるカップルは異種族間にある偏見を理由に交際を反対されていたり、親子関係がぎくしゃくしていたり、仕事で悩みを抱えてたり。
見た目は個性的ですが、直面している問題はプレイヤーが共感できるテーマなので、内容はとてもわかりやすかったです。
問題解決までの道筋はやや単調で、劇的な展開は起こりません。
でも、自分の1杯によって彼らの人生が明るいものになっていくのは温かい気持ちになれました。

問題の当事者同士の会話はもちろん、別の居合わせたお客さんとの対話によって、アドバイスがもらえたりちょっと前向きになったりしている様子を見るのもおもしろかったです。
私はお店に入って初対面の人と話ができるタイプではありませんが、一期一会の関係だからこそ深刻な話ができるというのは、それだけで大人っぽいおしゃれな感じがしました。
また、お店に何度も足を運んでもらい親しくなると、彼らのSNSのプロフィールなどが見られるようになり、どんな人物か深く知れるのもちょっぴりうれしい要素です。

そして、自分の悩みを軽く話せる場として、プレイヤーの経営する喫茶店は抜群に素敵な空間でした。
美しいピクセルアートで描かれるお店のインテリアはシックで、落ち着いたおしゃれなBGMは静かな大人っぽいカフェの雰囲気を演出しており、コーヒーを淹れる時の音、スパイスを刻む音、店外で降る雨の音といったサウンドも気持ちよく、ぼーっとしているだけでも心地良さに包まれます。
心が落ち着ける場所だからこそ話が弾む……多くの人がイメージする憧れの喫茶店でのひとときを味わえる作品でした。

ヒントが少なく難しさはあるけれど、音まで楽しい飲み物作り

プレイヤーはお客さん同士の会話を聴くのがメインですが、飲み物を提供することでその内容や結末が変化します。
求めているものを正しく提供できれば問題は解決に向かって進み、できなければ暗礁に乗り上げたままという感じ。
そのため、どんな飲み物を出すかは重要なルート分岐点なのですが、残念ながら明確なヒントが提示されません。
会話の内容から何を求めているか察したり、時には希望しているものと違うものを出す必要もあるため、ちょっと難しくなっていたかなと。
「これが答えだよ!」と伝えるとゲーム的になりすぎてしまう感じはありますが、もう少し手がかりがあったほうが正解を導きやすい気がしました。

飲み物は「ベース・メイン材料・サブ材料」の順番に選んでいきます。
組み合わせはシンプルで種類も多くありませんが、入れる順番によっても出来上がる飲み物が変わってしまうため、カクテルを提供する『VA-11 Hall-A』よりも作るのは苦戦した印象があります。
ただ、前述のとおり飲み物を作るアクション自体はとても楽しかったので、プレイ中にストレスを感じることはありませんでした。

あ、でもラテアートは意味不明なぐらい難しかったですw
スプーンを使ったエッチングとミルクを注ぐアクションでデザインをするのですが、リアルな作り方を再現しすぎているのか素人が何かを描くにはハードルがあまりに高かったかなとw

また、本作はストーリーモード以外に、自由にドリンクを作れるフリーサーブ、制限時間内にドリンクを提供するチャレンジモードがあります。
お客さんたちとの会話はもちろん楽しいのですが、おしゃれなお店で飲み物を提供するロールプレイ自体もかっこいい!
そのため、あまりやりこみ要素に手を出さない私も、次々にオーダーをこなすクールなバリスタ気分に満たされちゃいましたw

まとめ

穏やかな大人っぽい雰囲気の喫茶店で、人生を変えるキッカケとなる1杯を提供して物語を楽しむアドベンチャーゲームでした。
選択肢による明確なルート分岐はないので、どんな飲み物を出せば良いのか少し悩む部分はあり。
しかし、気持ちの良い空間や会話ベースで静かに進行していく物語はとてもおもしろく、ちょっとした非日常を味わえる楽しい作品でした。
あと音楽がめちゃくちゃ良かったので、作業用BGMにもとてもおすすめです!

created by Rinker
コーラス・ワールドワイド
¥1,422
(2021/09/28 07:32:23時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,800
(2021/09/29 05:16:59時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
たこ
積みゲーマーです! ジャンルはRPG・アドベンチャー・乙女ゲーが好きですが、とりあえず気になったものは全部やる!! 読みやすくて前向きなレビューになるように心がけています! 連絡先▷info@tsumige.net